東北関東大震災

0
      久しぶりの更新です。日本が大変なことになっています、言葉を失うというのはこのような時のことでしょうか、テレビ画面に映し出される状況は目を疑うばかりです。同じ日本人でありながら、未曾有のこの災害に遭われた人々に心からお見舞いを申し上げます。

     自然のもたらす災害は恐ろしいばかりです、人々を一瞬のうちに生みこんでしまう津波の恐ろしさ、家屋を次々と破壊して行くその巨大な力に、成すすべもありません。100年に一回とも千年に一回とも言われる今回の巨大地震、その基となる地殻変動は、時として我々人間には理解を越えた規模で襲ってくるのです。

     先日NHKで遥か彼方の地球の未来像について、放映された2億5千万年後の姿がシュミレーションされました。地球が大きな一つの大陸となり、気候の変動も劇的変わっていて、人間も勿論生命の存在すら危うい大陸と化してしまうという、恐ろしい状況が科学的なデーターを駆使して紹介されました。

     最近の震災でもスマトラ沖とか、つい先日のニュージーランドとか世界的にも大きな地震が起こっています。長期的にみるとやはりこのような災害は避けられないように思えます。地球温暖化が叫ばれる今日、時として今回の様な自然災害にも見舞われる地球環境、やはり自然とはまだまだ未知の世界なのだと思います。

     

    冬型再来

    0
        昨日今日と、朝晩冷え込んで寒い季節が舞い戻ってきました。お陰さまで2日続いた仕事にも気合が入ります。昨日はお雛さまで、我が家には女の子がいませんが、山の神が精魂こめて、散らし寿司を作っていただき感謝感激です。



                                 我が町の朝焼け

       この寒波も2・3日で、土日はまた温かくなるようです。一向に改善しない肩の状態をよそに、明日は秩父線の皆野駅から、破風山(はっぷさん)に行く予定です。
       

      岩盤浴「きらく」

      0
          爽やかなそよ風に乗って、スギの花粉が本格的に飛んできて、目の痒みとクシャミの連続で悩ましい。まだまだ「春浅し」けれど、本当の春がすぐそこに来ているような温かい1日でした。



         山の神に誘われて、最近足しげく通っている岩盤浴に行ってみる事に。すぐ隣のM台駅にある二股温泉を兼ねている「きらく」という施設です。駅から歩いて2・3分の所にあって、開館時間の10分ほど前に到着です。

         お洒落な建物で、会員証のカードの手数料が200円かかり、入浴料が1200円程です。受付を済ませ2Fでまずお風呂に入って、体を洗い流し、さっぱりしたところで3Fの岩盤浴施設に。いろんな効用の岩盤房があり、いかにも健康に良さそうです。

         最初に55度に設定されている貴蛇紋石房に入ります、いきなりサウナのような熱さを感じますが、「最初熱く感じるのは、慣れてないからよ!」の余裕の山の神のお言葉。タオルを敷いてまずはうつ伏せで5分、仰向けで5分、それを2・3回繰り返して、一旦インターバルを置いて再度入浴するのが、入り方の様です

         ものの10分もしないうちに大粒の汗が湧いて出て、結構良い気持ちです。とくに右肩を岩盤に接するような姿勢を保ちながら、20分くらい温めます。お客が入ってくるたびに涼しい風が通り、これまた気持ちがよい。一旦房から出て、今度は19度の水晶房に入り、リラックスします。

         次に岩塩房(50度)に入る。ヒマラヤの岩塩で「マイナスイオン・ミネラル等が放出しており、全身で吸収する事で体内の細胞が活性化し・・・・・」とあり、その効果に期待を持たせます。「溺れる者わらをもつかむ!」。そのほかに「ゲルマニウム房」がありますが、女性専用で入れません。

         ここにはそのほかに、マッサージルームや、サウナ、フィットネス室、また広いラウンジもあり食事もできます。一風呂浴びて、昼間からお酒を飲んでいる女性パーティーがおりました。久しぶりの温泉と岩盤浴でまったりして12時過ぎに出て、一駅散歩で帰ります。

         すっかりリフレッシュした体で、明日は比企三山の大霧山に登ってきます。



             帰り道、深谷ネギの天麩羅が美味しいお蕎麦屋さんで昼食

        パンプ水曜部活欠席

        0

           水曜木曜と仕事だったのとアドバンススクールが休止と言う事もあって、水曜日のクライミング部活は休みました。と言うか、実際には肩が回復していないので、登れるわけではありませんが、今週来週と2回スクールが休止なので、お休みといたしました。

           で、肩の調子が良くなるまで最近はハイキングに勤しんでいますが、まぁ、毎日山に登るわけにもいきませんが、少しずつ山に登るモチベーションが湧いてきて、色々と先々の山行のプランを練っているところです。先週まで2回ほど3時間くらいのコースを歩きましたので、歩くことに慣れたので、もう少し長めのところを登ろうかと考えております。

           思えばその昔、山の会に所属していた最初のころは、高い所の縦走等もしていたので、それなりのノウハウはあるつもりですが、10数年本格的な山登りをしていない体には、それこそ無理をしないでしっかりした計画の下で、山登りを再開したいと思います。
            



           明日は、奥武蔵の大高山・天覚山に吾野から登りに行くつもりです。探していたコンパスも出てきたし、準備万端です。


          雪景色

          0
              昨夜からの降雪で雪が積もっています。あたり一面の雪景色、今シーズン初めての積雪。本当に季節感の無い首都圏にも、冬らしい風景がのぞいています。



             流石に外に出る口実もなく、借りてきたDVDで1日を過ごす。「フリーダム・ライターズ」はヒラリー・スワンクスの熱血教師の物語。人種差別の激しい学校で、全く授業にならなかった高校の学級を立て直していく女性教師を、H・スワンクスが見事に演じています。

             2本目の「理由(わけ)」は、ボンドシリーズの、ショーン・コナりーが死刑廃止論者の元弁護士で大学の教授役で奮闘する。無実で投獄された黒人を救うために奔走し、様々な証拠を見つけて見事に無罪を勝ち取るが、実は罠が仕掛けられていて・・・・・・・・。サスペンスものの醍醐味のどんでん返しが待っている。

             サスペンスものが得意な分野の方には、多分ドラマの結末がある程度判ると思いますが、判っていてもハラハラドキドキ、サスペンスは面白いですな〜。

            雪の祝日

            0
                天気予報どうり朝からしんしんと雪が舞っています。本格的に降るのはこれが初めてではないでしょうか。故郷北海道では珍しくもない雪景色ですが、都会の雪は余り絵にはならない。


                     
               とても外出する気分にはなれず、借りてきたDVDを見たり、本を読んだりの静かな祝日を過ごします。DVDはジョニ・デのニック・オブ・タイム。暗殺者組織に娘とともに拉致され、娘を人質にされて知事を暗殺する事を命じられ、格闘するサスペンスものです。

               最近藤沢周平の文庫本を引っ張り出して、読み始め何度読んでも味わいのある小説に感心しながら、やはり歴史小説の大家池波正太郎の忍者物を買ってきて読みだしています。ストーリの基盤が違いますから当然面白さも違います。

               夕方もう1本DVDを見て、ミニマム級のボクシングの世界戦を見ましたが、挑戦者の井岡が試合の主導権を握り勝ちました。先日のダブル世界戦の壮絶な戦いを見ると、ボディーブロー一発で倒されてしまうチャンピオンってどうなのかな〜と思ってしまいました。世界戦で腹を打たれてKOされた記憶はほとんどありません。よっぽど相手をなめていたのか、勝った井岡の素質は素晴らしいが何だかあっけない試合でした。



               で、途中から「沈まぬ太陽」をテレビで観賞する。最近日航が経営困難に陥っている事と、この映画の事がダブって見えるようで、中々見ごたえのある映画でした。その会社が持っている本質的なものがこの映画を通して見えてきます。企業としての社会的な役割とか責任とかを考えさせられました。勿論1人の人間としての生き方にも大いなる興味を抱かせる映画でもありました。
               

              M整形外科でリハビリ3回目

              0
                  クライミングを休止して3週間、予約していたM整形外科のリハビリです。中々状態が良くならず最近は歯磨きや、パソコンのマウスを動かしても痛むようになってきました。何故か、肩を休めてからの方が悪くなっていると言う皮肉な状況です。

                 で、担当の理学療法士に見通しを聞くと、回復には2・3ヶ月は必要で、場合によっては1年以上かかるとのことです、しかも痛みがあるうちは肩に負荷の掛かる運動は控えた方が良いと言われ、再開しようとしていたリハビリクライミングも、先延ばしになりそうです。

                 クライミングの出来ない日々は、どうにも身の置き方に困り、映画を見たり本を読んだりしておりますが、なんだか気持ちがシャキッとしないのが不満です。1週間のサイクルが全てクライミングを中心に動いていたので、戸惑いを隠せません。

                 まぁ、劇的に良くなるような方法もないので、どこかで踏ん切りをつけて、毎日のリハビリをしっかりこなして待つ事しか今は方法がないようです。もともと外に出る事が好きなので、そろそろハイキングでも始めようか考えているこの頃です。

                M整形外科リハビリ2回目

                0
                    クライミングを休止して2週間目になる。本日はM整形外科で2回目のリハビリです。基本は歪んだ肩関節の矯正のためのエクササイズです。わき腹から肩にかけて繋がっている筋肉を解します。肋骨のすぐ下のわき腹を抑え、仰向けに寝て膝をたてて左側に両足をゆっくり倒す事で、肩まで繋がっている筋を伸ばすのですが、あまり意味は判りません。

                   私の場合は、上腕骨と肩甲骨を包んでいる関節胞が、所謂巻きこみ肩の為に潰れている?らしくその圧縮されている関節胞を伸ばしてやる事が大事なようです。長年クライミングで、アウターマッスルとインナーマッスルとのバランスを崩し、知らないうちに巻き肩になってしまったようです。

                   このようにアンバランスな肩関節の状態のまま、片手でホールドを掴むようなムーブを繰り返したために、縮んでしまった関節胞が損傷したと言うのが、どうやら今回の故障の原因の様です。一時的に痛みを抑えるのにはステロイドとかの注射を打つ方法もあるが、それは根本的な治療にはならないらしい。

                   気長にリハビリを続け、負荷の掛からない程度のトレーニングで矯正するしかないようです。暫くはクライミングも休止し、リハビリに励むつもりです。

                  M整形外科に行く

                  0
                      目白にあるM整形外科に行ってきました。駅から歩いて3分ほどでビルの3Fにあります。通勤途中にもあり通うのには便利です。早速レントゲンを取って診察が始まりました。症状はいたってシンプル50肩だ!と言われました。

                     加齢とともに肩関節が固くなり、痛みが生じてくるという診断で、数年前にも痛めて散々整形外科を訪ね歩いて下された診断と同じです。先日近くのスポーツマッサージに行った時も、やはり関節の周りの筋が固くなっていて、この周辺を改善するエクササイズを施されましたが、どうやらよほど歪な筋肉の付き方をしているのでしょう。

                     早速理学療法士の方から、体を状況を検証されて歪みの部分を指摘され、矯正のための処方を施され、家でも出来る肩関節矯正のエクササイズを教えていただきました。要するに内向している肩の関節を外側に開くような方法です。

                     取り合えず通ってみて変化の兆しを期待して続けてみようと思います。

                    年の初めに

                    0
                       

                                    フランス  オリピエールの日の出

                       新しい年がやってきました。年を重ねるごとに1年の過ぎ行くスピードが、徐々に増してゆくように感じているこの頃です。したがって、自分の限界に挑戦出来る体力を如何に持続できるのか、微妙な年齢に差し掛かって来ていると言う事でしょうか?

                       「大体○才くらいまでが、グレードを追い求めて行ける年齢だよね〜」と言う巷の戯言にも、一応は無視してひたすらトレーニングに明け暮れて頑張ったここ数年間、昨年の後半には一番避けなくてはならない故障を発生。やはり人工壁での限界の挑戦の代償は少なくありませんでした。

                       今年は、その肩の故障とどう折り合いをつけながら登るかが、とても大きな要素になるような気がいたします。残された時間が多くもないこれからのクライミング人生、貴重な1年1年を如何に効率的に合理的に密度を上げながら取り組むには、緻密な「作戦・戦略」が必要なような気がします。

                       この間の状況を考えますと、肩の故障は一筋縄では改善されないように思います。易しいルートを登る分には良いけれど、ハードなムーブが要求されるパートでは耐えられない痛みが生じます。外科的な思い切った方法も考えられますが、残された時間を考えると気が重くなります。

                       まぁ、クライミングで故障を持っていないクライマーを探すのが大変なくらい、体によくないスポーツと割り切って、その痛みと語りながら取り組んで行くのも1つの方法かもしれませんが・・・・・・。

                       で、今年の抱負とかを言いますと、一杯ありすぎて何処から手を付けて良いのか判りませんが、取りあえず肩の調子が改善されるとして、外岩では昨年からの持ち越しの北川「ルンルンひろし」のRP、初めての12・Bの金毘羅「モンスターパニック」とかにも挑戦してみたいですね〜。

                       条件さえ整えばまた今年も海外の岩場にも行ってみたいのですが、これは結構ハードルが高いように思います。暇もまぁ、あるのですが、私の場合、このスポーツの価値を理解する事の無いお方のご機嫌だけが・・・・・・。そこんところが1番の問題かもしれない?

                       1年の計にしては何だか後ろ向きな感じですが、本年もモチベーションだけは維持して、岩場に、ジムの壁にチャレンジしていきたいと考えております。

                       皆さん本年も、よろしくお願いいたします。


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM