スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    P1茶テープの集中トレ

    0
        あ〜、私が愛用していたB・ダイヤモンドのチョークバックが行方不明になった。それもレーザーポインター付き。日曜日のP1ジムトレで忘れてしまったが、忘れ物帳にも該当せず、いまだ出てこないところを見ると、もう諦めるしかないようだ。


          P1通りの八重桜が満開

       今日は木曜講習会だったが、Y内さんが肩の調子が悪いとのことで欠席。午後の部のI村さんがきて一緒に登る。ゆっくりストレッチしてアップ。I村さん「ウェーブ」の茶口に難儀している、ムーブを確認したいと言う事で3便目に茶口を登るが、なんとも捉えどころのないホールドで厭らしい。

       で、今日はこの苦手なホールドで構成されている茶テープのルートを集中して登る事にした。丸みを帯びたホールドは利かしが大事なようだ。「そら」の10・B、「ダイヤモンド」10・A、「ほこら」の10・A
      「富士山」の10・C、「戦艦」の10・D、を登ったがまだしっくりこない。


          Tomさんの葛餅が美味しかった

       今日もテーブルの上には美味しいものが並んでいる。お出かけの際のお土産にと持参してくれたものですが、美味しいものには目が無いのでついつい手が出てしまう。体重が増え続けるのもここに原因があるのかもしれない。もうやめよう!と思ってももう一つ口に入ってしまい止められない。

       茶テープ集中トレの合間にO田さん記念ルート黄緑口11・Cを2便トライした。相変わらず難しく、核心のクロスムーブが出来なかった。しかもクロスを返した後のクリップが悪く、その後の連続するストレニュアスなムーブを繋ぐ事は不可能に思える。しかし、持ち主O田さん、今日初めてクロスが止まり、おまけにクリップも出来て、大きく前進した。登れそうで登れない、セッター伸介さんの傑作です。


         スタッフの競演、ルートに磨きをかけるマイクとヌンチャク整備の丸ちゃん

       夕方にスーさんが来て一緒に登る。短時間で10便近く登り流石のスーさんも「ウェーブ」のルートは1日では終わらなかった。11台の2本は次回の楽しみです。最後に持久力トレーニングで「戦艦」の緑バー11・Aから「奥壁」の白口10・Cまで3便続けて登って終了です。
       

      P1黄色×も黄緑口も難しい

      0
          火曜日定例講習会。今日はT川さんだけの参加、マンツーマンで中身の濃い講習が出来そうだ。夜が山の会の役員会で、自転車通勤が出来ず電車で川口まで。コンビニで昼食用のおにぎりを買ってP1に向かう。荒川大橋バス停で、I井さんに追いついて一緒にお話ししながらジムに到着。


          本日の人気ルート「そら」太ピンクバー10・A

         火曜日の常連さん達、授業が早めに終わったキッズ達もやってきて、平日にしては結構な賑わい。T川さんも到着して講習の始まりです。まずは「スラブ」の黄色バー紺バーでアップ開始。週1でも通い続ければ上手くなる。Tomさんから「綺麗に登れるようになったね〜」とお誉めの言葉。

         教える側から見てもT川さんのクライミングは確かに美しい!こればかりは個人的に備わったもので誰にも真似は出来ない。なんというか身のこなしが柔らかく且つしなやかと言ったところか。まだまだ難しいグレードは登れないけれど、この個性は尊重したい。

         「スラブ」の緑口5・8、「そら」の緑バー黄色口、を登って「富士山」の黄色バー10・Aにチャレンジしてもらったがなんとトップロープではあったが1撃。前に登れなかった黄色バー5・9が嘘のように、ムーブが決まった。10・Aとグレードアップしたにもかかわらずだ。

         終盤の取り付いた「富士山」紺バー5・9、「スラブ」の黄色⇒10・Aも今日は登れなかったが、次回はきっと登れるでしょう。いやはや上達が早い。これからもT川さんの長所を充分に生かした内容で講習していきたいものです。

         私は、本日「富士山」の2つの課題に挑戦した。黄色×11・BとO田さん記念ルート黄緑口11・C黄色バーは出だしが悪く終盤のハルボテからの1手が核心、今日もその核心がテンションしても出来なかった。この1ムーブだけだと黄緑口の核心より難しいかも。RPは何時の事やら。


              黄緑口11・C、次のカチが保持しにくい

         で、黄緑口は小核心の中盤のクロスムーブまでノーテンで行けたが、クリップが出来ない。このルートクリップ核心でもある。ハリボテスローパーのデットはそれほど難しくはないが、その後の4・5手が厳しく、最後に激悪なカチが待っていて、ここで撚れ落ちします。

         いずれにしても、このP1最強11の2ルート、難しいがやりがいのあるルートでもある。頑張るぞ〜。

        日曜日P1ジムトレ

        0
           今日は朝から風が強く、ロードバイクでP1に行くのに難儀した。昨日の雨風の余韻を残した荒川の自転車道、時折横風に吹かれてハンドルが取られる。まるで酒酔い運転の様だ。お陰で何時ものコースタイムより30分増しで1時半頃P1に到着。日曜P1、クライマーで溢れんばかりだ。


                      満開の新荒川大橋近くの芝桜

           ゆっくりストレッチして、K端さんグループのお仲間に入れてもらいアップ開始。「ウェーブ」の黄色口5・8から始め「戦艦」の緑バー11・Aまで6便登る。後半はM永さんにビレイしてもらい、本日の課題を「ウェーブ」のピンクコルネ11バージョンに定める。少しでも二子仕様に体を馴染ませておきたい。

           それにしても日曜のP1は体験クライミングや、お久しぶりのクラーマーも登場して賑やかだ。N社長も来店して声を掛けられた。どういうルートで伝わったか、私の自転車事故の事まで知れ渡っていて、ネット社会の情報網の速さに驚いてしまった。う〜ん、悪い事は出来ないね。


              大盛況の日曜P1ルートエリア

           ピンクコルネ11バージョン1便目、ハング越えのガバからイメージしていた動きが全く出来ず4ピン目のクリップが出来ない。チョンボして4ピン目以降続けたが、殆ど正対ピンチホールド鷲掴み状態でもろに上腕に負担が掛かる。結局トップアウトも出来ずに敗退。いや〜ムズ過ぎるルートだ。

           暫し休憩して2便目にトライ。M橋さんのRPを参考に、少しだけ左右に振る事を意識して4ピン目以降、全く別便の様に体が反応して2回目のRP。う〜ん、何とも不思議なルート、特に決まった手順ががある訳でもなく、しかも足捌きも同じスタンスに立っている訳でもない。「ノース」には最適のトレーニングルートだ。

           一区切りついたところで、「ウェーブ」の紫⇒11・Cにチャレンジしてみたが、こちらはカチが連続するルート、すでに上腕が終わっていてカチ持ちが出来ない。4ピン目以降は各駅となり、終盤のムーブが繋がらずトップアウト出来ず敗退です。

           最近食い散らかしの多いP1のルート。少しづつトライして片付けよう。7時半頃終了、帰りも風にあおられ帰宅が9時近くになってしまった。

          パン1火トレ、11・AをRP

          0
             春雨でしとしと降り続く、定例の火曜日のジムトレ兼講習会、本日パン1で開催です。川口駅からの徒歩20分はすっかりぬれ鼠、G-パンが濡れて気持ち悪い。それでも今日は、N木さん、O村さん、S田さんの常連さんを始め、多くのクライマーで賑わっている。

             本日の講習会、H竜さんは腰痛で欠席、かなり酷いらしい。2時頃にY内さんがやってきて今日もマンツーマン。徹底的に振りムーブの特訓の予定。遅い昼食を取ろうと休憩室に行くと、テーブルの上には豪勢なお料理が並んでいる。I井さん手作りの筍ごはんやら、その他いっぱい。


                 筍ごはん、筍肉巻き、土筆の佃煮、きんぴら牛蒡、美味しかった

             昼食用にコンビニで買ってきたおにぎりをザックにしまって、即席みそ汁にお湯を入れて筍ご飯を戴いた。本人曰く「チョット濃い味付け」と言うけれど、旬の筍にこれまた自家栽培の山椒がピリリと効いていて、本当に美味しい。土筆の佃煮、筍の肉巻き、ブロッコリーのサラダも美味しく戴いた。

             お腹が満たされて、テンション下がり気味だが、さぁ〜、講習会の始まり。取りあえずスラブの易し目からアップしてもらい、「そら」の緑バー5・7黄色口5・8を振りを意識してお浚いを。アウトサイドエッジの形を作ってから、次のホールドを取りに行くムーブの実践。

             まだ、真逆の体勢になる事もあって、しっくりこないところもありますが、徐々に感じは掴めているようです、繰り返し繰り返し地道なトレーニング。クライミングはこの振りと正対の組み合わせ、それを如何にルートに当てはめて選択できるか?こればかりは身体能力の違いによって変わってくるので、一概に決めつける事が出来ません。


                「富士山」紺口11・AをRPしたO田さん

             土曜日に嵌った「富士山」の11台2ルート、今日こそはRPしたいとアップがてら登った右端の茶口10・Cに嵌った。なんでだろう?最近この辺りのグレードで嵌る事多し。O田さんが先に白⇒をあっさりRPしてしまいプレッシャー。それならばと私は紺口を先にトライ。気合も入って手順もばっちり、最後のスモールピンチで左足上げて終了点。

             結局、お互いに課題の11・Aを2ルートRPして引き分けと言ったところか。さて「富士山」に残されたルートは後2つ、いずれも難しい11台。本日は気分良く終了して、山の会の例会に直行だ。7時に例会の見学に来るU田さんと大宮駅で待ち合わせ。

             今日の例会は聴覚障害者のために、スマホとパソコンを使って、話した言葉を文字にするライブ中継もあって、マイク掛かりを担当し、発言者にマイクを向ける事で動き周り大変だった。しかし、科学技術の進歩に驚きを隠せない。


                  凄い技術です、(ただし携帯を使うので回線料が高くなるのが難点だとか)

             遠隔操作で言葉を聞き取り、パソコンで文字を瞬時に入力する素早さと、その正確さにに2度びっくり、このシスティムが一般化され普及すると、聴覚障害者の就労の機会ももっと増えてくるとスタッフの方が言っていました。感心すると同時に、我々も後押ししていきたいと思いました。

            北川撤退P1ジムトレ

            0
                Mさんと北川の岩場「ルンルンひろし」に御挨拶の予定だったが、生憎の朝からの霧雨で急遽中止となった。かなり気合も入っていたが雨には勝てず、条件が悪そうなので、メールで確認して中止と相成った。Mさんも私もフルタイムクライマー、平日切符を切る手もあるので、無理はしない事に。

               一反自宅に戻りリラックスして12時過ぎに再起動。P1のジムトレに向かう。道路が湿っていて夕方の雨も予想されるのでロードバイクはやめて、電車で通勤。久し振りに武蔵野線に乗った。

               川口駅の構内でカレー蕎麦を食べて、1時半頃P1に到着。O田さん、N木さん、N口夫妻、H川さんやBunさん等多士済々のメンバーが集っています。今日こそはとしっかりアップしたまでは良かったが、サロンも兼ねているルートエリアで、すっかり世間話に興じてしまった。

               同じ境遇の年金生活者同士、いろいろ身近な生活やらスマホの事、話し始めると留まる事を知らない世間話。何時までも尻込みしていても始まらない、「富士山」の紺バー11・Aにトライする事に。下部はそれほどでもなかったが、終了点前のミニピンチホールドでスタミナ切れでOSならず。


                   このクロスムーブが悪い

               続いて白⇒11・Aにもトライしたがこちらも同じように終了点まで後2手の所でダウン。トレーニングは嘘つかない、ムーブが出来ない訳じゃ〜ない、要するに持久力だけの問題だ。さらにO田さん記念ルート黄緑⇒11・Cに参戦したが、初手で滑り落ちしてここでも最低到達点の記録を更新した。と言うかスタート出来ないのだから到達点も糞もないか。

               この黄緑⇒はアラカンさん等の話を総合すると、これまでのPUMPのルートの中でも最高難度の11・Cの一つらしい、最近絶好調の実力者N木さんですらOSを拒み、なかなかRPも許さないルートだったが、本日、核心のスローパーをバシッと止めて、その勢いでRPを決めてくれました。流石です。


                  本日見事にRPしたN木さんの登り

               最後に、木曜日の講習会の為に「そら」の10・Cを2便登ってクールダウンしたが、上腕がよれていたのでどちらが難しいのかも判らなかった。本日はたっぷり力を入れてトレーニングしようと思ったが、何のことはないゆっくりまったりしながらのジムトレだった。

               
               
               

              木曜P1講習会

              0
                  天気に恵まれ絶好のロードバイク日和、当然荒川の自転車道を快適にひた走る。新荒川大橋前の芝桜が綺麗だ。 昨日の二子、一昨日のP1ジムトレも入れると3連ちゃんのクライミング、いささかお疲れ気味の本日の講習会。参加者予定はI村さん、Y内さんの2人。


                            荒川土手の満開のソメイヨシノと芝桜

                 今週は土曜日も外岩の予定が入っているので、ハードスケジュール。今日は調整くらいのつもりでで登る事にした。ジムに着くなり半年ぶりのP1だと言うTさんと再会。同じ地域にお住まいで、たまに「ライムストーン」で一緒になる事もあって、思わずハイタッチ。

                 すでにI村さんが先着、新しくなった「富士山」のルートを登っている。それも黄色バー10・Aを1撃したらしく、いい笑顔で御挨拶。今回の「富士山」のルートは10・B位までは癖が無く登りやすいようですが、10・Cの壁の両脇の茶口・×は登りにくい。


                     スラブのピンク⇒10・Cを登るI村さん

                 Tさんのビレイでアップ開始、何時もの「ウェーブ」黄色バー5・8紺バー5・9を登る。調整のトレーニングは易し目を多めに登るのが原則だ。次に「ダイヤモンド」黄色口10・Aと「ほこら」の黒⇒10・Cを登ってアップ終了。

                 遅れてY内さんが登場、先週上手く行った体重移動と足で乗り込むムーブを確認。1度覚えたスキルは忘れないようです。2便アップして、スラブのオレンジ口10・Bを登る。スラブの登りは足捌きにいいトレーニングで、上手く立ち込んで登れるようです。

                 久し振りのTさんはルートの感触を楽しむように、常連さん達の勧めるルートを難なくOSを決めていきます。火曜日に私が嵌った「ダイヤモンド」のピンクバー10・Dも軽くOS、その華麗な登りを参考に取り付いた。核心の中盤のムーブも決まり、終了点のデットも決まり何とか2便でRPだ。良かった。

                 先にI村さんが帰って、またしてもY内さんとマンツーマンの講習。今日は体の振りに特化したトレーニング。アウトサイドエッジで逆足スメアを集中的にやってみる。「言うは易し、行うは難し」で、慣れないと上手くバランスが取れないけれど、かなりいい感じになってきました。

                 6時半頃に終了して、また夜道を戻る。さて、週末は北川の予定だがお天気はよくなさそうです。 
                 

                土筆の佃煮

                0
                   
                   本日からジムトレ復活、皆さまから先週の自転車事故の事で「大丈夫ですか?」とお気遣の言葉を戴きました。いやはや、「ご心配をお掛けいたしました」、と取りあえず大した怪我で無かった事をご報告し、O田さんには細かい事故の状況をお話しました。


                       事故現場、夜道でこの縁石は危険だ〜

                   実際本日事故現場を実況見分すると、暗い夜道では本当に陥りやすい状況がありました。勿論ちゃんと信号待ちして左側の道を通行すれば良かったのだが、やはり帰りを急いでいた事から、慣れない右側の歩道の縁石に乗り上げるという罠に嵌ってしまった。

                   定例の火曜日講習会、本日はH竜さん、T川さんが出席、もう常連さんとも顔なじみになったので気軽にご挨拶。先週に登った雪山の山行についていろいろ話を伺う。ついつい話が弾んで1時間近く話し込んで「お話が一杯あるのね〜」とか言われてしまいます。


                    「そら」の緑バーを登るT川さん

                    講習会、今日は自由に登ってもらった。H竜さんには10・Aのルートを数多く、T川さんにはこれまでのおさらいで、体の振りで登ってもらう。日に日に上達していくのを実感して、その指導法もまんざらではないと自己満足。しかし、何が効果的か、何が出来栄えを阻んでいるのか?指導する立場の者は日々勉強です。

                   自分のトレーニングはこの所モチ不足だったが、「ダイヤモンド」に浜パンのS君のルートピンクばーが出来ていたのでトライしたが、O田さん曰く、「へんてこりんなルート」にまんまと嵌って、2テンでトップアウト、またしてもP1の10・Dで嵌ってしまった。復活は何時の日か?


                     暖かい御飯にのっけて戴くと堪りません

                   で、本日はI井さんから土筆の佃煮を戴いた。自転車で転倒したお見舞いも兼ねての、優しい御心遣い、有り難く戴きました。そういう訳で帰りは慎重にペダルを漕いで自宅に着き、早速お酒のツマミに戴いた。しっかりした歯ごたえ、酒がすすむ〜。体重増間違いなし!

                  P1、「富士山」ミニ・コンペ予選敗退

                  0
                      山の会定例の講習会でしたが、本日はY内さんのみ参加でマンツーマンのトレーニング。「どうしても腕で登ってしまう」とぼやいているYさんの特訓には丁度良かった。しっかり足で立ち込んで登る・体重を左右に移動して登るエクササイズを徹底的に練習した。

                     本日もロードバイクで出勤、荒川のサイクリングロードを気持ちよく走る。1時間程でP1に到着、流石にママチャリと違ってスピードが違う。H竜さん、T川さんは欠席の様だ。F田さんが午後に見学に来ると言うので到着を待ちながらYさんとアップ開始。


                         新しい「富士山」のルート

                     「富士山」の壁が新しくなってエリアの前は人だかり、新旧入り乱れてニュールートにチャレンジしています。お久しぶりのアラカンさん、実力者N木さん、ジムの重鎮O田さん等が虎視淡々と11台のルートをOSすべく気合を入れている。


                             記念ルートの黄緑口11・CはPUMP最強の11・Cだとか

                     その中でも貴重なルートが設定された。昨年のPUMPのアニバーサルメモリアルで、20年継続年会員で表彰されたO田さんの記念のルートです。設定者は勿論国際ルートセッターのS介さん。末長く楽しんでくださいとの配慮?の込められた黄緑口11・C、なかなかの様です。       

                     さて「富士山」のルートの喧騒を背後に講習会の開始。Yさんのパワークライミングの矯正メニュー、足で登るためのエキササイズ、乗り込んだ足の片方の足を壁に付けてバランスよく登る訓練、これを徹底する。「片方の足をツンツンして」とか、言葉力を駆使してやってもらう。

                     何回か繰り返しやっているうちに、要領が掴めたようで、だんだんいい感じで片足に乗り込めるようになってきた。マンツーマンの講習はつきっきりで教えられるのが良い。今日の終盤にはトップロープではあったがオレンジ⇒10・Bまで登れた。この辺が教える喜びです。

                     さて、講習会の合間に「富士山」の5・9紺バーからアップして、今日はニュールートを楽しむことにした。10・Aを2便OS、Yさんの休憩の合間に10・B、10・Cを2便、10・Dを2便無傷で登って、残すは11台だけになった。今回は10台で嵌らずに済んだ。


                        ミニコンペルート黄色×

                     さて、「富士山」の左のラインに出来た黄色×11・Bが本日大賑わい、常連さん達でミニコンペ状態になり、ことごとくOSを拒んだルートに、ダメもと話のタネにと取り付いた。しかし、下部のムーブが悪く、水平クラックのホールドを掴み切れずに敢え無くフォール、最低記録更新です。話の種を自ら作ってしまい、単に恥をかいただけだった。

                     O田さん記念ルート11・Cと言い、この黄色×は難しすぎる。OSは勿論のことRPでも今日は登れるクライマーが現れなかった。設定者りえさんの薄笑いが聞こえるようです。打ちのめされてロードバイクで帰へる途中にさらに厳しい追い打ち。暗い夜道の歩道の縁石に乗り上げ転倒、ヘッドスライディングで左手首を強打、あぁ〜、やってしまった。

                    講習会は忙しい

                    0
                        火曜日定例のP1講習会、O田さんから譲り受けた自転車での初出勤。荒川の自転車道を快適に走り、12時ちょいに到着。本日はY内さん、T川さん、H竜さんのそろい踏み。それぞれ目標があるのでその要求に応える事で、いろいろと忙しかった。


                                             通勤途中の白梅が満開

                       昨年の8月から始めた講習会、月に2回くらいのペースで続けおよそ半年、最初から比べ格段の進歩が見られます。初めは5・6辺りでもバランスも悪く上腕で引き付けて登っていたのが、足で登ることや重心にも意識して登れるようになりました。

                       H竜さんはトレーニングの回数が多いだけあって、10・Aは普通に登れるようになってきました。今日も課題の「そら」黒口10・A(Mrの遺作)を2便目であっさりRP。1便目が後1手だったので、しっかりムーブが決まっていい登りでした。間をおかずトライした緑口10・Aも惜しかったが、次回は登れそうな雰囲気でした。


                        「そら」の黒口10・AをRPしたH竜さん

                       T川さんもトップロープではあるけれど、グレードを上げて10・Aくらいは登れるようになってきました。そろそろリードの練習もしていきたいところ、女性のしなやかな登りはとても勉強になります。Yさんもパワーがあって力強い登り、もう少し力を抜いていけば必然的にグレードも上がってくるでしょう。

                       何時も教える事の難しさを痛感しながらの講習会、やはり基本はしっかりモチベーションを維持していけるような雰囲気作りでしょうか?クライミングが楽しいと思ってくれる事が大切で、「楽しかった、次も来てみたい」と思えるような内容にしたいものです。

                       ビレイが安全に行えて、10・A辺りまでリード出来るようになれば、殆ど1人立ち出来て講習会も卒業です。参加者もそこそこ増えて、要求に応えていくのも大変だが、乗り込んだ船、それぞれが1人立ちできるようになるまで、悩みながらも暫くは続けよう。

                       で、一旦自転車で家に戻り、夜、山の会の運営委員会に出かけた。
                       

                      木曜ジムトレP1

                      0
                          本日は通常のジムトレでYさん一人が参加で特別レッスンとなった。もうホント個人レッスン、講習会は何人かいて「あ〜でもない、こ〜でもない」と言いながらやると、モチベーションもほどほど上がって、いい感じでやれるのですが・・・・・・・。まぁ、たまにはマンツーマンもいいかな。

                         と言う事で1時半頃にP1に着くと、すでにYさんがモチ充分、気合充分でロックオン。いささかその情熱に気押されてしまいました。すでにボルダーでアップは済ませているようだが、取りあえずスラブの易し目から始めます。

                         少しでもレベルアップできるように、基本的な「足で登る」、「重心を足を乗せる側に移動する」等のエクササイズ、云うのは簡単だが実際にはそうは簡単に行かない。「解ってはいるんですが、上手くいかない」とボヤキが入る。まだ、始めたばかりでは難しいよね。兎に角登り込むのみです。


                           夕方からのユーキ店長のキッズスクール

                         本日は夜間の部もないのと、O田さんから譲り受けたロードサイクル自転車で帰る事になったので、早めにジムを出立。6時過ぎにP1を出て荒川沿いのサイクリングロードをひた走る。途中工事の部分を迂回して快適に走る。流石に10段切り替えの自転車は登りも楽、1時間ほどの行程で自宅についた。

                         春になって花粉が気にはなるが、これからは自転車通勤になりそうだ。ダイエットにも効きそうだし、下半身も鍛えられる、しかも交通費は掛からないの3拍子、この手を使わない事はない。そう、思い出した、昨年の春にママチャリでP1に通い、P2の難しい課題を登ったのも、自転車効果だった。


                                譲り受けた自転車、走るぞ〜

                         明日からは山の会のA島さんの別荘がある周辺のスキーツァーです。今年2回目、お天気も良いようなので楽しみだ。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM