まだまだリハビリ?

0
    昨日P1で登った
    午後の部、夜の部の2回戦
    午後の部はほぼ1年半ぶりのH谷さんがご来店
    新しくなった受付のエリアにびっくりです
    ほとんどOSトライのルートを楽しんでもらった?


    皆さんが登りにくいと言っていた「富士山」の黒バー10・Bは
    「どこが核心?」と言って軽くOS
    それでもその後の11台は厳しい試練を浴びていました

    さて、夜の部はK坂さん、M上さん、K池さんと登る
    K池さんはクライミング3連ちゃん
    それも先週からのトレーニング日数が8日間で6日のクライミングディーとか
    半端ないモチベーション

    で、「登りすぎて疲れているかも」もなんのその
    課題のルートを最高点更新
    体感力スキルアップの戦艦のルートにもチャレンジして
    中?好調、楽しみながらも自分の課題克服に果敢に挑戦する
    いいクライミングの1日だったようです

    雨後の天王岩

    0
      昨日、あきる野市の天王岩に行って来た
      山の会のメンバー5人
      前日の雨で岩場の濡れ具合が心配だったが

      予想よりも少ない雨量で決行
      電車とバスを乗り継ぎ岩場へ
      流石に午前は人影もなく他に1パーティー

      クラックジョイは先に登られたが
      となりの11のルートの下部にロープを張ってクライミング開始
      多少濡れてはいるが問題ない

      それぞれ1便アップして
      空いたクラックジョイを登る
      皆さん気持ち良くノーテンで登る
      YさんはしっかりOSを決めてくれました

      午後からは城山やつづら岩からの転身組もやってきて
      いつもの天王岩満員御礼状態
      下の岩場も乾いてきて
      易しい5・8、5・9を登った

      まだまだ慣れない岩場でもあり
      本領発揮とはいかないまでも
      それぞれムーブを考えてトップアウトしてました

      前日の雨にも関わらずフリークライミングを楽しんだ
      天王岩そこそこ近くいい岩場です
      また来よう!
       

      越後の山2山

      0
        先週の土日(3月12〜13)、厳密には金曜夜からの雪山登山
        越後の山に行ってきました

        雪山は今シーズン3回目
        取りあえず雪山フル装備で出かけた
        当初の予定は初日三国山だったが
        天候不順でLの判断で六日町の坂戸山

        町民に親しまれた山ですが
        積雪が少なく雪山とは言い難く半分日帰りハイキング?
        それでも山頂からは雪が付いていて
        南側の雪稜を30分ほどのところまでアルバイト

        メンバーと昼食のためのスノーテーブルを設置
        大人の遊び心満載で、眼下に六日町の展望を楽しみながら
        午後のひと時を楽しんだ

        早すぎた下山後宿で宴会
        美味しい日本酒1本を4人で頂いて
        記憶が飛んだ

        翌日、天気予報は今一だったが
        今回のメーンの山、日白山に向かう
        登山口の二居集落には全く雪が無い
        駐車場に車を止めて7時前に出発

        二居峠まで1時間
        雪が少なく最初の1歩が藪こぎ
        先が思いやられたが、何とか雪も付いていて
        先行パーティー?のトレースを追う
        予定の3時間では東谷山には着かずLは焦っていましたが

        アイゼンを着けたあたりからペースが上がり
        目的の日白山に12時に登頂
        よかったよかった
        谷川連峰の仙ノ倉山の雄姿が眩しい
        白い無垢の頂が神々しい

        たっぷり山頂からの雪景色を堪能して下山開始
        アップダウンもなんのその
        パーティーの皆さん快調に歩を進め
        ほぼ2時間半ほどで駐車場に到着
        楽しい2日間でした
        メンバーのI村さん、I田さん、LのK藤さん
        ありがとうございました


         

        復活のクライミング

        0
           2月25日(木曜日)P1

          木曜日、P1でクライミング兼フランスツァーの打ち合わせ
          T田さん、I村さん、S田さんと登る
          I田さんは打ち合わせのみ

          アップで3・4便登ると
          I田さん到着、南プロバンスのカランク
          10月下旬からの遠征決定
          約2週間の日程で、シーサイドのクライミング
          まだまだ、早いけれど取りあえずメンバーと期日を確認です

          登りのほうは徐々にグレードを上げて
          11・Aを3便OS出来た
          順調に復活しつつあります

          さて夜の部はK坂さん、N島さん、MさんとK池さん
          N島さんとK池さんは「富士山」は所見
          紺バー5・9は二人ともOS着実に進化している
          K池さんの黒バー10・Aは惜しくもOSならずも
          2便目できっちりRPです
          自主トレの体幹訓練・ストレッチの効果が表れている

          最後に皆で課題克服のボルダーセッション
          ダイナミックムーブのエクササイズ
          ルートでこのムーブが応用できれば
          1グレードアップすることは確実
          いい感じで終了です

          2月27日(土曜日)

          中1日置いて土曜日P1で3時間ほどのクライミング
          この1週間で5日もクライミングで
          少々疲れ気味

          5・9、5・9、10・A、10・Cを登って
          「富士山」の黄緑バー11・BにOSトライしたが
          終了点手前2手目が保持できる撃沈
          何だか登りながら「持てね〜」と感じていて
          案の定OS出来なかった

          まだまだ復活途上
          持久力が落ちていることを実感
          で、最後に持久力トレーニング
          11・B、10・D、10・Cと3便続けて登ったが
          上腕がよれて腕が張った
          もうちょっと頑張らないと、コンペには間に合わないな〜

           

          ほとんど復活クライミング・エナジー

          0
            昨日、山の会の定例のジムクライミング
            エナジーに行ってきました
            いつものメンバーのK池さん、K坂さん、Mさんと
            M田さんS木さん

            腰の具合も良くなって
            先日から11台が登れるようになって
            コンディションも戻ってきました
            この分だと今年もマスターズコンペに出られるかもです

            取りあえず易しいのを4・5便アップして
            黒バー12・AにOSトライしましたが
            やはり3か月のブランクが大きく
            ムーブもトップアウトも出来なかった
            まあ、この辺がトレーニング不足なのです

            K池さんは課題の赤バー10・Cを2便目でRP
            続けて登った緑バー10・CのOSトライもいい感じだった
            K坂さんは11・Bを課題にして奮闘中
            いずれこのクラスのルートは登れるでしょう

            腰の痛みが抜けなかったころ
            モチベーションが上がらず
            もう限界には挑戦できないと思っていましたが
            なんとか戻ってきたようです
             

            土日のクライミング

            0
              2月20日(土)  ☂

              西国分寺のランナウトでジム
              山の会のK池さんと登る
              募集を募ったのですが生憎2人だけになってしまった

              雨の予報で小さなジムでしたが
              そこは雨の土曜日
              ルートエリアは結構混んでいました

              翌日の自然の岩場の事も考え易しめを登る
              5.8、10・Aでアップ
              2回目で壁には慣れたけれど
              グレードが半端ない難しさです
              しかも、アップの10.Cでテンションが掛りたまげた

              K池さんも易しめから登るけれど
              10.Aあたりは厳しそうです
              それでも確実に進歩しています

              常連さんにお勧めのルート黄緑バー11.AにOSトライ
              途中で足位置を教えられなんとか登りきったが
              ランナウトのグレードはパンプと比べても1ランクアップ

              次にトライした11.Bが半端なく厳しく
              トップアウトすら出来なかった
              良い宿題が与えられた
              2時から5時までいいトレーニングが出来ました

              2月21日(日曜日)☀

              前日の雨でどうしようか迷ったが
              「乾きに早い岩場だから大丈夫!」のK池さんの言葉を信じて
              古賀志のクライミング決行!

              6時半に川越駅に集合
              一路古賀志に向かう
              鹿沼インターで2班のパーティーと合流
              ガスが立ち込める鹿沼の街を通り抜け
              駐車所に到着、先に私が偵察に向かう

              前日の雨にもかかわらず岩場の条件はいい
              で、皆に「登れるよ!」の連絡を入れて
              岩場に到着、久しぶりの古賀志

              乾いた岩場で総勢8人でクライミング開始
              5.8から10.Cまでのルートを楽しんだ
              10.Aだと思って登ったルートが11.A
              皆さん苦闘するわけだ

              なんだかんだで3時半まで登った
              皆笑顔で登攀を終えて
              リーダーとしての責任を果たしてほっとした
              また、自然の岩場行きたいですね〜
               

              リハビリクライミング3

              0
                一昨日10日(水曜日)の夜
                エナジーで登って来た
                山の会の仲間K坂さん、H高さん、K池さんとMさん

                大分腰の状態も良くなってきて
                11台をトライした
                まだ目標の課題は出来ないけれど
                少しづつ登るグレードを上げ行きたいと思っています

                4月下旬に開催される予定のマスターズコンペ
                間に合わないかと思っていたけれど
                順調にいけばぎりぎり間に合うかもしれない?
                MさんもK坂さんもモチベーション高く
                それぞれ限界グレードにチャレンジです

                K池さんもやる気満々で
                目標の10・Cに3トライ
                最終便では1テンでトップアウトして
                次回にはRPの期待感がありました
                皆さんガンバです
                 

                日和田山講習会

                0
                  昨日、今年初めての日和田山
                  山の会のメンバーと岩稜帯の登り降りの訓練
                  前日の雪で開催も危ぶまれたが
                  天気予報を確認したのが夜の10時頃
                  中止の連絡も出来ず決行

                  やや濡れたアプローチを進んで岩場に到着
                  なんとか登れそうなので
                  女岩の取り付きの傾斜で訓練開始
                  トップロープにして登山靴での登り降り

                  とくに下りのスキルを教える
                  しっかり腰を落として目線を下げて
                  足場を確認して降りる要領を覚えてもらった
                  何回か繰り返しているうちに安定した動作になってきた

                  しかし、そのうち木の葉に載っていた雪が融けだして
                  まるで雨が降っている状態
                  岩場のくぼみには霙が溜まった状態になって
                  岩は冷たくて登れない
                  これ以上訓練は続けられず昼食後撤収

                  日和田山の山頂に行くことになってハイキング
                  空は澄み切っていてスカイツリーが良く見えた
                  帰りのちょっとした岩場で
                  訓練のお浚いで登り降り

                  何だか消化不良の1日だったが
                  当初の目的は達成された
                   

                  学生時代のOB会

                  0
                    昨日久しぶりに学生時代の仲間たちと
                    新年会兼世話人会
                    G駅の近くの居酒屋で2時間ほど

                    やっぱり年代を重ねたとはいえ
                    それぞれ気心の知れた学友たち
                    和やかな雰囲気で語り合えます

                    年に2・3回ほどの集まりが
                    途切れることなく続いている
                    皆、青春の真っただ中で議論しあい
                    支えながら過ごした信頼が
                    今もこうして生きています

                    本当にいい仲間と過ごした時代でした
                    5月には山梨に仲間に会いに行くことになった
                    楽しみな企画です


                     

                    リハビリクライミング2

                    0
                      腰の状態も大分改善され
                      少しづつ登れるルートも上がってきました
                      昨日はP1でいつもの木曜トレーニング
                      午後の部はS田さん、I村さんと登り
                      評判の良くなかった易しいルートを検証
                      登りやすくなったとのことだったが
                      あまり変わりない感じだった

                      S田さんは「そら」の緑バー10・Cを1撃
                      自分も登ったけれど
                      出だしが難しく、フォールするかとさえ思った
                      出だしのムーブがこれでは10・Cは無いね

                      午後の部の終わりに
                      2階のボルダー壁に上がりデットポイントの練習
                      適当なホールドを見つけて繰り返しムーブをやってもらった
                      引きつけて脇を固め勢いをつけて乗り込む
                      女性には苦手なエクササイズ
                      これからも取り入れたい内容です

                      さて夜の部はK坂さん、N島さんとK池さんと
                      修正されたルートを一通りトライする
                      その割にはやはり基本の部分は直しようもなく
                      皆さんそこそこ苦労しています

                      ルート設定は簡単ではないのだろうが
                      少なくともクライマーが気持ち良く登れるルートが欲しい
                      セッターの思い入れとかあるのだろうが
                      我々のように楽しむために来ているクライマーの気持ちも
                      大事にして欲しいものです

                      夜の部では10・Dまでをトライして
                      最後に持久力の練習もしてみた
                      大分いい感じになってきました


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM