スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    第1回全日本マスターズクライミング選手権

    0
      昨日印西のWCの会場で
      第1回のマスターズクライミング選手権が開催され
      選手として参加
      予想に反して4位と言う信じられない入賞を果たしました
      我ながらびっくり

      マスターズの条件は男子は60歳以上で11・Aを登れる人
      女子は55歳以上で10・Cを登れる人
      と、結構ハードルは低いけれど
      エントリーがあまりに少なく
      予選が1本のところ2本におまけ
      お陰さまでトータル3本登れて満足しました

      久しぶりのコンペで心臓ドキドキ
      予選の1本目、緊張感が最高に高まるなかを
      10番目のスタート
      初めて触る印西の壁、WCでも超一流のクライマーが登った壁
      感慨深いものがあります

      ガバホールドが続く11・Aくらいのルートで登りやすく
      美しく登る事だけ考えて、快適に進んで終了点
      自分ながら良いクライミングだと思った
      それでもどこかに力が入って
      終了点クリップした後腕が張っていた

      2本目は順番を変えて2番目のスタート
      このルートこそ本来の予選ルートの様だ
      基本ガバルートなのだが
      やっぱり緊張していて
      最終ハングの下で持久力が枯渇してクリップ出来ずにフォール
      しかしながら、何と2本トータルの予選の順位が同率3位
      表彰台も夢ではない?たまげた〜

      パンプ1のお仲間のO田さんも8位で予選突破で
      仲良く決勝に進出です
      お昼タイムでパン1の応援団?とコンビニに買い出し
      決勝の作戦?を考えながらの昼食

      さて決勝はOSトライなので
      6分のオブザベーションの後
      アイソレーションで隔離されて順番を待つ
      その間緊張感が押し寄せて何度もトイレに向かう
      あ〜、本当のコンペだ

      前競技者の成績は分からない!
      緊張感が最高に高まり、最後から3番目の試技
      ビレイヤーに促されてトライ
      2ピン目にZクリップの注意を受ける
      やばい!

      序盤はオブザベ通りに進んでいい感じ
      中盤のガバホールドでカンテにトゥーを決めてレスト
      しかしこの先からムーブが一気に悪くなり
      黄色の右ホールドを保持した時に足ブラになって
      かなり力を使った
      案の定持久力がなくなって
      右の緑ホールドからのデットでフォールで万事休す

      もう少し流れをうまく処理していけば後数手は行けたような・・・・・
      結局3強の一角は崩したが、予選の順位を落として表彰台ならずの4位
      なんとも悔しい決勝のトライだった
      それでも4位で表彰状も貰い、ゼロポイントのザックまで賞品を頂いた
      嬉しい!

      今回のマスターズ選手権
      ピリピリした雰囲気も無く楽しいコンペでした
      こんなコンペなら是非来年も開催してもらいたいと思いました
      そして、このコンペを裏方で協力して頂いた
      千葉県のフリークライミングの関係者に感謝です
      ありがとうございました

      来年もあるといいな〜

      マスターズコンペ最終調整

      0
        明日のマスターズコンペに向けての調整
        山の会のK池さんに付き合ってもらってP2で登った
        易しいルートを軽めに

        k池さんは昨日BCで登って連ちゃんだとか
        お互いに易しいルートからアップです
        とにかく昨日まで雪山に行っていたので
        クライミングモードに変換

        筋肉に刺激を与える位で登った
        それでも「ショートウェーブ」の黄色⇒10・CはOSトライ
        見たことも無いホールドで結構難しかった

        K池さんは昨日の疲れもあり
        5台をしっかり登り込む
        易しいルートをムーブを確認しながら登るのも
        メリハリが付いていいトレーニングです
        Y崎さんから「あまり登りすぎないで」とご進言

        前日山に登っていた割には体も動いて
        1便だけ「子つなみ」のピンク11・Bにトライした
        これも今まで触ったことのないホールド
        11・Bにしても結構難しかったが
        何とか終了点を保持してOS

        K池さんは1便だけ「タワー」右の紫×にトライして終了
        最後に「ギャラリー」の緑をクールダウンして終了
        コンペ前日にしては登りすぎたかな?

        こればかりは明日になってみないと分からない
        因みに当初予選は1本だったのが
        エントリー数が少なく2本登れるようだ
        ますます楽しみです

        尾瀬、富士見峠から白尾山

        0
          5月2日(土) 富士見下から白尾山  

          尾瀬の白尾山と言う山に行きました
          当初の予定は富士見下〜富士見峠〜白尾山〜皿伏山〜長蔵小屋(テント泊)
          2日目は燧ケ岳ピストン、長蔵小屋(テント泊)
          3日目に下山

          という運びだったが
          直前のキャンセルもあり
          富士見峠を見回りながらのマッタリ雪山ハイキングになりました
          まあ、それも雪山の楽しみ方の一つ
          今回は残雪の山と、尾瀬ヶ原の絶景を楽しみました

          沼田の先の道の駅付近で前泊
          朝1で富士見下まで
          GWなのに止まっている車は3・4台拍子抜け



          冬靴を履き7時半ころの出発
          ところどころ融雪していて、今年は雪が少ない!
          林道を歩き続け
          あやめ平の雪庇が崩壊する道をトラバース
          木がなぎ倒されて、自然の猛威を感じながら急いで登った

          富士見峠で大休止
          燧ケ岳が展望できるところに移動して
          その絶景を楽しむ、静止画撮り放題

          さてこんなマッタリ山行では目的の長蔵小屋に着くのだろうか?
          キャンセルした2人分のボッカが堪え
          パーティーの速度が落ちる

          Lの今日はこの辺で終了
          と言う白尾山の西のピークで撃沈
          丁度眺めのいいところでテント泊
          まだ3時前だと言うのに・・・・・・

          さてそこからテント場の整地、でこぼこの雪面をスコップで平に直す
          とことん平らになるように雪を削り雪を除く
          そのい間に食事の時の使う綺麗な雪(水)を確保


          気が付けばスノーテーブルまで出来ている
          スタードームのテントの入り口からは
          双耳峰の燧ケ岳が鎮座して最高のロケーション

          もう宴会の始まり始まり
          焼き肉どんぶりとスープ
          つまみ類の山々で雪で冷やしたビールと白ワイン
          日本酒「鬼殺し」&焼酎
          至福のひと時、雪山にもいろいろな楽しみ方もあるという事です

          5月3日(日) 白尾山〜あやめ平 

          前夜7時過ぎにお開きとなった宴会のお陰で
          12時過ぎに目が覚め
          月明かりを堪能
          ヘッドランプなど使わない

          翌日の天気が悪く燧ケ岳を断念してあやめ平に転進
          テントを片づけて白尾山を下る
          前日のトレースの残っていて富士見峠に荷物をデポして
          空身であやめ平に向かう



          足もともしっかりして歩きやすい
          所どころに木道も現れ
          西側の雪庇が巨大だ
          こんなのが崩壊して登山道に落ちたらと思うとそっとする 



          やがて尾瀬ヶ原と至仏山が現れ
          尾瀬の全体像が出現、越後の山々も展望出来た
          来春の雪山も「景鶴山」に決定?
          素晴らしい眺めに絶句した
          記念写真を撮ってもらい下山

          今回、出発前にいろいろあったけれど
          良い雪山登山だった
          終わりよければすべて良し!

           

          OSトライ

          0
            4月30日
            P1でコンペに向けてOSトライに集中
            新しくなった「ウェーブ」と「そら」の壁を登った

            黄緑十5・9、紺口10・A
            を皮切りに紺バー11・A
            そして11・Cの赤バーまで

            全て登ることが出来た
            まだトライしていなかった
            「戦艦」の黄色⇒11・Dにもチャレンジ
            残念ながらこれは後2手で撃沈

            夜の部はK坂さんとS水さんの講習だったが
            流石に今週過密スケジュールで
            疲れ果て8時過ぎに早退した

            休養もトレーニングのうちだ

             

            とある岩場

            0
              今日パンプ1と山の会の仲間達と
              フリークライミング&レスキュー講習
              シークレットな岩場

              初めて自然の岩場デビューのMさんには
              貸し切りで丁度良かった
              易しいグレードからトップロープで登り

              皆でわいわい言いながら5.8から10.Aまで
              みんなノーテンションで登る
              特にM上さんは前回歯が立たなかったルートをトップアウト
              「ジムでの登り込みが役に立った」と

              私はこの岩の課題11.C/DをマスターでRP
              トータル5・6便くらいだろうか
              久々に気合の入ったクライミングだった

              3時過ぎからにリーダーズレスキューの講習
              ビレイからの仮固定と自己脱出
              クレイムハイストでの登り返しを
              I村さんとS田さんにやってもらい
              折り返しの懸垂下降をシュミレーション
              いいトレーニングが出来た

              最後にスラブの課題を皆でセッション
              あ〜だ、こ〜だ言いながら
              楽しく登った

              シークレットな岩場また来よう

               

              土日のクライミング

              0
                4月25日(土) エナジーでジムトレ

                 午前中の用事を済ませ1時からラン
                いつものロングコースで21k
                調子も良く1k6分位のタイムで走行
                その気になればもっと走れたかな
                約2時間いい汗をかいた
                今月78k、目標の100kクリアできそうだ

                4時に約束のエナジーに出勤
                K坂さん、M上さん、K池さんと登る
                マスターズ選手権まであと10日
                OSトライを課題にして
                新しいルートの青⇒12・C赤バー12・Aにトライ
                青は後半で3テンションだったが赤はOS出来た

                この日は皆さん課題を次々とクリアして
                トレーニングの成果を上げました
                K坂さんは11・AをRPで、エナジーの11が3本目
                K池さんはピンクバーで初の10・BのOS
                最近のK池さんの進化は目を見張るものがある

                8時過ぎに終了して
                駅前の「王将」で乾杯!

                4月26日(日) 古賀志山でクライミング

                このところ天気が続いて久しぶりの岩場
                7時前にK坂さんにピックアップしてもらい
                岩場の駐車場でM田さん、JUnさん、Y城さん等と合流

                アプローチも近いのですぐに滝の左エリアに
                混んでいたけれど、結構登れた
                「沙羅ちゃん」5.8、「ウルトラマンフェース」5.9でアップして
                「ドラゴン」12.Aにトライしてみたが
                核心のランジが限りなく遠く撃沈
                リーチのせいにはしたくないが
                私には不可能なくらい届きません
                多分封印


                最後に「レイン」10.Dと言うルートを皆でセッション
                これが「右のガバは使うな!」とかの限定ルート
                中盤の左手のガバのガストンからの右カチ取りが核心、10.D敗退
                しかし2便目に左のカチから核心をクリアして
                ムーブが繋がった!と思ったら
                左のカチも右のリップもダメとか
                地元のクライマー?がこう登るのよ!と
                私のロープで?トライしたが・・・・・

                自然の岩場でこれほどの限定は聞いたことない!
                人工壁のジムじゃあるまいし
                フリークライミングって何?って思ってしまいました
                なんだか最後は気分が悪かった  

                気を取り直して
                「正嗣」の餃子で夕食
                ビールが飲みたかったな〜

                 

                P1で3連ちゃん

                0
                  登り込み3連ちゃん
                  山の会のi村さん、S田さん、H竜さんと登る
                  流石に疲れが残っていて体が重い

                  2時頃から5時過ぎまで3時間?
                  実質2時間か
                  コンペまで2週間足らず
                  数年ぶりのコンペだが
                  まあ、納得のいくクライミングが出来ればいい

                  今のところエントリーは10数人
                  こんな人数だと最初で最後のマスターズコンペになるかも知れない
                  記念のエントリーと言うことで楽しみたい

                  アップ4便出して
                  「奥壁」赤口11・Cに4回目のトライだったが
                  最終面でよれてテンション
                  このルート自分には合わない
                  もう少し掛るかもしれない

                  夜に山の会の例会もあり
                  5時過ぎに退散
                  1日置いて土曜日はエナジーだ

                   

                  P2のニュールート発進

                  0
                    昨日P2で登った
                    お久なP2常連さん達と再開
                    着くなり「どうしたの?その顔の黒さは!」
                    すっかり雪山の山行がばれた

                    丁度N社長も来ていて
                    マスターズコンペの参加者の様子をうかがう
                    強強オールドクライマーもいて
                    予選通過も危うい?とのこと
                    ならば、コンペモードで登ってみるか!

                    前回もお会いしたN島さん、W辺さんも来ていて
                    ご挨拶、頑張っているな〜

                    さてストレッチもそこそこにしてアップ
                    黒バー5・7、紫バー10・A、黄色バー10・C、
                    「子ゆなみ」のニュールート黒バー11・Aを登って小休止

                    P2の看板エリアの「つなみ」はまったく様子が替わっていた
                    オーストリアの国際セッター仕様
                    ハリボテが満載の壁、まるでコンペのような壁だ

                    1便だけ再アップを兼ねて緑十10・Bを登って
                    試練の黄緑バー12・AにOSトライだ

                    下部からやや遠いところ、バランシーなところもあって手強い
                    苦手なダブルピンチも厳しい
                    で、最初の核心
                    カンテに出てややスローパー気味のホールドからの左立てピンチ
                    これが、自分にはやや遠くデットで取りに行く態勢がとれない
                    レストしながら飛び出すバランスとタイミングを計る
                    意を決してバーンと
                    止まった!

                    その後はガバが連続して
                    大ハングを越えた
                    しかし、薄被りの核心の左手が甘く次のカチガバでフォール
                    残念ながらOSは出来なかった
                    と言うか、最大の核心はその後の2手目
                    厳しいらしい

                    良いトレーニングが出来た
                    ニュー「つなみ」楽しみだ

                     

                    P1でジムトレ、講習会大繁盛

                    0
                      マスターズコンペを来月に控え
                      ジムでの登り込み
                      P1でトレーニングです

                      野暮用があって3時頃に出勤
                      O川さんM木さんペアが頑張って登っている
                      いつものように入念過ぎるストレッチ
                      すでにコンペモードなのだが
                      調整の仕方が分からない

                      取りあえずは普通にアップして
                      課題の「奥壁」赤口11・Cに備える
                      遅い出足のため気がつけば夜の部の時間
                      塾生が続々とやってくる

                      山の会のH高さんのお知り合いのIさんを紹介される
                      まったく初めてと言うので
                      フリークライミングのイロハをレクチャー
                      もうこの役目は塾頭K坂さんの役目なのだが
                      まったくやる気なし
                      ボルダリングとトップロープで遊んでもらった

                      総勢9人はもう講習会では限界の人数です
                      それぞれの人に目が行き届かず
                      イライラするばかり

                      K池さんが「そら」の黒十10・BをRP
                      亀のような歩みのK池さん
                      とうとうP1の10・Bが登れました
                      おめでとう!
                      教える側からすると今まで出来なかったグレード
                      を更新することは嬉しいことです

                      その勢いにあやかって「奥壁」の赤口11・Cに3度目のトライ
                      調子は良かったが
                      最終面のムーブを試しているうちに足が滑ってフォール
                      このルートは私には向いていない!

                      最後に3kの重りをつけて
                      持久力のインターバルトレ
                      続けて「戦艦」黒×11・B、黄色十11・A、
                      「奥壁」黄色バー11・Aと3便続けたが
                      3kの重さに負けて黄バーはインチキした

                      9時半に終了
                      いつもの中華屋さんで反省会
                      中身の濃いジムトレだった〜

                      残雪の上越・浅草岳

                      0
                        昨日上越の浅草岳に前夜発で行ってきた
                        山の会の仲間6人とゲストが1人

                        前夜発で夜にキャンプ地に集合の筈が
                        勘違いして我々4人は別の宿泊地に泊まることになったが
                        テントも無いので冬用のシュラフで野宿状態
                        4月とはいえ寒くて寝られなかった

                        翌朝、1時間ほどかけて
                        登山口に移動、無事合流したが
                        1時間遅れで雪靴に履き替えて出発

                        しかし、この浅草岳はBCのメッカと見えて
                        大勢のバックカントリーの人々で溢れかえっていた
                        トレースは心配なく
                        平坦な尾根道を只管登る

                        11時を帰路の時間に設定して
                        白崩沢左岸を登って1246のピークで休憩
                        天気に恵まれて守門岳が正面に鎮座している
                        「来年はあの山に登ろう!」で来春の雪山が1つ決まった



                        ヤジマナ沢側が雪庇で大きく亀裂が入っているところもあり
                        リーダーから注意の声が飛ぶ
                        しかし気温も上がって来てくそ熱い
                        ダウンも脱いで、上着も脱ぎファイントラックの下着だけで十分

                        しかしパーティーのペースも上がらず後1時間くらいの
                        1484ピークの手前で撤退を決める
                        もうちょっとだったが無理しないのが雪山の鉄則
                        しばらく休憩して下山開始

                        BCのお二人はスノボーと山スキーでスイスイ降りて行く
                        午後になって雪が緩んで多少埋まり気味だったが
                        2時間もかからずに下山口に到着


                        途中1246のピークで左の尾根に間違えて
                        右の尾根にトラバースのアクシデントもあったが
                        無事上越・浅草岳を堪能してきました


                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM