スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    黄昏のビギン(ちあきなおみ)

    0
        雨の日はこの歌が良い。



        雨に濡れてた  黄昏の街
        あなたと会った  初めての夜
        二人の肩に  銀色の雨
        あなたの唇  ぬれていたっけ


        傘もささずに僕たちは
        歩き続けた   雨の中
        あのネオンが   ぼやけていた


        雨がやんでた  黄昏の街
        あなたの瞳に   潤む星影


       明日のP2の自転車の道の確認の試し乗り。東所沢を目指して179号をひたすら走る。武蔵野と言うだけあって緩い上り坂が続く。途中からは腰を上げて立ち漕ぎにもなったが、新座まで歩くより遥かに時間が掛からない。およそ35分くらいで駅に着いた。


                 東所沢へに続く道  国道179号線

       その代わり帰りは楽チンで30分ほどで自宅に着いた。涙ぐましい努力ですが、これで300円の節約、たかが300円と言うが、大きな違いだ。しかし途中から雨に打たれ、合羽を着て濡れなくて済んだ。夕方までユーチューブの歌を聴いて過ごした。

      新たな始まり

      0
         春の嵐、いや〜酷い雨と風でしたね、お陰さまで流石の本日はP1のクライミングも諦めて、静養に努めました。フルタイムクライマーの門出だったのですが、出鼻をくじかれました。しかし、仕事が無い!朝寝が出来る!と言うのは良いですね〜。すばらしい解放感に浸っています。



         一昨日、昔の職場の後輩から退職のお祝にとお花を送って戴きました。綺麗なお花で感無量です。H野さんありがとうございました。とても気持ちの優しい後輩で、気配りがありがたい、山の神と感激に浸っております。

         さて、フルタイムクライマーになって、いつでも登りに行ける環境になりましたが、いろいろ遣りたい事が多くて困ります。山にも登りたい、映画も見たい、勿論クライミングは週3回は登りたい、そして地域の為にも働きたい等と考えると暇がありません。

         仕事はないけれどやる事はいっぱいあって、忙しい日々は変わる事はないようです。新しい生活の始まりは中々忙しそうだ。

         

        完全退職の1日

        0
            念願の完全退職日を迎えました。1966年に北海道の田舎から集団就職でやってきて苦節46年、よくもまぁ、懲りもせず同じ仕事をやってきたものだと、我ながら感心致します。一枚の紙切れで決まってゆく社会、今日支店長室でその辞令をもらった。




           定年退職後も再任用で4年間、嫌々ながらも生活のために働いてきた。仕事の中身も一層厳しくなり、頭の方も多少まわらなくなると、ミスした訳でもないのに勘違いして確認したりと、仕事へのモチベーションも落ちてきた事は否めません。最後の1年は意外と長かったかな。

           それでもやはりほんの少しの愛着や寂しさがあるのか、これで最後の一仕事と言う所で、熱いものがこみ上げて来た。18歳で都会に出て右も左もわからない日々から、半世紀も及ぶ期間を同じ職場で過ごした時代、46年の重さはそれなりにあったと言う事でしょうか?

           ロッカーを整理し、数種類の鍵と仕事着を全て返し、代わりに『雇用保険被保険者資格取得確認通知書』なるものを戴いた。再就職に必要な書類らしいが、この先働くことなど考えていない者にとっては何の意味もないものだが、改めて完全退職した証しみたいのものでしょう。

           帰りにいつものN商店に寄って記念のお酒でもと顔を出したら、マスターからお祝にと「佐藤黒ラベル」を戴いた。

           46年前に降り立ったG駅の街並みもすっかり変わってしまい、当時の面影は全くないが、職場の同僚と別れの挨拶も済ませた爽やかな気持ちで電車に乗り込み、最後の仕事を無事に終えた安堵感で家路に着いた。

           明日からは1年中お休みの、新しい生活が始まる。

          金曜散歩

          0
              木・金とまったりした日を過ごす。今日は山の神と岩盤浴を兼ねて散歩に出かけました。じっくりお風呂に浸かり、全身マッサージを30分。硬くなった筋肉を解すのも大事です。時には体をケアする事も必要だ。2種類の岩盤浴でたっぷり汗をかきました。M駅前のカフェテラスで遅い昼食、北海道産のカボチャのドリアが美味しかった。


             その後清々しい気分で散歩。Y川沿いの散歩道は歩きやすく、休日ともなればウォーキングやランの人々で賑わいます。春には桜が見事な散歩道、河原に降りると新しい発見が・・・・・・。



            これから伊豆へ

            0
              明日の都内の集合時間に間に合わないので、前夜発で伊豆大川にあるT田邸別荘へ。城山まで1時間程の至近距離にあるので、助かります。


              小田急線を乗り継ぎ、大川までは4時間くらい、以前、城ヶ崎のクラッククライミング教室で、随分お世話になった記憶が蘇ります。


              今回は城山への遠征です が、恒例の新年外岩登り初め兼新年会と言う事で、楽しみな2日間です。晴れて温かいと最高ですが、さて山の神は微笑んでくれるでしょうか?行って来ます。

              謹賀新年

              0
                  明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年の3・11の大震災で東北地方が大きな災害を受け、私もボランティアで宮古に行って自然の凄まじさ目の前にして、言葉を失った貴重な体験を思い出しました。

                 

                今年は自然の神様が穏やかに、我々人類を見守ってくれる事を祈るばかりです。クライミングの事で言えば、昨年は、1月から肩の故障で思うように登れずひたすらリハビリの日々で、半年棒に振りました。とくにリハビリ明けの外岩では、これと云った成果もなく厳しい洗礼を浴びました。

                 今年こそ故障もなく、思う存分登りたいと思います。限界に挑戦できるクライミングライフも多くはないので、それこそルートを厳選して頑張って行きたいと思います。初登りはまずはP2のジムトレから始まります。



                 夜明けは近い、さぁ〜、今年も楽しく登りましょう。
                 

                高校野球神宮大会

                0
                    高校野球のファンとしては、神宮大会は穴場的大会で、入場料も安くしかもネット裏で観戦出来るとあって、非番の本日神宮球場まで行ってきました。秋空の晴天で気持ち良く高校野球を堪能できました。秋の大会と云うのは、各地区の秋の優勝校だけが参加できる大会で、春の選抜大会の選考に影響を与える大会でもあります。
                   
                   この大会で優勝した地区からは1校、神宮枠と云う選考枠が与えられるので、その地区のギリギリの基準の高校にとっては「頑張って優勝してくれ〜」と云う訳であります。本日の私の目当ての試合は、わが故郷北海道のチーム北照高校の応援です。


                   試合は相手校四国代表の鳴門高校のピッチャーの出来が良く7回までノーヒットノーランの劣勢、7回裏に1点取られたが、8回に1点取って対スコアーのまま延長戦に突入、何だか知らないタイブレークの形式がとられ、10回以降はそれぞれ1アウト満塁から試合が再開される。

                   このシスティムはかなりの確率で点が入り、したがって延長戦はほとんど10回で勝負が決まるが、この試合は10回にお互いに2点入り、珍しく11回までもつれ込んだが、表の攻撃で北照が2点取り、裏の攻撃をダブルプレーで凌いで北照が辛くも勝利準決勝にコマを進めた。

                   第1試合では青森の光星学院が勝って、北の2校が準決勝に進んだ。最近の高校野球のレベルは南北の実力の地域差も無く、雪国のチームでもナンバーワンになる事も不思議ではなくなった。昨年の光星学院の準優勝、5・6年前の夏の大会で連覇した駒大苫小牧の例にもあるように、高校野球の勢力図が変っている事を感じます。北国生まれのファンにとっては嬉しいね〜。

                  塩原温泉バスツァー

                  0
                      日月で塩原温泉に行ってきました。もう紅葉は遅いのかと思っていましたが、どうしてどうして綺麗な紅葉が見られ、とてもリフレッシュした温泉旅行でした。たまにはたっぷり温泉につかるのも良いですね。

                     





                    お買い物

                    0
                        本日は珍しく山の神のお伴で新宿まで出向いてお買い物です。なんでもこれからのシーズンの洋服が無いと言う事で、いつものひいきにしている京王デパートです。平日にもかかわらず結構な人出で、売り場はそこそこ混雑していました。

                       上着とワイシャツ、パジャマを買い込んで昼食して帰りました。食堂街は新しくなったのか、知らないお店もあったりで、小奇麗なお豆腐懐石のお店に入りました。基本京料理の様ですが、何故かお豆腐は日光の物だとか。山の神との外での食事も久し振りで、かなり点数を稼いだかな?


                       明日は、P2の水曜クラブ部活のジムトレ、明後日の外岩のための軽い調整で登るつもりです。

                      ボランティアに行って

                      0
                          関東地方も梅雨明け宣言が出て、今日も暑い日差しが照りつけていました。本当に短期間ではありましたが、帰ってきてここ2・3日何となく無為な日々を送りました。気がつかないところで、自分なりに気を使ったりしていたのでしょうかね?本日午後からやっと映画にでも見に行く気になって、近くの映画館に行ってきました。

                         実際ほんの僅かな滞在のボランティア活動でありましたが、帰ってきて色々資料とか大津波の動画とか、ボランティアのあり方などを考えたりして、自分が思っていたほどボランティアは簡単なことではないように思っています。


                         私の思いは単純に、今回被災された方々の復旧のお役に立てればの思いでしたが、実際の活動を体験すると、1日4時間くらいの作業時間なのですが、慣れない事が多く暑さとかもあって、仕事そのものは結構アップアップだったような気がいたします。

                         ボランティアは自分が助けられるような状況に陥っては話になりません。体調の管理はやはり絶対条件だと思いました。今回初めての経験で精神的に緊張していて、良く睡眠もとれず皆さんの作業に付いてゆくので一杯でした。それでも大きな怪我もなくセンターのスタッフに迷惑もかけずに、無事に勤めを果たして今はホットしているところです。

                         次回に行く時までには慣れるでしょうか?この『クライマーを被災地に送る会』は、クライマー・山屋は、1、自活力がある事(どんな所でも寝られて生活できる・・・・)2、問題解決能力がある(目の前の問題を解決しながら山を登る・・・・)3、団結力がある(おれたちみんな山屋だよ・・・)4、精神的肉体的に強い(しかも、どんな状況でも楽しめる・・・)、と云う特徴をベースにしているわけなのですが、この基準からすると、私は随分足りないところがあると気がつきました。

                         しかし、かといって今回のボランティアに行った事を後悔しているわけではありません。とても充実した貴重な楽しい体験でした。国際色豊かな宮古WMCAボランティアセンターで出会った人々の事は決して忘れません。シアトルから来た、若い女性のAさんは日本の事を勉強したいという気持ちが一杯出ていましたし、同じシアトルからの年配の日系3世のDさんの話は、とても興味深くここで出会わないと聞けない話ばかりでした。


                         また、イタリア人で中国語を話す怪しいクライマーAさんは、確かP2で見かけた記憶がありますが、陽気なラテン系そのもので、一緒に作業をしていて明るいキャラは疲れを忘れさせてくれます、皆のアイドルのような存在でした。 

                         また、東京から来たTさんは、食事の後分厚い辞典の様なもので勉強しています。話を伺うとアフガニスタンに近じか行って写真を撮りに行くと言います。帰って来て名刺のホームページを開けると、エジプトやパレスチナとかにも行っていて、様々な活動をなさっているようで、感銘いたしました。 『パレスチナ・そこにある日常』 (未来社)と云う本も出しており、今度紀伊国屋で買ってこよう。

                         今回、宮古に行ってたくさんの善意の人々に出会いました。ここにこなければ決して出会わない人々と、多分2度と合わないかもしれない人々と、思いを語り合い、チョッピリ生き方を語り、自分の人生を語り、そして被災者の心に寄り添おうと・・・、なかなか得る事の出来ない経験でした。今回思い切ってボランティアに参加してほんとうに良かったと思います。次に行く時にはしっか体調を整え、少しでも被災者に勇気を与えられるように心して行きたいと思います。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM