スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    路線変更

    0
        外岩から中1日置いたジムトレ、両肩の筋が珍しく張っている。いつもの火曜日のP1ジムトレを休んだのは正解だった。多分、「ガイチ」でゴボウして体を引き上げたのが張りの原因だ。普段使わない筋肉を使って疲れたが、外岩は様々な要素があって、筋書きがないので楽しい。

       梅雨が本格的に空けて蒸し暑い。東所沢までの倹約・自転車通学の道程も一段と厳しく、Gーパンに滴る汗が纏わりついて気持ち悪い。仕方ない年金生活者、倹約が命。途中買い物から帰りの山の神に出会いびっくりした〜。別に悪い事をしている訳ではないが予期せぬ遭遇は・・・・・・・・。


          P2壁のポスター、合宿の最後の怪談話?って何だろう

       水曜部活はH松スクールが先週卒業式を終えて、皆さん「トンでもフリーな」クライミングライフに舞いもどってきました。お帰りなさいませ。しかし今日は仕事?故障でお休みの方もいらして、部活もまだまだ半休養状態です。それでも出席者だけでしっかりとトレーニングを致しました。


           「タワー」緑バーを登るH谷さん

       本日は「つなみ」の緑十字に別れを告げて、新たなパートナーとなるべく紺バー12・Bを目標に変えて再出発する記念すべき1日です。緑十字は限界グレートと言うより、それ以上の難しさを内包しているルートなので、綺麗きっぱりお別れする事に。紺婆ーさんよろしくね〜。

       早速5便ほどトップロープでアップして、先週やられた最後の平松ニュールートの100度壁黒口11・Bにリベンジ便。ところがどっこい、最後のパートで足をアンダーカチに置く事ばかり考えていて、先に右足を上げ過ぎて2手前でフォール、頭悪すぎのミスで1便目失敗。

       、コーヒータイムの後再チャレンジの黒口、今度は右のガバを取ったまでは良かったが先に左のピンチを取ってから足を送って右カチに乗せる所を、何を考えていたのか右のガバで必死にアンダーカチに置こうとして、馬鹿テンション。もう〜あほ過ぎてやってられない。頭の悪さに自己嫌悪。


         これでもピンク十字よりはるかに難しい

       本番の「つなみ」紺バー12・Bデビューに味噌を付けた。アラカンさんのビレイで初トライ。しかし、ピンク十字緑十字の間のグレードとはいささか違うような感じで、緑十字よりは持てるけれど、それより遥かに易しいと言う事はなく、中盤のハリボテで万事休すだった。

       緑十字よろしくこれまたハングに到達できず、デビュー戦はKOされてしまった。1グレード落としたとか言っていたが、本日の感触からは両手以内でRPすることなど不可能とも思える内容です。まぁ、取りあえず新しい畳に替えた訳で、登りきるまで頑張るしかないか。

      やっぱり緑十字は厳しい

      0
          1週間振りのP2のジムトレで久し振りの緑十字のトライは散々でした。このルートかなりのクラマーからも評判が悪く、ピンク十字12・Bとのグレード差が大きいと言う事で、「つなみ」の右のラインに新しく紺バーの12・Bが新設された。易し目のピンク十字、辛めの緑十字の間のルートだそうな。


               今日のP2 結構混んでいた

         天気予報は夕方雨だったが、もう2時頃には大雨が降ってきて気温も低い。にもかかわらずルートエリアは何だか蒸し暑い。1便登ると汗が湧いて出る。いつものようにストレッチ、ボルダーの儀式を済ませてトップロープで4便アップする。

         「S・W」に11・Aのピンクバーのニュールートが出来たので登ってみた。ハングを越えたWピンチホールドの最初が遠く、小柄な女性には悪いと思う。ギリギリで摘まんで手繰ってやっとの思いで保持した。この1箇所だけなんですが内容的には良いルートでしょうか?


              本日RPしたO田さんの登り(画像は6月16日の撮影)

         「タワー」の白口11・Aをリピートしていろいろ迷った挙句、浮気せずに緑十字をトライする。O田さんが本日見事にRPしたと聞いて勇気をもらう。堅い握手をして少しでも掌からパワーをもらってトライしたが、先週より1手進んだだけで、相変わらずハングしたのトラバースのセクションが出来ません。

         待ち人も居るのであまり時間もかけられず、ハングを越えずにロアーダウン。いつもとほとんど変わらないトライが続いています。限界のいや限界以上のルートでは登る前も、降りて来ても出てくる言葉は愚痴ばかりで、どうもメンタル面でも良くなさそうだ。

         アラカンさんに「浮気はしない、ムーブを作るまで頑張る!」と宣言したものの、本日2便目のトライがあまりにも不甲斐ないものだったので、前言を翻して暫くは封印しようかなと考えている。ガメラさんからも、「紺バーやってみれば」のアドバイスもあり、来週からは方針転換する事に決めた。

         少し紺バー12・Bにチャレンジして、「つなみ」の12台を登りこみ、また緑十字にトライできるような条件が整ったら頑張ってみる事にしよう。

        金トレ「つなみ」緑十12・C停滞

        0
            梅雨らしい鬱蒼とした鈍色の空を眺めながら、今日もP2のジムトレに出向く。何の変わりもないいつもの東所沢までの道程。空気圧を調整した自転車の車輪は、地面をストレートに跳ね返しサドルに振動が微妙に伝わる。

           駅前広場の駐輪禁止のエリアは、つい先ほどの時間に放置自転車が(10:50分とあった)撤収されていて、多分夕方まではセーフでしょう。いつもより後方の車両に乗って中野島まで。駅で水曜日に今日は荻パンかなと言っていたN峰さんと遭遇。

           ジム内は空調が利いて涼しい。先着はH谷さん、S水さん。いつもより出足も鈍く今日は空いている。ジムトレが続いているのでメリハリを付けたいが、「つなみ」緑十のムーブが一向に改善されずに手詰まり状態です。下部のどのパートをとっても目一杯の力が要求され、ハング下のトラバースするあたりで持久力がなくなる。

           要は保持力の問題なのか、保持する形の問題なのか?難しい所だ。「何度もトライすれば、その内自動化できるよ」とF山さんの含蓄のあるお言葉。本日は4便アップし、H谷さんの卒論課題の「一反木綿」黄色十11・Aを登って、H松ニュールートの最後の課題「100度」の黒口11・Bにトライした。


           2度ほどN峰さんのビレイをしているのでOSトライではなかったが、ホールドの形から想像して、このルートが一番難しいと思っていた通り、最後の終了点取りで失敗して13連勝は成らなかった。右足のフットホールドの位置をアンダーカチに置けば、左足が乗りこめて行けた様だ。

           この辺りのほんの1つのムーブがOSやフラッシングの難しさなのでしょう。小休止して緑十字に取り付く。持てないとクリップにも力がいる、1箇所ムーブを変えたので何時も詰る所は改善されたが、右端カチのデットがやはり届かない。最高到達点2手前でテンション。

           で、この先は各駅になりハングを越えたあたりで、もう上腕が張ってしまいインチキしても上に行けずロアーダウン。なかなかトップアウトすら出来ない、厳しいな〜。このままトライして行けばホントにF山さんの言うようにトップアウト出来るのだろうか?暗澹たる気持ちだ。

           もう1便出すつもりだったが、モチが萎えて終了した。気持ちかな〜。 

          P2部活頑張った

          0
              毎日が日曜日の生活が4カ月目に入った。朝、目が覚めても仕事がない!電車に乗らなくとも良い。あ〜だこ〜だ仕事のシュミレーションをしなくとも良い、こんな幸せな日々が現実にやってくるとは、まるで夢の様だ。

             しかし、その代償に日々家の中にいてその挙動を注意深く伺っているものがいる、山の神だ。「毎日が日曜日なんでしょう?やる事がある筈です!」と締め切った個室のドア越しにその声は聞こえる。取りあえずは聴かないふりをして、トボケて耳をすましてご機嫌を伺う1日1回の儀式だ。

             本日は連チャンでP2の水曜定例部活。H松スクールはお休みと言う事ですが、それぞれ部員の皆様、卒業論文の締め切り日が迫っていて焦っている。たかがクライミングスクール、されどクライミングスクール、ちゃんと卒論は書いて単位は習得してほしい。

             私はこの所「1Q84」の読書のせいでで昼と夜が逆転した生活が続いて、前夜ほとんど睡眠をとれず寝不足だ。今日は我慢して午前寝せずにいつものマイチャリで東所沢まで全速力。駅の階段を掛け下って発車まで後1・5秒、ギリギリ11時48分の電車に駆け込んだ。
             
             中野島駅でH谷さんと遭遇。サングラスを掛けた様装はゴットマザーだ。100均のローソンで昼食を買い込んで、12:30分にジムに到着。いつもより空いている。ユカジラスクールのクライマーは、甲府幕岩に行っていると言う情報を耳にした道理で。


                   今日のP2は空いていました

             3Fに行くとアラカンさんN峰さん等が先着。勿論道場主S木さんはすでに仁王様のようにボルダリングエリアの前に鎮座しております。新設された屋外のテラスには、2つのテーブルに主を失った椅子がそれぞれ4脚づつ並べられて、静かにクラーマーの動きを伺っている。一瞬ミスターの笑顔が浮かんだ。

             今日のジムトレの中身は「つなみ」緑十12・Cのトップアウトなのだが眠たい。睡魔が突然襲ってきたりで、計画立てた登りが出来ません。取りあえずはアップを4便出して、H谷さんの卒業論文「一反木綿」黄色十11・Aを登って卒論を手伝ったつもりだが、「全然ムーブが違う!」と言われた。


                    「タワー」の黒十字をOSする

             で、直に緑十字も芸がないので「タワー」の黒十11・Cを触ってみた、勿論OSトライ。オブザベもしっかりして取り付いた、上部の2つ並んだ縦ホールドがやや遠いのでこれが核心かなと思った。それは3Fのテラスからホールドの形をカンニングしたので、上手く行った。最後の1手が厭らしかったが、デット気味に手を出してOS。これでH松ニュールートは全勝、残るは100度の黒口11・Bのみとなった。これが一番厄介かな?

             緑十のトレーニング、A・Oさんもトライしていてムーブを参考にするが、ハング下のトラバースの左足キョンがどうにも私にはできない。これは無理か?人の迷惑顧みずで粘って最後までムーブを試してみたが、やっぱり難しい、出来ない。保持力も半端ではないし、だいいち繋がらない。


             有終の美を飾ったI田さん白口12・AをRP

             しかし、取りあえずが頑張るしかない。帰りしなI田さんが卒論の課題「つなみ」白口12・Aに本日3度目のトライ。かなり上腕もよれていてどうなんだろうと?思いきや火事場の何とかではないが、渾身の力を振り絞ってあれよあれよの終了点。お見事なRPです、降りて来て堅い握手。来週の卒業式を前に無事卒業証書をゲットです。本日は家でお祝いだとか。良い締めくくりでした。 

            P2金トレの成果は?

            0
                本格的な梅雨らしいジットリした1日でした。何時もの金トレでP2へ、夕方から雨の予報で電車で行く。S木さんや、O田さんを撮影した画像を見ていただくためにパソコンを持参、ギリギリザックに収まるが結構重たいものだ。


                      今日のP2

               常連さんは健在で道場主のS木さん、アラカンさん、N峰さん、S水さん等が先着です。本日はガメラさんにビレイしてもらってのジムトレでした。なんでも田舎に行っていたとかで、お土産に美味しいお蕎麦を戴きました。

               さて、「つなみ」の登りこみも順調に進んだ感があり、限界グレードの緑十12・Cに久し振りにトライしてみたが・・・・・・・・・。流石に久し振りでは全然話にならず、最高到達点より遥か下でテンションがかかってしまった。体がムーブを忘れている。

               水曜部活から中1日で、体調は悪くなくアップを4便出して「つなみ」白口12・Aも5度目の再登。期待感を抱きながらのトライでしたが、どっこい体が全然反応しません。このクラスのルートになるとホールドの質が全く変わって、1手1手に目いっぱいの力を使ってしまう。しかも遠いときている。

               ガメラさんに叱咤激励されて何とか下部のトラバースのムーブを練習したけれど、全く登れるイメージが湧きません。まぁ、「つなみ」では今のところ登るルートは緑十しかないので、この先どうするか悩ましい所だが、取りあえずトップアウトしない事には始まらない。

               夕方にはTさんにビレイしてもらって2便目、何とかハングを越えられたが、まだまだトップアウトには程遠いクライミングでした。 帰り際に「SW」のオレンジバー11・BにOSトライで、何とかギリギリ登れ少しはもやもやが晴れた。クールダウンして、帰るころには大雨だった。

              P2「つなみ」持久力トレーニング

              0
                  ジムトレが続く、今日は定例P2部活。P2では12・Cに向けてのトレーニングの必要性に迫られこの所「つなみ」の12台の登りこみに精を出しています。中々思う様な成果は上がっていないが、継続は力なりの諺を信じて頑張っている所存です。

                 空梅雨の本日もチャリで東所沢まで、12時24分の電車に乗って出席。いつもより1時間遅れのジム入り、H松スクールもあるので、早出してもビレイヤーがいない可能性が。案の定中野島の駅でH谷さん、I田さんとばったり。水パンの部活は健在です。

                 さていつもの儀式でストレッチに1時間、ボルダーをやって昼食とって、アップを始めたのはおよそ3時過ぎ、N峰さんにビレイして貰って「奥壁」のオレンジバー10・Aピンクバー10・B・ピンク口10・B、「一反木綿」白バー10・Aを登って、「奥壁」白十11・Aにトライしたがこれが意外に悪く、ギリギリのRpだった。


                 H松店長、「一反木綿」黄十11・Aのデモ

                 H松スクールも残すところ僅か、それぞれの課題を登っています。スクール生の奮闘を横目で見ながら5時頃から持久力トレーニング開始です。12台の「つなみ」のルートを本日は15分から20分の間隔での登りこみ。

                 白口12・A、ピンク十12・B、また白口12・Aを続けて3便登る計画。テンションを掛けずに兎に角チョンボしても終了点まで登り切る事が狙い。白口はこれまでO××××O××で2勝6敗、ピンクに至っては1勝11敗。まぁ、そんなことどうでもいいのですが、楽しく登りたい。

                 しかし今日は何が起こったのか目的の3本が全てクリアできて、奇跡の再登です。自分のクライミングの歴史でもジムで1日に12台が3便も登った事は記憶にありません。ピンク十12・Bも登れるとは思わず、ロアーダウンして自分でも「びっくりしたな〜」と言ったらH谷さんに受けていた。しかし快挙は続く、白口も本日2回目の完登、何かが狂ってしまったかのような3連勝です。

                 まぁ、かなり「つなみ」の持久力が付いて来たのかな〜と言う実感はありますが、それにしても出来過ぎの感は否めない。ただし緑十12・Cを登るには、まだまだ足らないところが一杯あって満足している場合では無い。12・Bから12・Cまでの距離は思った以上に遥かに遠いからね。

                金(曜日)トレ

                0
                    まるで梅雨が明けた様な好天が続いている。この所恒例となった金曜トレーニングは夜の部まで頑張って登りこみました。H松氏のニュールートが気になってしまい、本日もそれに翻弄されたジムトレでした。

                   先週に引き続きT田さんの夜トレのお付き合い、遅めの2時半頃出勤です。H谷さん、W辺さんが先着で、N峰さんもいらして今週は火・水・金とも全く同じジムライフ。いつもより空いているルートエリア、入念にストレッチして4時近くから登り始めた。


                    「ギャラリー」を登るH谷さん

                   今週設定された新しいルートは13本程あるらしく、水曜日は10台を中心に登ったが、まだまだ気が付かないところに10台もあって、まずそれを登ってみた。アップの中に何本か取り入れたが、「100度」赤バー10・A、「一反木綿」紺十10・Cとも癖が無く登りやすい。

                   「つなみ」の登りこみは白口、ピンク十、白口とトライしたがいずれも再登出来ず、流石に12台を続けて登れるほど甘くななかった。白口は8便出して2回ピンクは12回で1回の完登、トレーニングとは言えテンション無しでRPしたいものである。


                   さてニュールートは「タワー」の白口11・Aにトライした。取り付きと最終面が難しかったが、リップのガバを取る時の足位置が微妙で力を使った。終了点取りもガバにヒールで何とか届いてOSでしたが、上腕がよれていると厳しい感じがした。

                   ニュールートはこれで残すところあと3便、いずれも11台だがかなり難しそうである。OSするには心して掛からねばならない。人工壁とは言えOSトライは1度きり、しっかりオブザベして条件の良い時にトライしたい。

                  「つなみ」12台3便トレ

                  0
                      昨日のP1に引き続き連チャンでP2部活です。昨日は負荷のかからないトライだったので連チャンでも体調は良いようだ。本日も梅雨の晴れ間、外岩にでも行きたいな〜と思っていても、パートナーが不在でままならない。山にでも登ろうかとも思ったが計画書とか面倒くさくなって結局ジムに足が向いてしまった。


                                          今日のP2です、結構混んでいました

                     H松氏が中国から御帰還してスクールが再開、後本日を含めて3回とか、随分長いスクールですね〜。この所お休みの生徒も多く本日に至っては3人しかいませんでしたが、それを小耳にはさんだKガイドさん?「3人も居たら充分です、私の場合3人が定員です」(笑い)と横で言っていた・・・・・・。

                     今日は持久力トレーニングの一環で「つなみ」の12台を3便登る事が目的です。次元の違う12・Cの為のトレーニングの一環ではありますが、取りあえずは1日で12台を3便登る事で、「つなみ」の壁の持久力アップを図るという計画。その内便数も増やし連続してトライできるようになれば良いが。

                     ニュールートが出来たのでそれを中心にアップした。「ギャラリー」の緑口5・7を始めオレンジ口10・B、「SW」の赤口10・A「奥壁」のピンクバー10・B、そして「一反木綿」の白口10・Cまでトータル6便登った。どれも登りやすく良いルートです。


                    「つなみ」緑バー12・Aを登るN川さん

                     スクールが開始されTさんにビレイしてもらって、「つなみ」のトレーニング開始。まず白口から始める、ここまで4連敗だったが今日は最初の1便で何とか再登出来た。それでもOSした時のムーブからは程遠い動きで、まだまだ登りに改善の余地がありそうです。

                     少し間をおいて2便目。多少上腕は張っているけれど、この便の方が上手く登れている、それでもハング下のトラバースはまだぎこちない。上手くレストも入れられて、いい感じで最終面に行ったがクリップを忘れて、縦ピンチのホールドでクリップを余儀なくされフォールしてしまった。

                     もう1便白口をとも思ったがあまり芸が無いのでピンク十12・Bに変更した。しかしこちらの方がリズムも動きも良く何とハングを越えて最終面後3手位まで行けた。1グレード上なのだがこちらの方が断然登りやすい、終了点の1手だけが遠い程度で、トレーニングにはこちらの方が良いかもしれない。

                     最後に「一反木綿」の新ルート黄色十11・Aをトライ、ハリボテの処理を間違ってあわやテンションかと思ったが、何とかカチを持ち替えて核心を突破して事なきを得た。クールダウンして本日終了、良いトレーニングになった、もう少し頑張って緑十12・Cに挑戦したい。

                    P2「つなみ」白口3便

                    0

                       水曜日の部活に行けなかったので先週の金曜日から丸々1週間空いてしまったジムトレです。朝からの雨で自転車通勤どうしようか迷ったが、午後からは晴れると言う予報だったので、小雨の中を強行した。本日はT田さんのお付き合いで、夜の部もあり映画を1本見て東所沢から電車で行く。


                              今日のP2、午後は空いていたが夜は結構混んでいた

                       2時頃にジムに着く、すでに金曜の妻たちH谷さん、S水さんが登っていた。そして、H谷さんから信じられない訃報を聞く。ミスターの愛称で明るく元気なキャラクターで知られている浜パンの店長伊藤達也君が交通事故で亡くなったと言う知らせだ。

                       P1時代からお茶目で明るい人柄はジムのクライマーに愛されていました。偶然なのか先週の金曜日にP2でお会いした時に、「久しぶりです〜」と言って握手した事が思い出され、あれは今生のお別れの挨拶だったのかと、H谷さんと話したところです。28歳という若い命が惜しまれます、合掌。

                       さて気を取り直してクライミング。何せ1週間ぶりでコンディションが良く判らないので、とにかく体を動かす事にしてジムの中を駆け巡った?「ギャラリー」のエリアからトラバースして、アップを4便登り、「つなみ」右の白バー10・Dを登った。

                       で本日は、水曜部活でやろうと思った持久力トレーニングの一環、「つなみ」白口12・Aを3便登るメニュー。前回OS後2度目のトライはボロボロの状態で目を疑ったが、本日の1便目も全く同じ感じでほぼボロボロ、OSを目撃したY江さんから「どうしちゃったのかしらね〜」とか言われる始末。

                       「あれは無かった事にしてください」と意味の判らない弁解。しかしそんなに難しくも感ぜず、上腕も張らなかったルートなのに再登便の2便は厳しく感じている。これは何だろうか?皆さんの話を聞くと力みもなくスルスルと登ったと言うが・・・・・・・・。何だか自分の事なのに説明出来ない。

                       しかし、この後の2便はリズムも良くなって後2手までのところまで行く事が出来た。何とか形にはなってきたようだ。やはり便数を重ねると自動化が進むらしい。同じく白口にトライしているTさんのビレイをしているとT田さんが登場。本日は9時過ぎまで、久し振りに「つなみ」を3便登った。


                      緑十字もう1歩前進

                      0
                          梅雨の晴れ間、この季節は当然雨の多い天気に翻弄されて、外岩の条件としては見込みが無いシーズン。したがってクライマーによってはすっかり外岩を諦め、シーズンオフにしてひたすら秋に向けジムでパワーアップで登りこみに徹する事も多いようです。

                         私は外岩との比重がフィフティーフィフティなので、シーズンオフと言う事もなくジムでも課題を見つけて登りこむ日々であります。外岩の最高グレードもジムでも大体同じくらいなので、バランスは取れているのだと思います。

                         OSグレードも外岩では11・C、人口壁でも11・C/D。つい最近甘いグレードの12・Aが登れたのでやや人口壁が上回っていると言うところでしょうか。しかし今日はその甘い「つなみ」の白口12・Aを2回目のトライでボロボロで本当にOSしたのかしら?と思う程登れませんでした。

                         大方予想された事でしたが、易し目とは言いつつされど12・Aと言う事なのですね〜。再びRP出来る自信は?です。何かが完全に嵌って、体調が1年で一番良く、しかも無心で全くリラックスし、集中力が研ぎ澄まされたトライだった時の快挙なのでしょう。本日2回目のトライでそれを感じました。


                                      きょうのP2、「つなみ」の終了点から

                         今週は週2で、今日の後は来週の水曜日まで4日空いてしまう。しっかり登っておこうと思い、アップも10・Aまで4便と「つなみ」白バー10・Dと赤バー11・Cにトライしたが、またしても赤バーは登れなかった。よっぽど11・Cにしては難しいのかもしれない。中盤からのムーブの内容が濃い。

                         さて緑十字12・Cのチャレンジ、赤バーでパワー使ったからどうなのかな?と思いつつ取り付いた。7・8手目のカチのマッチホールドのポケットにチョークが溜まっている、下部の唯一つのレストポイントなので気になった。しかし11手目のからの右手はいつもよりすんなり行けた。


                                  ハングを越えた辺りから厳しくなる

                         最初の核心の18手目も前回に続いてゲット。そして左足アウトサイドでトラバースの左の1手が取れてテンション、だがまた1歩進んだ。亀の様な歩みだが取りあえずはほんの少しづつ進歩している。流石に限界グレードはこんなもんでしょう。終了点まで38手、この調子だと1手1手進むと仮定して、あと19便は掛かる予定だが、そんな回数でRP出来る感触は無い。


                                         緑十字O田さんのトライ

                         同じようにチャレンジしているO田さんはムーブもほとんど出来あがり、後は持久力だけと言うパフォーマンスを見せてくれました。多分2テン位で抜けられたので、RPもすぐの様な感じです。その後も12・Aの白口と緑バーを続けて登る辺り、持久力トレーニングも忘れません。私も見習って白口を触った訳なんです。

                         で、緑十字RP計画。暫く緑十字は適当にして、「つなみ」のピンク十字と白口を少し登りこんで、持久力を付けるトレーニングです。1日このルートを最低3便は登れるようにする。どうだろうか?まぁもっともその他にもスローパー系のボルダーも当然やる。要は弱い所を強化しないと登れないと言う事です。後は計画通りに自分を律していけるかどうかだ?う〜ん、それが問題かも知れない。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM