スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    天王岩

    0
        足を怪我して1週間たって、思いのほか回復が良く、武蔵五日市の天王岩に行ってきました。北向きの岩場で暑い夏でも登れる岩場と云うことで、中々人気のエリアで今日は10パーティーほどのクライマーが来ていました。


       メンバーはT田さん、O方さんの3人組。車がないので、武蔵五日市からどこかの旅館の送迎のよう小型のバスで向かう。こんなくそ暑い郊外の岩場にクライマーなどいるものか?との思惑がはずれ、既に2・3のパーティーが先着です。


       
       早速クラックジョイ5・9と蜃気楼10・B/C、をアップで登る。何の問題もなくOSですが、O方さんどうやら体調が不調のようで、汗びっしょりです。今回の目標は11クラスのOSですが、数年前に来た時登れなかった、「始祖鳥」11・Aも気になります。



                  「クラックジョイ」5・9をアップで登るT田さん


       T田さん課題の「どろぼうカササギ」11・Aが本日の人気ルートで、T田さんのトライの後フラッシング、ガストンのホールが甘く厳しいルートですが、細かいカチを使って何とか登ることが出来ましたが11・Aにしては中々のルートです。


       その後「8月革命」11・B、看板ルート「ニルバーナー」11・Bにチャレンジしましたが、「8月・・」は歯が立たず、「ニル・・・」はワンテンでした、特に「ニル・・」は気合不足でオンサイトトライを逃し、惜しいことをしました。次には登れるような気がします。



         「ニルバーナー」の核心部で敢え無くテンション

       

      青葉の岩場

      0
           青葉1日目    

         福島の青葉の岩場に行ってきました。メンバーはK合夫妻、O方さんの4人です。車の混雑を考え、未明に出発。常磐道は空いていて3時間ほどで現地に到着。テントサイトを下見して岩場へ。

         青葉の岩場は砂岩ですが、日当たりも良く下地も平ら、壁の高さはないものの見晴らしも良くいいところだと思うのですが・・・・・。この日も快晴で暖かくクライミング日和です。


        広場のエリア


         南のエリア2


         南のエリア1

         早速我々は日当たりによい南のエリア2で登ります、アップに易しめの「ハマチ」5・9を登る、しかし初めての岩場、このグレードでも難しく感じます。いや〜怖ったらありゃしない、ビビりまくりのオンサイト先が思い知らされる。

         10台を何本か登り「垂壁の逆襲11・C」に取り付くものの、核心のムーブが判らず敗退です。然も3本目のクリップが悪く冷や汗もの、ハングドックして何回かやっているうちに何となくムーブは判ったけれど、右手の遠いアンダーに耐えられません。



         午後になって日陰になるとこのエリアは風も出て寒くなります。なんだかんだで8ルート登り終了。帰りに町の温泉(210円)に浸かり、スーパーで買い出し。安く美味しそうなのでついつい多めに買ってしまい、体重増が気に成ります。

           青葉2日目

         昨日のお酒が少し残っているかな?朝方羽毛の寝袋でも寒く冷え込んで4時頃には目が覚めました。まぁ〜熟睡しているので体調は良いかな、体重は昨日の温泉での計測が55kgもあったのにはびっくり仰天。う〜むかなりヤバイぞ!

         今日も快晴連日のクライミング日和です。軽く食事して出発。アプローチは駐車場から約15分ほど明るい登り坂を快調に歩を進めます、K合さん竹林が気になり空きあらば筍をゲットしようと画策しています。

         さて本日の課題はその名も「バラ色のエアメール」11・Bです。なんとも素晴らしい響きであります。さっそくアップで「菊のてんぷら」5・9+を登るがどうも登りにくい、2本目は「サイドポケット」10・C、1手目が核心遠くて離陸できず、まさかの敗退。

         気を取り直して「バラ色のエアメール」にオンサイトトライ、オブザベは充分したつもり、手順を確認してスタート。下部のガバは快適、レイバックも決まりガバのポケットからのガストンへと思ったつもりが、ポケットが甘くガストンホールドが取れません。




         オンサイトならず、テンションでムーブを探るが中々難しい、何度かやっているうちに左足をカンテ側にスメアすると体が中に入り、カチのガストンが利くようになって解決しました。出来てみれば簡単なのですが、しかし自然の岩場のオンサイトは難しいですね?


        休憩中エリア2でロクスノでお馴染みのS川さんグループのクライミングを見学。昨日苦労した「垂壁の逆襲」を難なく完登、全く見事なものです。若い力に圧倒されてしまいました。


         再びエアメールにトライ、既に私が見学に行っている間に、K合さんRPに成功。2便目多少腕が張っているけれど1回登ってだけあって、ムーブは決まっていく、核心の箇所も気持ちよく越えられた。終了点もしっかりとマントルを反してRPであります。

         帰りしな広場のエリアで「ゴリラ」10・Bと「シェイクダウン」11・Bを触るが、ゴリラは直上できず、11・Bは既に腕が出来上がっていて核心が越えられませんでした。青葉の岩場恐るべし。

            今回登ったルート

          はまち        5・9   ★      OS
          菊のてんぷらレフト  5.9+         OS
          菊のてんぷらライト  5.9+         OS
          春らんまん      5.9   ★      OS
          チープスリル    10.C          OS
          カブトガニ・レフト 10.D   ★★     OS
          シーラカンス    10・D   ★      OS
          両手にヘビ      5.9+         OS
          垂壁の逆襲     11・C          ×
          サイドポケット   10・C          ×
          ばら色のエアメール 11・B   ★★★    RP×2
          ゴリラ       10・B   ★      OS?
          シェイクダウン   11.B   ★★★    ×

        恐竜王国(中里の岩場)

        0
           連休で群馬の中里の岩場に行ってきましたよ。天気も上々石灰岩のクライミングを味わってきました。
                 囚われの身と成っていた昇竜



               1日目

           K合さんの車で2時間ほど目的の中里の岩場にと思いきや、あらら、理事長岩のアプローチが林道破壊(こないだの台風)で、入って間もなく行き止まり。急遽k木古里岩に変更です。 急登を10分ほど上がると綺麗な石灰岩の岩場が現れた。木古里岩の1階、結構被っていて「ここは厳しい」と云うことで2階のエリアへ。


           2階は明るくて気持ちにいい岩場だ、早速アップでハンマーヘッド10.Cをオンサイトしたが、3ピン目の上が意外と悪い。2本目植木鉢10・Dは気合が入らず1テン。3本目今日の目標の恐竜王国11・Bに挑戦、3ピン目までが核心、右にトラバースして甘いカンテのホールドに耐えると、後は素敵なガバホールドに導かれオンサイトです。




            さらに勢いで貯金箱11・Aを落とそうと取り付くが、アンダーからのデッドが厳しく敢え無くテンション、K合さんのTウォールのお友達のU海さんも、やはりリーチに泣きました。ワンムーブなのですがRPも難しそうです。 初日はこれにて終了、K澤さんご推薦上野村の河原のテント場でリッチな夕食を戴きました。

              2日目
           本日は昨日断念した理事長岩へ、林道の崩壊でアプローチを結構歩く。30分くらい歩いたか?林越しに石灰岩が現れた。チョット暗い感じがする、本日の課題の復活右11.Cはやや染み出しているようです、それより復活左11・Aの上部のあの茶色の丸いのは何だ・・・・・・。



           そうですこれはスズメバチの巣です、然もあたりを「人様には触れさせん」とばかりにぶんぶん飛んでいます、アチャ〜これはあきまへん、完璧アウト。多分今シーズンは無理でしょう。
           と云うことで左のエリアへ移動し、無名のルートを登る、10・Aを2本、11・B、11.B/Cをそれぞれオンサイト、左のエリアに移動してWith10・Aを登りWizard10.Dは1手目で嵌ってしまいました。


           午後になって隣の天狗岩へ移動、歩くこと7・8分ぐらい。切り立った崖のような所にあるので、足場が極めて悪い。昼食後うっちゃり11.Aにトライ、核心部のムーブを見つけられずに、オンサイト失敗。

           今日はこれで8ルート目、かなり疲れもあったので、もういいかなと思ったのですが「そんなに何度もこれないのだから、もう1回やってみれば」の励ましで、小休止した後再チャレンジ。核心のアンダーからのカチに耐えて、なんとかRP。一つ記録が残りました。


           


          PR

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << August 2020 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          recent trackback

          recommend

          links

          profile

          書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM