5・10カップシュミレーション(最終調整)

0
     いよいよ3日後に迫った5.10カップのトレーニングも最終版、当日の予測を立て実践です。まず予選ルート1課題、12.Aくらいのルートを登る、Tさんに時計を計ってもらいながらオンサイトトライも、ハングの乗っ越しでフォールする、制限時間5分を意識しすぎてレストしなったの為か?後1分半もあったというのに・・・・・・。


     得意系のルートでこの様じゃ厳しいか?自分の順番は12番目と遅い、ボルダリングまでそんなに余裕はない。15分程空けて3Fへ、45分で10課題これもかなりハードルが高いぞ、取り敢えず5級から始めたが、4課題目から3級を入れたとたんに完登出来<ず、トライ数の割合には効率が悪くなり登れない。結局8課題こなすのが限界で45分が過ぎた。と成るとやはり頭を使って出来なのはパスかな?その辺の見極めが大事です。

     今回はルート2本で得点の割合が大きいので、ボルダーは効率よく登らないといけない。遅い昼食を入れて、再びルート12.Bのピンクスケルトンをやってみるが、中盤が悪くフォールして、お終い。(それをみていたS・Y加さんも落ちた1手が悪いと云ってました)今日のパターンだとこれは確実に予選落ちだぞ!


     周りの人に本番まであまりやらない方が良いよ、と言われたものの登り足りないので、緑□11・Cをオンサイト、オレンジバー12・Aをワンテンで抜けクライミング終了。
    まあ参加を決めてからあまり時間がなかったけれど、そこそこのトレーニングは出来たかな、後は2日間ゆっくりと休養して体調を万全にするだけです。

     「つなみ」赤バーの核心部へ



     

    5・10カップエントリー表

    0
       今日5・10カップの要綱とエントリー表がメールで届く。これをプリントアウトして当日受付をする様ですが、ミドルBの参加者をみてびっくり、15人のエントリーで、最高グレードが12.Cとか12.Aまでがごろごろ、えーミドル・Bって11.Cまでじゃなかったのと云うくらいのメンバーです。然もボルダーのグレイドに至っては、初段とか云う兵までいますよ。その他1級2級が山ほど、私のような4級とか云っているのは、何だか場違いのような気がします。


       5.10カップ開催要項
       まあでも、あくまでもこれはクライミングのお祭りと云うことで、楽しむことにしよう。然も今年は嬉しいことに、予選のルートが2本。フラッシングではあるものの、コンペのルートを2本登れることは嬉しいじゃありませんか?それだけでも得した気分です。
       決勝進出が3〜5人と云うのは狙いをここに定めた人にとっては、ちと厳しい気もしますが、これは勝負の世界頑張れよ!と云うしかないよね。

       5・10カップは競技に至っては、どうでしょうか?レベルも相当高いし、もう草コンペ(素人が参加出来るという意味では)の域を超えているのではないでしょうか?
       コンペ当日まであと僅か、コンディションを整えるのも難しい。せめてお酒だけは慎もうと思うのですが・・・・・・。

      5・10カップトレ・ボルダリング

      0
         久振りに朝の体重が52キロを割りました。パンプ2に行く前のモチベーションとしては最高の状態です。まぁ体重が減れば良いと云うものでもないけれど、結構嬉しいものです。しかし頭の中身は最低、9時にパンプ2に着いたのはいいが、行ってみたらナナ何んと入り口が閉まっているのではないか?ああやっぱし10時開店だった。
         鬼コーチの指令を守りやってきたが、ウム〜幸先悪し。 仕方なく裏へ回ってベンチで待つこと約1時間、無駄な時間を過ごす。いす  

         
         1番乗り流石に誰もいない
         本日の予定は満遍なく壁をトレースし、ボルダリングをマジにやる。でもやり過ぎて怪我には要注意です、何分先がないのだから。 ご近所にお住まいのO&Mさんに[お待ちしています」の電話をする。アップの後は主に「つなみ」を登りこむ。


         午後からは激混み状態に、特に「つなみ」は5.6人待ち、途中から順番待ちを知らないジュニアの子に割り込まれ怒り心頭、説明するものの不満顔。ここはまあ大人の対応で先を譲ることにするが、「ビレイヤーの父さん黙ってないで、子供にマナーを教えて下さいよ!」と心の中で叫ぶ。怒りマーク

         若干モチに気を削がれるが、コンペお試しルート?オレンジバー12.Aにチャレンジしてみるが、核心部で手順を間違えあれこれ持ち替えているうちに、左肩に激痛が走りフォールする、無理しちゃいけないよ。暫く休んで再チャレンジするが、2テンかかってやっとこ抜けられる。ルートはここまでじゃぁ・・・・・・。


        3級の課題を3ゲキする
         さて課題のボルダリングを克服すべくOさんと3Fに、最初にスラブの赤5級をやってみる、不可能と思いながらやってるうちに、体が馴染んで完登。その後続けて4課題赤を登り、茶4級に挑戦するも2トライで撃破、頭が単純人間時には意外な力を発揮する、調子に乗って得意系カチの紺3級をやってみる、これも3ゲキ。一体どうなってんの?? 


        茶×を完登するOさん
         先週全く歯が立たなかったのに、理由が良く解らん?勢いでさあ〜クライマーの浅ましい根性発揮、緑2級に挑戦したが、柳の下になんとやらで、初手目が保持できず撃沈しました。でも何だか手ごたえを感じます。ボルダリングも一緒にやると楽しい、何だか目覚めそうです。ボルダラーSさんが聞いたら喜びそうなコメントですね。聞き耳を立てる

         
         クライミングの後Oさんとはいつもの定番、とっても筋肉に良い??飲み屋さんで○○に乾杯!クライマーの掟を破ってしまったか。

         


        パンプ2「つなみ」リニューアル

        0
           仕事を早々に切り上げてパン2へ。先週から「つなみ」の壁が新しくなりました。多分ファイブテンカップを見越してのことだと思います。すでに先日の有笠の仲間達Tさん、Oさん、Iさん、HさんとY介君の親子、全員集合です。皆さんお昼からの出勤で終了前、結構登っている様子。
           
             つなみ  白□10・DをオンサイトしたTさん

           私はストレッチが人よりも何倍も長いので、ペースが合いません。時間がないのでアップも少なめで、「つなみ」の新しいルートにチャレンジしました。赤⇒11.B、とパンプの社長N籐さん曰く「お買い損」?の黒□11.Cをオンサイト。先週の黄色スケルトン11.D/12Aを含め3連続オンサイトです。少しグレイドが甘いのかもしれない、実力的に12.Aなんてオンサイト出来るはずがないのだから・・・・・。

           今日はルートは4便で終わり、ファイブテンカップの為に少しボルダーをやりました。いまさらこんな付け焼刃では話になりませんが、まあ少しくらいは触ってみないとね。でも全然登れない、5級が一杯一杯、4級なんてまるで雲を掴むようで1手も先に進まない、エントリーしたもののコリャ今年も予選落ち確定だ。まあそれでもいいか、1年に1回のお祭りと思って、楽しむことにしました。


          つなみ    赤矢印11・Bをオンサイト

           


           

          11・Aで落ちる

          0
             雨上がりの中野島は、とても気持ちの良い街です。空が明るい。
             このところ水曜のパンプ2は、結構う賑っています、常連のS崎さん、Y加さんそれに久振りのT恵さんとかも来ていました。
             最近は先日のパン1のことがあり、クライミングのムーブに神経質なくらい気を使う。ルートが登れることより、どんなムーブで登ったのか?と云うことが気になります、プラトーではないにしろかなり重症。ポロリ
             入り口左のダイヤモンドエリアの白バー、11・Aにトライしてみました、結構皆さんオンサイトでは難しいと評判のH松君のルートです。                 Rieさんでも核心部はぎりぎり?。聞くところによると以前年間チャンピオンだったS崎さんもOS出来なかったという。(注・S崎さんは怪我をして左手がリハビリ中です、念のために)
             取り敢えずトライしてみる、下部はカチ系で細かいがそれ程でもない、やはり核心部が遠い、スタティックに取りに行こうとするものの届かない、意を決してデッドで取りにいく、甘いホールドに触ったが止められずテンション。ハハハ、難しいわいの〜。工具
             気を取り直してもう一度ムーブを起こす、やっとこさ止まる。
             Rieさんの言うのには「私と身長が同じ位なんだから、スタティックに取らなきゃ」とオッシャイます。今の私にはぐさりと突き刺さります、迷える子羊です。(誰が???か)
             その後12・Aを2本トライして終了、10・D歯が立ちませんでした。
             

            なたね梅雨

            0
               冷たい雨の降る日、お昼からパンプ2に行く。珍しくKさんMさんのパーティ、流石にKさんバイクではなさそうだ。そのうち続々とクライマーがやって来て「いつもの3倍は居ますね」のO&Mさん。ピピピ
               パン2の大きな課題をクリアしたので、モチベーションも足りない。普通にアップを行い、取り敢えずオンサイト狙いで、S介さん設定の黄色囲いテープをやってみたが、結構難しい、S崎さんの言「11・B位はあるよ」、私には11・C位に感じる。何とかOSしたが、流石にジムの講習会のルートでいろんな要素が含まれていて、奥の深いルートです。
               そのあとTさんのための課題ルート、茶十字12・A/Bをやってみるが全く歯が立たない、初見のため難しいのか何なのか解らないけれど、これは大変なルートです。パンチ
               触ったからにはRPを目標にするのですが、連休明けのルートの設定替えまでに果たしてのぼれるでしょうか???。

              輝かしき?12・Cのレッドポイント

              0


                 本日、パンプ2で紺十字12.CをRPいたしました。祝このルートは昨年のファイブテンカップのマスター決勝のルートです。とても嬉しいです、思わず年甲斐もなく「やった〜」と叫んでしまいました。周りの人の迷惑も顧みず、いい年をしたジッチャマが何をわめいてんのと云われ様が関係なし、嬉しいものは嬉しい素直に喜びます。楽しい

                私のクライミングノートによれば、始めて触ったのが昨年の8月、トータル13便目での快挙?なのです。まぁ途中アメリカに行ってたりとか、新居探しでP2に来られなかったりとかでブランクはありますが、苦節8ヶ月良く頑張りました。


                 今日はチョット作戦を考えました。今まで出来なかった所だけを、集中的に3回程繰り返し、ムーブを固めて行った事が成功の秘訣なのかな?1便目は後7手ほどのところでテンションが掛かったので、調子はいまいち?とか思っていたのですが、2便目は不思議なことにチョットしたレストが次のムーブの余裕を生み、今までと違った楽なムーブを使い、その余力がまた次のレストにつながるという、良い事ずくめのシークエンスが出来上がったのでしょう。不思議ふしぎ?。最後の核心部の3手前で右手をシェイクした時、何か魔法に掛かったように力が抜けていく感触が、なんともいえない。


                 で、早速この快挙を傍で見ていた店長S介さんに、「この12・Cは正真正銘の12・Cですよね!」と聞いたところ、「まぁこれはコンペのルートですからね」と、となりに居たR恵さんも、「下部は易しいし、上の5手位が難しいだけ」とおっしゃるのです。という事は・・・。でもまぁいいか、とても気持ちよく登れたんだから。12・Cに乾杯。ビール それにしても今日のパンプ2は空いていました。


                ファイブテンのルート

                0
                   2週間ぶりのパンプ2中野島に出張、いつもの水曜よりも込んでいる。今日の課題は昨年のファイブテンカッフ・マスターの決勝(だったかな〜)ルート12・Cである。
                   5月に今年のファイブテンカッフがあるため、一番被っている「つなみ」のエリアにあるこのルートも、後1ヶ月くらいしかチャレンジできない、うかうかしていられない。


                   今日の1便目、昨日のボルダリングの効果か?終了点まであと2手まで迫るものの、力尽きた。やっとこさここまで来たが、この先の2手が問題だ、フットホールドが外形していて思い切り立ちこんで行けない為左手が出ないのです。

                  作戦変えてタワーのエリア、茶バー11.D/12・Aのオンサイトに挑戦、何とかぎりぎりで登れたが、どこかで足が違うホールドにふれたようなきがするのですが・・・・。まあいいか。
                   「つなみ」に戻って2便目、パワーが残っていず5手手前でテンション、ああ情なや。
                   前途は厳しいなあ。


                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  25262728   
                  << February 2018 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  recent trackback

                  recommend

                  links

                  profile

                  書いた記事数:1305 最後に更新した日:2018/02/16

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM