スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ひたちなか海浜公園

    0
        茨城県にある海に近いひたちなか海浜公園と言うところに行ってきました。本米軍の射爆場の跡地の広大な土地に公園が作られ、季節の花や様々な施設が併設されていて、観光地としても、また地域の憩いの場としても多くの人々が訪れると言う。


          ハローインの飾りが






       今はコスモスとコキア(ほうき草)の紅葉とコスモスが満開で、そのコントラストに見とれてしまいます。首都圏から2時間くらいの行程で行かれ、駐車場も完備され、気軽に行けるのが良い。公園内の芝生でお弁当を戴き、その後は阿字ヶ浦温泉に入り、梨狩りをして帰ってきました。









           コキアが枯れるとこれになるのかな?



       バスはゆったり座れて、いい気分転換になりました。それにしてもコキアの群落が素晴らしかった。

      よねひこさんの「チュニジアの夜」演奏会

      0
          今日は楽しみにしていたよねひこさんのテナーサックスの演奏会。銀座のヤマハビルのB2階のコンサートホールでの演奏会です。時間もあったので銀座1丁目駅から久し振りの銀ブラ、時折雨がぱらつき生憎だったが、無事に開場の時間に間に合った。


         ヤマハは楽器屋さんですので、1Fのショールームでは、綺麗なお姉さんがデモでピアノを弾いていました。音楽が大好きなシュチエーションにすでに感動で心が弾みます、エレベーター脇の看板を確認して地下へと進んで、ホールに入った。


          ショールームでピアノを弾いていた

         すでにコンサートの準備は整っていて、小規模ながら音響設備が素晴らしく、これならいい音楽を鑑賞できそうです。よねひこさんもすでにスタッバッていて御挨拶、11時半から演奏が始まり、出番は9番目で、12時頃だと言う。デジカメとビデオの準備もしっかりして、最初の演技者の演奏を聴いた。


                  素晴らしい音響設備の舞台

         多くのアマチアのために設けられた演奏会、最初の人は緊張のあまりサックスの音が出ないアクシデントもあって見ている方がハラハラ、この辺りがプロの演奏会と違って、思わず「頑張って!」と声を掛けたくなるような場面、でも初々しいその一生懸命さが好きですね〜。皆さん必死に頑張って演奏していました。

         さて、30分ほど遅れてよねひこさんのサックスの演奏が始まりました。お題は「A Night in Tunisia」(チュニジアの夜)と言う、元々は1942年トランペット奏者のD・ガレスピーが作曲した曲です。その後歌詞も付けられ歌曲にもなって、ジャズシンガーにもよく歌われている名曲です。

         さっそうと登場したよねひこさんが紹介され、この曲を選んだ訳も聞かされ思わず感心した。ピアノ、ベース、そしてドラムに合わせて、黒人のチュニジアに想い寄せるサックスの旋律が奏でられる。いや〜素晴らしい演奏で、今までの演奏者の中でも出色の演奏で感動しました。


                     「チュニジアの夜」を演奏するよねひこさん

         よねひこさんも結構ノリノリで、間奏の間のアクションもバッチシ決まっていて余裕すら感じました。最後のパートも澱みなくしっかり音が出ていて、殆ど完璧な演奏でした。ブラボー。実はビデオ撮影は良いがカメラの撮影はダメですと言われていたが、こっそり1枚撮ってしまいました。記念だものね。

         今日は午前の部だけの鑑賞でしたが、アマチアといえども、生の演奏はそれなりに心に訴えてくるものがあり、ミスしようがその一生懸命さに心を打たれました。そしてよねひこさんの熟練されたサックスの音色は素晴らしいものでした。もっともっと聞きたいと思いながら、P1に向かいましたが・・・・。

         案の定今日のジムトレは全く成果がなかった。それにしてもクライマーよねひこさんの底知れぬ才能には驚かされました。クライミング同様、サックスでも地道な努力があるのでしょうね〜。素晴らしい。

        ブログ1000回更新

        0
            2007年にブログを開設してから一昨日で、更新が1000回を越えた。熱しやすく冷めやすい性格なのによくここまで続けてきたものだと、我ながら感心する。最近はネタ切れすると、写真とかをアップするので、1000回とは言え中身的には怪しいのもある。

           勿論きっかけとなったのはクライマーのブログを見てからだったが、直接的にはアメリカでクライミングして、何かを残したいと言う気持ちからだった。もう5・6年も経つのだから記憶も定かではないけれど、その内ノートに記していた事をまとめて、更新しようかな?とも考えているが・・・・・・・。

           いずれにしても、中身もなく面白みもないけれど、これからも拙い文章で気まぐれに更新したい。


                2006年 9月アメリカ・レッドリバーの「ロードサイド」エリアで登る

          用賀から砧公園

          0
              大学のOB会の打ち合わせで世田谷区の砧公園に行ってきました。用賀の駅に12時に待ち合わせ、テクテク徒歩で瓦の散歩道をゆっくり歩く。その瓦の道は砧公園への道標のように続いて、百人一首が刻まれていて、風情がある散歩道。




             午前中まで雨に祟られ野外で打ち合わせもどうかと思ったが、実行委員長の一声で予定通り公園まで行く事に。流石にこの時期雨が降ると肌寒い、傘を差しながら瓦道を辿り環状8号線を越えて公園の入り口に。


             公園内は緑豊か、多分お天気が良いともっと人出が多いのだろうが、閑散としている。ここは森の豊かな公園で、大木が至る所に鎮座していて、空を遮っているが、いつの間にか青空も見えてきて、東屋の中では家族連れも先着していて、ピクニック気分で楽しんでいる。


             この東屋で昼食兼打ち合わせ兼飲み会の始まり。あらかた中身は決まっていて名簿の追加等を確認して、あっさりと会議は終わった。後は緑豊かな公園でアウトドアライフ、場所を移動してブルーシートのもとで痛飲してお開きとなった。



                    秋の気配が漂っている

            台風17号来襲

            0
                午後4時頃までは良い天気だったのが一転して風雨が強まり、台風17号の直撃だ。何処にも出られずにブラブラした1日だった。明朝までアトランタのWCをライブで見ていたので、10時頃まで寝てしまった。



               日本からはA間君とY佳さんがエントリー、詳しい結果は判らないが、2人とも準決勝には進んだ様だ。 また、今夜も準決勝・決勝で寝不足か?これからアジアシリーズを迎え、いい成績で日本開催のWCに弾みをつけてもらいたいものだ。

               午後からは野外の激しい雨音と共に、ユーチューブの懐メロの音楽を聴いた。昭和の曲で「夜来香」、とか「港が見える丘」、「夢であいましょう」などなど。懐かしい曲ばかり、とくに平野愛子の「港が見える丘」は私が生まれた年の歌。多分歌好きな母が歌っていたのを子守歌代わりに聞いていたのでしょうか。



               日本の古い歌でもいい曲がいっぱいある事を再確認しました。明日は山の会の紅葉ハイキングの下見だったが台風の影響で中止となった。雨には勝てない。

              携帯故障

              0
                  携帯電話が故障してしまった。昨日の沢登りでいい加減にパッキングしたせいだ。水に濡れて、ディスプレイが不調、画面が全然表示されない、困ったなあ〜。メールは結構届いているの判るが、所詮ディスプレイが表示されない限り、誰からかも判らない。明日ドコモに行って対策を考えよう。



                   どうなっちまったんだろう?困った困った

                姫木平へ

                0
                    本日は快晴です、寝付かれない夜を過ごし寝不足。早速トラップを回収に駒ヶ根方面に行く、レンタカーのナビにも慣れて行き先に心配はない。南アルプスを伊那谷から眺めると、全く別の山並みに見えて面白い。


                   ナビにしたがって天竜川に到着。トラップには期待通りのオサムシがかかっていた。この地方にしか生息していないコマガネオサムシとテンリュウオサムシ?の2種をゲット、目標の2種とキタアオオサムシまで、満足度120%と言うところか。

                   キャンプ場に戻り撤収開始。テントなどを乾かして車に詰めて伊那谷を後にした。今日は下道を通って毎度お世話になっている姫木平のペンション「木の実」に行きます。


                   伊那市を通り権兵衛街道から杖突街道に出ると、高遠の街に出た。高遠の街並みは古き時代の面影を残し高台に高遠城の城跡が残っている。戦国の世、長篠の戦いで徳川・織田軍によって滅ぼされた武田の家臣仁科盛信が、多くの背信の出るなか武田勝頼に忠誠を誓い最後まで戦った武将の居城であった事で知られている。


                   長閑な山道を辿り杖突峠に出ると諏訪盆地が眼前に広がる。茶店の駐車場で一休みして、諏訪湖から背後に聳える八が岳を展望する。やや雲がかかっていたが中々雄大だ。


                   ナビに従って白樺湖を右に見て姫木平のペンション村に到着。静かで高原の雰囲気のあるとても癒されるお宿です。とくにお料理は美味しく、幸せを感じさせるおもてなしです。2日間のアウトドアライフから一転してペンションライフ、旅の終わり今日はゆっくり休めそうです。

                  小黒川キャンプ場

                  0
                     伊那谷に来て2日目、昨夜からの雨で、酷い目にあった。天気予報では降るはずのない深夜、テントに激しく雨粒が当たる。慌てて外に放置していたキャンプ用具を片付けた。


                      朝になっても雨脚は緩まず、本日は温泉でも入ってまったりするしかないか、と思っていたら10時頃には明るくなって、携帯の天気予報のアメダスの雨雲も東に移動しつつあり、その内陽が射してきた。早速濡れたテントやシートを干して、昨日仕掛けたトラップの回収に出かけた。

                     雨にもかかわらずオサムシ君3匹程生きていてくれたが、どうやらクロナガオサムシでした。本日は駒ヶ根方面に出かけ天竜川の両岸の2か所にトラップを仕掛けて、予定通り「みはらしの湯」と言う温泉に行った。


                              文字通り見晴らしの良い温泉です

                     東西の山岳に挟まれた伊那谷ではあるけれど、辺境なイメージはなく明るく緑豊かな土地柄です。とうもろこし畑やヒマワリ、そして時折風に乗ってくる牧牛の臭い等、自然に溢れた盆地です。キャンプ場は川沿いのせせらぎに満たされて、多くのファミリーがアウトドアライフを楽しんでいました。


                     夜になって星空を眺めながら、冷えたビールを飲み、小黒川の流れに心を洗われる。自然の恵みを飲み込んで森の静寂に溶け込んだ。

                    伊那谷へ

                    0
                        今日から3泊4日で伊那谷と白樺湖方面に行きます。避暑を兼ねたアウトドアライフ、伊那谷は小黒川渓谷キャンプ場にテント泊。月曜日のお天気が心配ですが、自然の環境に触れて心身ともにリフレッシュしたいと思います。

                      ロンドンオリンピック

                      0
                          開会式に先立ちサッカーの競技が始まった。そしてなでしジャパンがカナダに勝ちました。幸先の良いスタートです。なんでもアメリカの調査機関の金メダル予想は12個だそうな。女子柔道・レスリング・水泳・体操等でしょうか?

                         これから毎日の深夜が忙しそうだ。スポーツは見るのも好きやる事も好きなので、これからは甲子園の夏の大会もあって、オリンピックともどわくわくする日が続くようだ。私が注目しているのは、陸上女子100mの福島千里選手。北海道出身と言う事もありますが、歴然とした力の差のある舞台でどういうパフォーマンスを発揮出来るのか期待しています。

                         あ〜、サッカー男子日本の試合が始まってしまった〜。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM