スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    P2で金トレ肩慣らし

    0
        今日の自転車通勤は蒸し暑く、結構汗をかいた。まだまだ秋はやってこない。12時過ぎにジムに到着、金曜の妻たちも健在、M井さん、アラカンさん、T橋さん、カナダに遠征していたS木さん夫妻も久し振りです。それとS田さん率いるお仲間もご参加で、大賑わいのP2です。


                       「100度」に新作が4本

       さて今日は明日からの連休小川山の調整で軽く登るつもり。H谷さんにビレイしてもらって「SW」の赤バー10・Aから始め、4便登って「100度」の新作茶×10・D茶口11・AにOSトライした。茶×は苦手なホールドながらOS。茶口も中盤のアンダーホールドの扱いさえ分かれば難しくはなかった。

       で、新作の残りの黄緑十11・Bを登ろうかと思ったが、「つなみ」の黄色十11・Dが気になり始め、本日の人気ルートでもあったので、何時までも温めている事もないと考え、OSトライしてみた。アラカンさん等は、ガバの連続で易しいと言うので、その気にはなったが「つなみ」的持久力が欠けていてOSを逃した。

       それでも、1テンでトップアウトしたので次便には登れそうな感触はある。次に大人気だったのは「ダイヤモンド」の黒十11・A。左にトラバースして終了点がかなり遠いのが核心です。いろんな人が取り付いて降ってきたので、心してトライした。出だしから甘いホールドで厭らしい。核心は左手でマントル気味に体を引き上げ、右足を上げる事が出来れば終了点が取れる、チビ助向きのルートです。


              これで2日間の休肝日

       最後にもう1度「つなみ」の黄色十11・Dをトライで2撃。明日の小川山に向けていい感じで終了です。2Fのラウンジでは世界選手権のライブ映像がセットされていて、ボルダリングの準決勝を少しだけ見学した。今日も我慢してアルコールを抜いたので、金峰山荘では心おきなく飲めそうだ。

      P2「100度」黒⇒11・C、RP

      0
          連ちゃんのP2水曜部活。懸案だった「100度」の黒⇒11・Cがやっと登れました。計6便目のRPで、なかなかしたたかな11・Cでした。P1でも11・Aで嵌って、この所11台でも難しいルートがあり、厳しいジムグレードに翻弄されています。

         ドコモによって遅くなり、2時半頃到着。本日はI川さんにビレイして戴いて登りました。トップロープで「SW」の紺バー5・8茶口5・9、「タワー」の緑口10・Bオレンジバー10・Cを登ってアップ終了。黒⇒11・Cの準備は整った。先にF原さんやアラカンさんが見事にRPを決めて、いい流れが来ている。

         3ピン目の左デットが決まれば何とかなるかな?I川さんに1ピン目をプリクリしてもらいスタート。水平のポケットの先のガバで3ピンまでクリップして、問題の下部核心。頼りにならない左足に乗せてデット!が決まった。ひとまず安心。

         4ピン目はハリボテのアンダー手前でクリップして、左ガバからのトラバースのラインに突入。右足を開いて右ガバに送って今度は左にトラバース。ハリボテのフットホールドに乗せて、右足を切りスローパー気味のホールドに耐えて、右クロスのポケットを差して最終パート。

         スプーン状のポケットは右足がポイント、カチ足でバランスを取ってポケットを取った。かなり上腕も張ってきたが、限界すれすれで終了点をデットで取った。やっと6便目でRPです。いや〜、このルートには苦しめられました。2便目で1テンだったので、高をくくっていたが、甘くはない11・Cでした。



         引き続き次の課題に取り組んだ。オレンジ×11・D。初見では各駅で登ったのでムーブは組み立てられたが、繋げてみるとやはり出来た所が出来なかったりで、思ったより難しい。ハリボテの手前の3角スローパーでテンション。細かいハリボテのフットホールからのクロスムーブが最大の核心で、右足を忘れていてデット気味になってしまった。

         何とか終了点まで4テン位でトップアウトしたが、果たしてRPまでどのくらいかかるでしょうか?今日の感触では、やはり1グレードの違いが大きく、黒十11・Cよりは難しいような気がする。ムーブは多彩でこれまた良いルートだと思います。苦手克服には丁度良いルート、よし頑張るぞ〜。

        金トレP2黒⇒11・C、5連敗

        0

           埼玉県は一足先に秋の気配がやってきたか、何時もの東所沢までの自転車通勤も風が爽やかで快適だ。少しづつ少しづつ秋がやってくるのでしょう。何だか人身事故があったらしく電車は遅れて到着したが、上手い具合に遅れた電車に乗れて12時頃に中野島に到着。


                        小さい秋、小さい秋、小さい秋、見つけた〜

           すでにH谷さん、S水さん、F原さんやアラカンさんの金トレ常連さんが先着です。今日は空いていてルートエリアは好きな所登り放題です。今日こそは「100度」の黒⇒11・Cをサクッと登るつもりだが、後1手と追いつめた水曜日に思わぬ逆襲にあって足踏みした手前、大きな事は言えないが・・・。

           中1日空け、モチベーションもそこそこあるので、RPのイメージはあるのですが、気になる点は3ピン目のムーブだ。A野さんのハイステップが脳裏に残る。アラカンさんも最善のムーブで左がスタティックに取れると言う。左の乗りこみに一抹の不安があるので、取り入れてみたいムーブである。

           で、H谷さんにビレイしてもらって、「100度」の白バー5・9から「つなみ」右のピンクバー11・Aまで6便登って準備万端。早速本日1便目。やや動きは堅いが3ピン目をクリップして、ハイステップを試してみた。が、足が上がらない。2・3度行きつ戻りつしながら試すがどうしても足が上がらない。

           簡単に上げられそうだが自分には難しい。諦めて元のムーブに戻し、左に乗りこんでデット気味に手を出したが、外形したホールドからするりと手が抜けた。1便目はそれですべてが終わって、後はほとんど各駅テンション、水曜日と同じボロボロ状態。残念無念、心に期していただけに悔しさが湧いて出る。

           「つなみ」の紺バー12・Bを登ったF原さんや、アラカンさんも黒⇒に参入です。「つなみ」の12台を登ってもこの黒⇒は一筋縄ではいかないようで、皆さん結構苦戦しています。設定者がS介さんじゃ仕方ないか、「つなみ」より遥かに難しいムーブで設定されてると言う事なんですね〜。


              ここら辺りまで上手く行ったが・・・・・・・

           何とか登りたい一心で2便目、3ピン目のムーブを元に戻してデットで攻略。中間部は問題なく進み最後のスプーン状のポケットが持てずに悔しいフォール。またしても2便目と同じパターンで撃沈だ。しかし、ポケットを取りに行く時のムーブが解決したので、見通しは明るいかな。

           それには下部の核心が出来ればの話だ。う〜ん、微妙な所だ。明日は奥多摩の沢登りです、雨が降らなきゃいいのだが・・・・・・・・。


          水曜部活「100度」黒⇒11・C惨敗

          0
              今日も連チャンでジムトレ、I納さんの夜の部に合わせて4時頃にP2に到着。暑さは相変わらず、そろそろ夏バテになりそうな日々です。しかし水曜クラブの面々はとても元気にクライミングしています、このパワーは何処から湧いて出るのか・・・・・・・。


                東所沢の農園、日本の食料自給率は?

             相変わらず新しい「100度」の壁が人気で、多くのクライマーが殺到している。アップで「100度」紺バー10・A赤バー10・A2本登ると、N川さん、K口さん等が黄色バー11・Bの「見本を見せろ!」と言う。2便ほどのアップで準備も不足していたが、まぁ、得意系と思って取り付いた。

             しかし、どうも暑いのとヌメリがあり、思ったような登りが出来ない。クリップポイントもミスして登り返したりで、体の切れが今一だ。案の定、核心の足位置も違っていたと言われ、何とか登り切ったものの全く参考にならない登りで申し訳なかった。


                 「100度」黒⇒11・Cのムーブを探るN川(S)さん

             夕方からの出勤のI橋さんも参入して、黒⇒11・Cのチャレンジ。I橋さんが2便目でRPした後に取り付いたが、3ピン目の左ホールドが取れずあっさりフォール。その後はほとんどクリップもままならずのボロボロ状態。1テンで終了点落ちした前回とは雲泥の差、上手くいかないものだ。

             やがてI納(M)さんが出勤してきて、リハビリクライミングメニューを始める。5・台をすべて登り終え、10台にグレードアップ。筋力的にはかなり回復してきているように思えますが、まぁ、まだまだ調整段階ですので、やんわりと登り続けましょう。

             あまりモチベーションも湧いてこないが、黒⇒に再トライするか迷ったが、I橋さんが次の課題にオレンジ×11・Dを選択したので便乗して初参戦。どちらかと言うとスローパー系で、苦手なホールドが並んでいるボルダーチックなルートだ。

             しかし、実際触ってみると思いのほかフットホールドも良い所にあり、チビ助に不利な極端に遠い所はない。各駅ながらも体の振りでスローパーも持て、ムーブを繋いでトップアウト出来た。体調も良くなかったが初見にしてはいい感じだった。次の金トレが楽しみなってきた。

            P2金トレ

            0
                連チャンでP2の金トレ、明日の小川山に向けての肩慣らしのつもりで出かけた。残暑が厳しい昨今、体調の管理には気を使いますが、北海道生まれにしては暑さに強い小生、今日も東所沢までママチャリを漕いで御出勤。

               北アルプス疲れのH谷さん、S水さん、アラカンさんやN峰さん、F原さん等で賑わっているP2です。「つなみ」の白口12・Aを先週RPしたと言うニュースを、Tさんご本人から伺った。何度も何度も跳ね返され後僅かな所で登りきれない白口、その真摯なクライミングへの態度が多くの常連さんの心を動かし、応援してきた経緯から、当日は多くの常連さんから祝福されたと知らされた。

               晴れやかな笑顔で嬉しそうな報告、何だかこちらも嬉しくなりました。クライミング族の同族意識は不滅だと感じるひと時です。さて、昨日の緑バーのRPで気分良くアップ開始。2便ほど登って体も軽く感じながら、4便目に「つなみ」右の白口を登ったが、何だか変だった。

               体が軽いのに上腕の張りが気になる。案の定、調子が良いと勘違いして、「つなみ」緑バー12・Aの2回目の再登を狙ったが、序盤のヒールフックが外れて予想外のフォール。どうも、疑似好調の罠にはまったみたいで、ミスも多いトライだった。

               で、作戦を替えて「100度」の黄色バー11・Bに3便目。ムーブは出来ているので気持ち次第。カチの持ちは今一だったが、終盤のカチに耐えて最後に飛んで終了点。昨日のミスを帳消しにしてギリギリでRPです。一つでも成果があれば言う事無し、最後に「奥壁」の黒⇒10・Bでクールダウンして終了です。明日は涼しい小川山だ。

              P2「つなみ」緑バー12・A、RP

              0
                 今日は水曜部活をサボって、I納さんのリハビリクライミングのお付き合い。クライミングの世界でもギブ&テイクは大事、トップロープで登るI納(M)さんの進捗状況をI納(Y)さんと見守りながらのジムトレでした。


                             屋根裏ならぬ床下のお宝

                 中1日で気持ちは前向きですが、兎に角暑いの一言。もううんざりだが日中は一向に秋の気配は漂ってこない。最初空いていたルートエリアも、夏休み合宿か?静岡の高校生の集団が熱いトレーニング。混み具合は判らないけれど、先週の土曜日よりは繁盛している。

                 さて、「100度」壁を中心にアップして、土曜日OSトライで終了点落ちした黄色バー11・Bに再アタック。だが中盤の所でホールドに乗ったロープを踏んでしまい、修正しているうちに上腕が張ってしまいアウト。微妙なバランスの所だったので残念、また課題が1つ残ってしまった。

                 「つなみ」はそこそこ混んでいたが、ビッキーさんが緑バー12・Aを見事にRP。あまり調子は良くなかったが、いいイメージをもらって都合3便目に挑戦。ハリボテの2手先あたりで一瞬ホールドを見失ったが、何とかハングの三角ハリボテのレストポイントまで到達。

                 6・7回ほどシェイクして進む。2手先の左手ガバが指先でかろうじて掛かり握り直して危機を脱する。アンダーガバでまたまたレストする、一杯だった上腕も少しは回復したか?最後のパートの核心のクロスを渾身の力で保持して終了点、殆ど余力のないトライだったがRPに成功した。

                 あまり雰囲気はなかったけれど、ダメもとのトライで力が抜けて良いメンタルだったのかもしれない。これまた驚きのRPだった。アラカンさんは同じ12・Aでもの方が登りやすいと言っていたが、自分にはは持たされるホールドが多く苦手だ。


                  「ダイヤモンド」の赤口10・Dを登るI納(M)さん

                 I納(M)さんも10台以下を全て登り切って、新たなリハビリメニューに進んだ。ご褒美に赤口10・Dのカチ系のルートを1本登ってご満悦、まぁ、少しは刺激があって良いでしょう。最後に「SW」でクールダウンしたが上腕は張ったままだった。
                 

                 

                土曜日P2、100度壁黄色バーで初黒星

                0
                    金トレをサボっての土曜日のP2、I納さんのリハビリクライミングのお付き合い、本日はI田さんと共に登りました。土曜日にしては空いていて、「つなみ」に登るクライマーが少ない。代わりに新しくなった100度が1日中混んでいた。

                   アップから6便全て100度壁で登った。I納さんは10以下のルートをトップロープで登るので、モチベーション維持のため、ルートエリアの全ての10以下の完全制覇を勧めた。それでも思った以上にルート数は少なく20にも満たない。


                      ギョギョ!躊躇いの出るスタート

                   腰に負担のかかるビレイは控えた方が良いと言う事で、I田さん、S谷さんにビレイしてもらい白バー5・9、緑口5・8オレンジ⇒10・Bを登ってアップ終了。次に黄色口10・Cから連続で紺十11・AにOSトライ。紺バーは中盤のスローパーからムーブを間違えてフットホールドを掴み、一瞬焦ったが何とか戻って事なきを得た。その先は難しくもなく100度壁は無傷でOS成功。

                   しかし次に狙ったカチのオンパレード、黄色バー11・Bで終了点落ちして初黒星。ランジで飛び出すホールドを間違えた。右のガバ足で飛べば良かったのに、左カチ足にも乗せたので距離が出ず見事なフォール、得意系だっただけに悔しいトライだった。

                   夕方には大学のOB会の打ち合わせがあり、再登は次の機会にして5時前にはジムを後にした。それにしても惜しかったな〜。

                  P2「つなみ」緑バーOS成らず

                  0
                      柳の下の2匹目を捕まえるべく、P2「つなみ」の緑バー12・AにOSトライしたが、流石に日本最大規模を誇るP2のオーバーハング、そう簡単には登らせれまいと、2匹目のドジョウは手の平をすりぬけて行きました。折角OSの為に温めていたのに、目論見は見事に外れた。

                     連チャンで水曜部活。本日は、夕方怪我から復帰しリハビリクライミングのI納さんのお伴で残業する。ゆっくりしたペースでジムライフ。ストレッチ、ボルダーでしっかり体を動かす。「一反木綿」黄色口5・8、新しくなった100度の緑口5・8紺バー10・A、「タワー」のオレンジバー10・C、「つなみ」右の白口10・Dで肩慣らし。いい感じだ。


                         新しい100度の壁を登るH谷さん

                     「つなみ」の緑バー12・Aは、状態の良い時にチャレンジしようと決めていたので、いよいよ2匹目のドジョウ確保のOSトライです。出来るだけOS等と意識しないで取り付こうと考えてはいたが、やはり欲と言う避ける事が出来ない邪念に心が動き、何だか下部から力が入っている事を感じていた。

                     オブザベもしっかりして、ホールドの形、クリップの位置なども確認してスタートしたが、ムーブが思った以上にテクニカルだ、頭脳を使うジャンルは得意ではない。下部で大分力を使わされて、ハングのハリボテの2手でレストするけれど、だんだん上腕は張ってきた。

                     懸命にムーブを繋ぎリップのアンダーまで持ちこたえた。しかし、一見レストして余裕に感じられるようだが、すでに一杯一杯。後は何処で落ちるのかの選択だけの悲しい現実。何とか先を2手繋いで後終了点まで4手位までのクロスムーブで気持ちよくフォール。

                     「つなみ」の12・A白口と緑バー、アラカンさんは緑が登りやすいと言うが、私には遥かに緑バーが難しく感じる。その理由は白口はスローパーが多いが、概してオープンハンドが利いて持久力を持たせる事が出来るが、緑バーはしっかり持たせるホールドが多いと思います。とくに下部はその典型。

                     緑バーは下部がどうやら核心のようです。何処が?と言うより、如何に力を温存して下部を抜けるかが勝負の様だ。ハングから上はそれほど難しいパートはないのだから、それがすべての様な気が致します。結局本日2便出したが、見事な返り討ちにあってしまった。緑バー恐るべし。

                     クールダウンにTさんのビレイで100度の新しいルートを登る。緑⇒10・C、と赤バー10・Aどちらも癖がなく登りやすい。人気ルートは黒⇒の11・Cで体幹が要求されるルートらしい。


                        リハビリクライミングのI納さん

                     夕方になってI納さんや、I橋さん等がやってきて先日の小川山のエピソードに話が盛り上がった。やっと再開にこぎつけたI納さんは易し目をトップロープで登っています。負担のかかるビレイは厳しいとのこと、完全復帰までフォローしてあげたい。

                    金トレ、P2でボルダー

                    0
                        毎日暑いけれど体を動かさないとダメになりそうで、本日もジムに登りに行く。ランニングシャツに短パンのいでたちで東所沢まで自転車。真昼の走行は汗が噴き出る。

                       2時頃の遅めの出勤、しかし今日は空いている。と言うより常連さんは僅かでビレイヤーがいない。丁度いい機会なので久し振りにボルダリンで鍛える事にした。ただし、腰に爆弾を抱えている身には終了点からの下降に注意が必要だ。勿論飛び降りは厳禁だ。


                       ピンクの易し目から始め、黄色とグレードを上げて行き赤5級をパスして、紺4級を打ちまくった。テラス横の1番被りのキツイ壁は高さがないので丁度いい。しかし4級は簡単には登れない。やや可能性を感じる紺バーを5・6回ムーブを繰り返し、やっとこさ7便目位で登れた。

                       紺十字も紺口も最後の詰めの部分がデット気味になるのが怖く登れかった。ボルダーは一人芝居みたいなもので、気楽に取り付けてこれはこれで楽しいものです。腰の様子を見ながらのトライですが、ボルダー力アップは限界グレーのチャレンジには必要でしょうね〜。またやってみよう。

                      P2紺バー本格的スタート

                      0
                          今日も暑かった、前夜サッカーのスペイン戦を遅くまで見ていて寝不足じゃ〜。大番狂わせの勝利とか言われるが、幸先良いスタートで、これからの戦いに希望が持てます。後一つ勝てば準々決勝進出間違いなし、Uー23も頑張っていますな〜。

                         と言う訳で遅めに出勤。いつもの金毘羅坂の登り、短パンの暑さ対策は万全だ。電車内でオムスビを頬張って時間節約。午後1時頃の到着。ルートエリアは冷房が利いていて涼しい。これならば家にいるよりジムが良いと言う方もいらして、電力消費に一肌脱いでいるか?


                                        3Fのテラスでスカルパのお試しコーナー

                         しかしアップで登ってみるとルートの半分から上は激暑、そこそこのグレードを登ると玉のような汗が噴き出る。本日もH谷さん、S水さんパーティーと登る。10・Aから10・Cまでアップで5便登り、「つなみ」右のピンクバー11・Aを再登して紺婆ー12・Bへの準備。

                         その前に「つなみ」白口12・Aを1便入れて本格的なトライだが、最期の2手で落ちた。上手く登っていたつもりだったが久し振りで、体が忘れていたのかもしれない。これでトータル5勝7敗。2つ負け越しだ。アラカンさんは緑バーよりも腕が張ると言うので、簡単ではないのかも。

                         アラカンさん、F原さん等と紺婆ーのミニコンペ状態だが、ホンマもんの12・Bはムーブをこなすのも厳しい。ハングまでにノーテンで行く事すら叶わない。出だしで遠い所があってほとんどランジ状態で行くムーブがあって、緑十字と何処が違うのかと愕然とする、ほんの少し持ちが良いかの程度だ。


                          「つなみ」紺バー12・Bを登るアラカンさん

                         2度目のトライだったが進捗度はほとんど〇に等しい、むしろ1便目の方が良いくらいで、中盤のボテ前でテンション、後は各駅だ。しかもハングまでヨレヨレで先のムーブすら起こせず、傷心のロアーダウンです。アラカンさん、F原さんはほとんどムーブを構築していて、力量差を感じた。

                         2便目を出そうなどと言うモチもなく、夕方からはTさんにビレイしてもらって、ピンク十字12・Bをこれまた久し振りに触った。案の定ハング越えで捕まり、厳しい洗礼を受けた。やはり12台は簡単に登れるほど甘くはないと言う事です。試練は続く。
                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM