スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なたね梅雨

    0
       冷たい雨の降る日、お昼からパンプ2に行く。珍しくKさんMさんのパーティ、流石にKさんバイクではなさそうだ。そのうち続々とクライマーがやって来て「いつもの3倍は居ますね」のO&Mさん。ピピピ
       パン2の大きな課題をクリアしたので、モチベーションも足りない。普通にアップを行い、取り敢えずオンサイト狙いで、S介さん設定の黄色囲いテープをやってみたが、結構難しい、S崎さんの言「11・B位はあるよ」、私には11・C位に感じる。何とかOSしたが、流石にジムの講習会のルートでいろんな要素が含まれていて、奥の深いルートです。
       そのあとTさんのための課題ルート、茶十字12・A/Bをやってみるが全く歯が立たない、初見のため難しいのか何なのか解らないけれど、これは大変なルートです。パンチ
       触ったからにはRPを目標にするのですが、連休明けのルートの設定替えまでに果たしてのぼれるでしょうか???。

      山の会「さんかくてん」

      0
         長年所属していた山の会を正式に辞めることにした。もう2・3年山にも登っていないし、会の例会にも参加していないので、実質的には幽霊会員でしたが、辞めると成るといろいろと感慨深いものがあります。
         入会した頃は結構山に登って、頂を極め山やさんをしていたものです。今はフリークライミングのみ、恐らく満足に山には登れないでしょう。時に「あぁ〜山に登りてぇー」と思うこともあるのは、昔取った杵柄か?何処かに深層心理が隠れているのかもしれない。
        私のクライミングの動機も、やはり山の会の岩トレから始まったのも紛れのない事実なので、とても感謝の気持ちでいっぱいです。こうして私がクライミングの喜びを、クライミングの奥深さを得られるのも、山の会での鷹取山の確保訓練がきっかけだったことを思うとき、諸先輩達の暖かいご指導に感謝以外の言葉も見当たりません。
         又アルパインクライミングで得られた、様々な危険から身を守る術は、今フリークライミングを楽しむ上でも生かされていると思います。
         山の会を辞めるに当たり 基本的にはクライミングはやはり危険なスポーツなんだということを今一度再確認しながら、私の背後から勢いを増して追ってくる、老いと云う魔物と戦いつつも協調しながら、フリークライミングをよりいっそう楽しんで行きたいと思うのです。
         山の会「さんかくてん」ありがとうございました。

        コンディション

        0
           クライミングは心身共にコンディションの重要なスポーツです。トレーニングのし過ぎで疲労を残すと、良い結果は得られない。やはり週4日とかだとシニアクライマーには堪えるようです。従って本日はメロメロ、ただむやみに回数を重ねたのみの。
           ゆっくり体調を整えるように易しいのを、丁寧に登るのが賢いクライマーの取り組み方なんでしょうね?もう少し賢くなろう。(でも喉元過ぎれば熱さ忘れるで、なかなか出来ない)

          ムーブの秘密

          0
             暑かった土曜日、夕方パンプ1へ。木曜日の12Cレッドポイント後の後遺症で、抜け殻状態でありますが、ここのところ調子がいいので、Hさん用トレーニングルート赤白11・Cをやってみた。1箇所むずい所があって、オンサイトできず2便目でRP。
             その後Hオモンさんも来たので、先日のパンプ1あれあれカップのルート、水色矢印をやりましょうということなって、早速トライするものの核心部が辛い。続くHオモンさん散々ボルダーをやった後なのでヨレヨレです。Hさんも挑戦、やっぱり核心のポケットが難しそう。 
             と、思っていると電光石火・インチキムーブのようなテクニックでか〜るく、核心のポケットを取ったではないか?ナ・ナ・ナンなの今の手品師のような早業は、な〜んか変だぞ、信じられないようなものを見た、キツネに化かされた様なショックが私の脳裏を通りすぎていった。ニコニコして降りてきたHさん、その種明かしを教えてくれたが、今まで大の男が束になっても出来なかったムーブを、苦心惨澹の結果とはいえいと、やってのけたHさんの想像力にはたまげました。2便目にトライのHオモンさん、確かにあのムーブは楽にポケットが取れると絶賛する、ここに恐るべき「Hさんヒール」の誕生です、いや〜参りました。

            輝かしき?12・Cのレッドポイント

            0


               本日、パンプ2で紺十字12.CをRPいたしました。祝このルートは昨年のファイブテンカップのマスター決勝のルートです。とても嬉しいです、思わず年甲斐もなく「やった〜」と叫んでしまいました。周りの人の迷惑も顧みず、いい年をしたジッチャマが何をわめいてんのと云われ様が関係なし、嬉しいものは嬉しい素直に喜びます。楽しい

              私のクライミングノートによれば、始めて触ったのが昨年の8月、トータル13便目での快挙?なのです。まぁ途中アメリカに行ってたりとか、新居探しでP2に来られなかったりとかでブランクはありますが、苦節8ヶ月良く頑張りました。


               今日はチョット作戦を考えました。今まで出来なかった所だけを、集中的に3回程繰り返し、ムーブを固めて行った事が成功の秘訣なのかな?1便目は後7手ほどのところでテンションが掛かったので、調子はいまいち?とか思っていたのですが、2便目は不思議なことにチョットしたレストが次のムーブの余裕を生み、今までと違った楽なムーブを使い、その余力がまた次のレストにつながるという、良い事ずくめのシークエンスが出来上がったのでしょう。不思議ふしぎ?。最後の核心部の3手前で右手をシェイクした時、何か魔法に掛かったように力が抜けていく感触が、なんともいえない。


               で、早速この快挙を傍で見ていた店長S介さんに、「この12・Cは正真正銘の12・Cですよね!」と聞いたところ、「まぁこれはコンペのルートですからね」と、となりに居たR恵さんも、「下部は易しいし、上の5手位が難しいだけ」とおっしゃるのです。という事は・・・。でもまぁいいか、とても気持ちよく登れたんだから。12・Cに乾杯。ビール それにしても今日のパンプ2は空いていました。


              酔曜日のクライミング

              0
                 昨日のお酒が少し残っているのか、頭がボーッとしている。休み前の外での飲み会はついつい気が緩んで飲みすぎるので、注意しなければ・・・・・。豚今日の課題はアセトアルデヒドをいかに撃退するか?。


                 という訳で気合を入れてパンプ2にと思っていたら、携帯に山の会の仲間から「今日はパン1に行くので宜しく」と釘を刺された、ウ〜ム12・Cの課題はどうするのだ!
                 行ってみると昨年レッドリバーに行った仲間Sさん、Kさん、Obさんらが勢ぞろい、そろそろフランスモードに切り替えているらしい。フランスのクライミングかぁ・・・・いいなぁ。


                 珍しくo&mさん夫妻もきていて、我チームSの再結集です。早速郵便局ルートの営業でSさんグループのTさんに登ってもらうが、核心部は飛ばされてしまった。ウームやっぱりそうなるのか、これは研究の余地がありそうだ。


                 奥壁のエリアではIさんのスクールで難しいのをやっている、スクール用にセットした黄色細テープ12.Bというやつで、生徒さん達は難儀している。でも良く見るとIさん特有の癖のないルートでムーブは起こせそう。合間を見て早速トライしてみたら、3テンかかるも何とか行けそうだ、12・Bはないと思うのですがとてもいいルートです。


                郵便局ルート10.Dを登るM&Oさんです。

                仁川家(インチョンガー)

                0


                   火曜日の夜、職場の仲間と新大久保の韓国料理屋仁川家に行く。「久し振り〜」とオモニから声がかかる。ここの料理はとても美味しく、一度味わったら止められない。
                   特にこの豚の三段バラ肉は絶品です、焼いた肉を野菜で巻いて食べるのですが、ゴマの香りが最高です.



                  美味しい料理と職場の話に盛り上り、ボルテージが上がるとともにお酒の量もついつい上がってしまって、限界値を超えてしまったかな?熱燗
                   帰りの電車 I駅から急行に乗り気がついたら、「終点k〜越」とアナウンス。W駅で普通電車に乗り換えたのは覚えていたのだが・・・。何年かぶりにやってしまいました。
                   
                   

                  お疲れ休みの月曜日

                  0
                     珍しく月曜日のお休み、クライミング漬けのロートルの体にはちょうど良いお休みだ。
                    後1年で定年ということで、休める時に休む、そうしないと有給が取りきれないまま退職と言うことになってしまいます。
                     それにしても長いこと働いてきたものです、苦節40年我ながら良く耐えてきたものです。1年なんてあっという間に過ぎていきそう。1日1日を大切にしなければと思うこの頃であります。退職後はどうするか、チーム年金に加わるか?悩ましいところです。
                     まあこの1年で考えるとしよう。

                    フリークライミングというのは・・・

                    0
                       日曜日のパンプ1へいつもの様に早出出勤、早起きは一文の得で、がら空きのルートは登りほうだいです。Hさんのビレイで軽くウォームアップ、なんだか昨日の大バトルの疲労が残り体が重い。然もモチもいま1で本日の明確な目標も定まっていない、こんな時には安易なミスを冒しやすいので、気をつけよう。爆弾


                       やり残した課題がいっぱい残っている、昨日初めて作った自分のルートの評価も気になるし、新しいルートにも挑戦したい、頭の中が整理されていないのでどうもシャキッとしない1日になりそうです。


                       午後になりいつもの常連さんがやって来て賑やかになってきた、私のルートダイヤモンドのエリア郵便局マーク足自由10・Cもチョッピリゴマの匂いがするものの、「結構面白いよ」と言ってくれました。一安心これが「こんなひどいルートなんか作んな!」とか言われた暁には、二度と立ち上がれない。Y会長さんこれを足限でオンサイトし、足限の方が面白いと言って、勝手に足限11.Bとグレイディングしてしまいました。まあいいか。
                       

                      昼下がりチョットした事故が起こりました。「ほこら」のエリア、ヌンチャク1本目のハングした上部からクライマーが逆さまに転落、ドスンと音がして後頭部を強打、多分振り子の原理が働いたのだと思う、幸いにも軽い打撲で済みそうです。

                      この時Hさん、すばやく冷凍庫から氷を持って駆けつけ、横たわるクライマーのもとへ、この機転の利いた行動には感心するばかり(えらい・・・・・・・・・)。クライマーはみな友達だ。

                       その後Oさんのトレーニングルート赤テープ11・Dにチャレンジするものの、まったく歯が立たす敗退してしまった。又課題が増えてしまい、食い散らかしの1日が終了。
                       

                      パンプ1シニアあれあれカップ

                      0

                         本日パンプ1にて中高年シニアあれあれカップが開催されました。エントリーはチーム年金選りすぐり代表NさんOさん、現役公務員こと私、コンペ荒らしの女王Tさん、中年代表ボルダラーSさんであります。

                        ファイナルのルートは奥壁水色矢印11.D/12・A、皆さんオンサイトには失敗していますので、RP勝負。1便目は完登者出ず、2回戦に突入、チーム年金さんは果敢に攻めるも惜しくもRPならず、そして女王Tさん登場、下部をよどみなく通か、中盤のバランシーなムーブをこなし、核心部のポケットを一瞬足ブラになりながらも余裕でこらえ終了点をがっしりとホールド、見事RPです。


                         私の2回目のトライ、1回目より良い感触、核心部もあわやの足ブラも必死にこらえ、大方の観衆の予想を裏切って、あわ完登か?と思いきやそのリーチの短さゆえ敢え無く撃沈、やはりそんなに上手い話はないのです。
                         それにしても今日の赤組女性陣は、Hさん、Mさん、Oさん次々と課題を落としRPの雨あられ、白組はまったくのいいとこなしの1日でした。
                        私はこんなんでがんばったのですが・・・・・・・。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << August 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM