健康診断

0
      1年に1回の定期健康診断で、毎年受けているわけですから、かれこれ40数回目となりますかね?レントゲン、心電図、血圧、等など、通り一遍の検査ですが、まあ遣らないよりマシでしょうが、特に異常がないといわれても・・・・・・。

     以前先輩が人間ドックの1ヵ月後に、心筋梗塞になった例もあるように、人間ドックだって完全に病を発見できないのだから、まぁ、取り敢えず先行き半年くらいは、自覚症状がない限り、思い切りクライミングとかは出来るということで、定期安診?かな。


     今のところ悪いところは歯と、右目が結構悪い、若干近視で乱視が入っていてしかも、年相応に老眼が進んで、文庫本を見るにはチト辛いものがあります。耳は正常だといわれましたが、「山ノ神」に「耳が遠いんじゃない」と何時もテレビの音量を下げられています。


     後は頭の問題でしょうか?認知症の判断の一つの指標は、前日の夜の食べ物が思い出せるかどうからしい、思い出せないとかなりヤバイ。まあ基本的には大体は思い出すのですが、食べたもの全部と成ると、「え〜と、後一品なんだっけ」と云うパターンが多いので、結構来てるかも。


     看護師さんにお酒のことも当然聞かれます。休肝日は必ずと云われました。ウ〜ム・・・・・・。

    サイレントサンディー

    0
        流石に昨日朝から目一杯のクライミングで、本日は完全休養日であります。「山ノ神のご機嫌を伺って日曜日も」とお誘いもありましたが、この際自由外出預金?をたっぷりと貯めこんでおかないと、先の外岩のクライミングに差しさわりがあるので、誘惑を振り切って自宅軟禁であります。


       ブログを編集したり、またクライマーのブログを閲覧したり、マァ〜それなりに有効な1日を無駄にしないで・・・・・・。久し振りにテレビも見たりして。日本ダービーなど何年振りにみてしまい、それなりに興奮しました。8000頭近く生まれ、そのうちのたった18頭しか晴れの舞台に望めない過酷な競争の世界。携わる人々の喜怒哀楽が目に浮かびます。


       あまりテレビとか見ないのですが何故か日曜の7時、12チャンネルの「田舎に泊まろう」が好きで、今日も瞼をウルウルさせながらみてしまいました。8時からは「天地人」です、NHK の大河ドラマはよく観ています。ただし最近の妻夫木演じる兼続の笑顔が気になります。戦国の世にしては笑顔のシ〜ンが多すぎやしませんか?もっとシャキとした兼続が観たいものです。

      歯は大事です

      0
          歯の治療の為またまたA駅までの道のりを散歩です。今日は昼頃までグダグダしていて無意味な時間を潰してしまった。気の進まぬ歯の治療を控えてということもあったのですが。道すがら風が強かったらしく、木々の揺らめき、そして道端に止めてあった自転車がものの見事にひっくり返っていました。



                      S駅の道端の自転車


          ところで私の歯の今後の治療予定は、歯周病の治療・抜歯等全ての環境が良い状態になったら、部分入れ歯かインプラントということになりましたが、インプラントできるかどうか際どいらしい。取り敢えず様子を見て進めるようです、担当医がきちんと説明してくれたので納得。


          しかしです、その治療費が自費負担でおよそ100万円ほど掛るので、しばし考えるところです。この先の余命と100万円、入れ歯で我慢して浮いた金で2回は海外のクライミングに行ける、ウ〜ム中々難しい選択を迫られています。


         しかし歯の治療に保険が利かないとは何だか納得できないですよね、最先端の技術とは言え別に贅沢な医療行為ではないのですから、保険医療が適応されても不思議はないと思うのですが・・・・。全く日本の医療事情はどうなってるのでしょうか?不満不満。


         抜歯されると旨く食事できそうもないので、早速帰りにイタリアンレストランで食事です。



          長ネギと豚肉のみぞれポン酢しょうゆ味   横の黄色い泡状は何ですか?

        緑のトンネル

        0
            仕事帰り目黒駅を通り越してE比寿駅まで歩く。全てトレーニングの為40分くらいの行程でしょうか?途中何時もの雅除苑の今は葉ばかりの桜並木を歩きます。季節の移り変わりとは早いものですね。



           M雅除苑の   緑の散歩道

          休養日

          0

              先日からの風邪が今一良くならず、水曜定例のクライミングに行こうか逡巡していた朝、風邪の状態を山の神に見破られ、外出禁止令が出てしまった。出そうな咳も必死に我慢して、何とかごまかして行こうと思っていたのだが、流石に完璧な鼻声で見破られ、かの人の軍門に下ってしまった。


             仕方がないのでクライミングを諦め、薬をもらいに近場の総合病院の門をたたいた。以前山の神が自宅で動けなくなった時、救急車で運ばれた病院。結構早めに行った割には混んでいて時間がかかりました。

             
             それにしても随分な混みようで、待合室の椅子席は満杯状態、慌しく看護師さんの呼ぶ声が響きます、患者の多くは中高年と言うより老人ばかりです。まぁいずれ私もお仲間の一員になるのですが、皆さんただ我慢強く自分の名前が呼ばれるのを待つばかり、私にはこの状態には耐えられません。


             待ち時間を活用して例によって周平さんの文庫本を夢中で読んでいて、コールを危うく聞き漏らしそうになりましたが、何とかセーフ。別にたいした事のない普通の風邪です。


             今日を含めて3連休なので、TUTAYAでDVDを3本借りて、静かに映画鑑賞の1日でした。因みに見たのは『ジャスミンの花開く』で、チャン・ツィーが3代続く波乱に満ちた娘の3役を演じています。ほとんどチャン・ツィーの1人芝居的な映画、ファンには堪らないでしょうが内容的には・・・・・・?かな。

             


            さくらさくら

            0
                
               帰りに 目黒川を散策しました。そろそろお花見も終わり 華やかな賑わいが終わりを告げようとしていました。そこで一句浮かんできました。  


                   花吹雪  川面に積もれし  何処へか


                     
                    その意味はこんなところでしょうか?

               あれほどまでに 日の光を浴び 優雅に咲き誇っていた 桜の花びらも 今は風に吹かれて川に落ちて、ゆらゆらと漂いながら 東京湾にそそぎ  やがて大海に至って  輪廻転生  自然のなすがままに  流されてい行きます。

              ロック・クラフト川越

              0
                ロッククラフト川越

                  噂に聞いていた一番近いクライミングジム、ロック・クラフト川越に行ってきました。我が家からはメッチャ近く35分程度の時間で着きます。川越市から徒歩5分、何と言ってもこの近さは魅力です。

                 
                 ジムは明るく綺麗です、高さはないもののとリード壁もあって、オールマイティーなクライマーへの配慮が行き届いています。リードオンリーの人には壁の高さには物足りないかもしれない。



                  復活して2日目、初めてのジムはやはり難しく感じ思い通りには登れません、ボルダーでは良いとこ5級くらいまでで、4級となると怖さが先立ち思い切ってホールドを取りにいけません。この辺がまだ腰に不安を抱えてのリハビリ期間と云うことでしょうか?


                 K合サンに勧めれれてリードのオートビレイで果敢にチャレンジしたものの、10・Bと云うグレードにもこわごわと登っているようで「華麗なムーブは何処へ?」。まぁ2ヶ月ぶりのクライミングなんてこんなもんです。






                 年取ったクライマーが2ヵ月半も休んだら筋力0、スタミナ0、モチベーション0が正直なところ、いくら過去にそこそこ登れたからと言っても休めばただの人、1からやり直し1歩1歩地道にトレーニングするしか元に戻る道はひらけません。というか元の道にたどり着けるのでしょうかね?


                 

                フルタイムの仕事納め

                0
                   今日で再任用フルタイムの仕事は終わりです。明日からは4週で10日の労働?といえば月にして20日のお休み、文字道理遊びの合間に仕事をするという感じです。いやはや全く怠け者の仕事になってしまいます。

                   それにしてもこれからは年金受給者と成るのですが、どうにもその手続きが煩雑でとても面倒くさい。判らないことを問い合わせてみても、こちらが判らないことを相手方に理解してもらうことが難しい、かくして年金額と再任用で得た収入の総額を12ヶ月で割って月平均が28万円を越えると、年金額が2/1カットされるという情報はガセネタだったようで、一安心です。


                   取り敢えず今後2年間は気力の続く限りは、このパターンで日々を過ごすことに成りましょうか?40数年勤めてきたパターンが変わって、新しい生活が始まります。

                   

                   

                  岩波ホール

                  0
                     朝一で市役所に行く。4月からの年金受給の必要書類を整える為、色々面倒な手続きがあります。僅かばかりの年金の支給で厄介な手続きが必要だ。その後一旦家に戻り川越の社会保険庁の出張所に行く。 窓口の相談コーナーでは3・4時間は待たされるとの事、諦めて映画を見に行くことにした。

                     神田神保町の岩波ホールで上映している『シリアの花嫁』。平日なのに結構な混雑です、ただしシニア割引が効いても1500円と高い気がしたが、まぁいいか。


                     中東の厳しい状況の中で、家族が抱える様々な問題、その家族の一人の娘が無国籍のシリアの地域からお嫁に行く、しかしその家族の居る元には2度と戻ることが出来ないという、ゴラン高原の村の抱える様々な問題を、実にリアルに映像化しています。

                     冷静な視点で中東の紛争が、人生に及ぼす影響、親とこの軋轢、人の生き方と家族の愛情のあり方をつくづく考えさせられます。この映画では中東戦争の生々しい実像は描かれてはいませんが、中東諸国が内在する困難は、我々には想像もつきません。

                     この映画のシリアを始め中東の紛争の歴史は今でも続いていて、戦争と云う名の下で尊い命が失われています、しかもその歴史の背景には重々しい民族の対立や根深い宗教の対立など、計り知れない困難が待ち受けています。

                     花嫁が境界を越えることで起きたトラブルで、右往左往して万策が尽きてしまう中で、何もかも無視して境界のゲートを押しのけて力強く歩んでいくシーンに、思わず拍手を送りたくなりました。短いけれどシャキッとしたお勧めの映画です。

                    映画三昧

                    0
                       非番の水曜日相変わらず腰の状態も今一で映画を見て貴重な1日を過ごす。花粉症の薬を病院でもらって、午後銀座に繰り出し1本目S・ジャクソンの『クリーナー』を見る。 殺人事件などの後始末で、その現場を清掃する仕事を通じて物語が展開していくのですが、先がそこそこ読めてサスペンス映画にしては、ドンデン返しが若干浅いでしょうか?

                       ブラピの『ベンジャミン・バトン』を見ようとピカデリーに行くと、アカデミー受賞映画『おくりびと』を見る人が長蛇の列、チケットを買うだけで時間がかかりそうなので、処を変えて池袋に転進、W・スミスの『7つの贈り物』を見ることに。

                       先日見たアンジーの『チェンジリング』も、珍しくシリアスな役柄だったが、この映画もW・スミスにしては珍しくシリアスで、役柄の広がりを感じました。

                       しかしこの映画私的には★★★★です。最初は皆目見当がつかず観客を何処に導くのだろうか?と思うほどストーリーの動きがぎこちないのですが、中盤からはようやく「贈り物」の中身の部分が垣間見られて行き、主人公ベン・トーマスの苦悩と相俟って、エミリーと云う女性を介在して物語は大きく展開していきます。

                       トーマスがある事故で失ったもの、そのために傷ついた心のよりどころを求めて、贈り物をしようと心に決めている。そして贈り物をする時がやってくる、その贈りものとは・・・・。最後に感動的な結末が見る者を泣かせます、う〜ん良かった。


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM