スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    P1でマンtoマンの講習会

    0
        急遽山の会員の要望でビレイや懸垂技術の講習をP1で。沢登りで上手く登れない、手慣れた懸垂下降が出来ない、沢登りは自然の中で行うリスクの伴う分野ですから、その辺の技術はそれなりに出来ていた方が良いと言う事で。

       曇り空だが蒸し暑い。P1はお盆休みで火曜日にしては混んでいた。常連さんではO村さん、N木さん、O田さん等が暑さにめげず登っていた。まずはボルダリングを、沢登りには必ず出てくるヘツリの練習になる。フットホールドに乗せて上手く体重移動する事が難しそう。

       続いて懸垂下降の一連の流れをおさらい。ヌンチャクを使って仮の支点としてのシークエンス、セルフビレイから下降器のセッティングまで、速やかに出来るまでを繰り返しやってみる。ただし、実際には多様な条件で行わなければならず、こればかりは実践で慣れる事の方が大事だ。


       次にトップロープでの登り。スラブ壁のルートを登ってもらう。5・7位まではスムーズに登れるが多少なりとも傾斜がきつくなると難しそうだ。これまた、日常のトレーニングが上達の秘訣、室内の壁でも充分効果があるので、通う事をお勧めした。

       5時頃には講習が終わり、課題の「戦艦」白口11・Cに2便トライしたが、いずれも核心の1手が出来ずにまたしても撃沈した。相性もあるのか同じ「戦艦」の黄色⇒11・C/Dの方が登りやすく感じる。

       核心の平行のクラックの右奥の所に、指が掛からないのが出来ない理由だが、O田さんの指摘では最後のクリップに左手を使い過ぎだと言われた。成る程、フォールした時の事を考え、右奥に掛けていたが、手前でも危険がないと言う。う〜ん、その辺りなのでしょうか?次には変えてみてトライしたい。

      P1白バーRP成らず

      0
          中1日でP1に出勤。本日も暑さのため電車通勤で2時半頃P1に到着。常連さんのO田さんはサイクリングで欠席の報。O村さん、N木さん、が熱いトレーニングで頑張っています。いやはや中高年元気がありますな〜。

         あすの小川山の調整で軽いジムトレのつもり。いつものアップルート「ウェーブ」黄色口5・8、「ほこら」の紺口10・BをTみさんにビレイしてもらって登る。早めに上がる予定なので、私にしては珍しくテンポよく続けて「奥壁」緑口10・B、「戦艦」緑バー11・Aを登ってアップアップを終える。

         本日は日曜日登れなかった「戦艦」白バー11・Cのリベンジに来た様なものだが、1便目核心の手前でテンション。明らかに疲れが取れていない。ほとんどムーブは出来あがっているので、出来ない筈じゃ〜なかったのにショック。


         火曜日の妻たちもこの暑いのに元気にトレーニング。今日もテーブルには菓子類や果物が並んでいて、有り難く戴きました。I井さんが持参したブラックべりー?は、お庭で栽培した取りたて。甘酸っぱくとても美味しい果物です。これも火曜日のP1の楽しみの一つ。

         さて、白バー2便目。先ほどよりはいい感じ。下部はもう自動化して持久力勝負だったが、核心の水平クラックの奥に指先がどうにもこうに送る事も出来ず、無念のテンションでRP成らずの5連敗だ。これは私には黄色バー11・C/Dより相性が良くないか?

         しかしこれをOSしたO村さんはやはり凄過ぎる。しかも本日は、「戦艦」の緑十字12・Bを若者には負けずとばかりの登りこみ、ムーブをこなしております。少しは見習いたいものです。
         

        熱中症

        0
            日曜日のP1に久々のジムトレでしたが、暑さが半端ではなく厳しい1日でした。流石にこの暑さでは自転車通勤も危険なので電車で行く。11時半頃にジム入り、T田さんも到着して早速アップ。


              「戦艦」の緑バー11・Aを登る

           易し目を4便登って、「戦艦」の緑バー11・Aを1便入れて、白口11・CのOSトライだったが、本当に噂の通り最後の3・4手が結構悪くて登れませんでした。兎に角暑いので常に水分補給で、何だか上腕に力が入らず、モチベーションも今一なトライでした。

           で、結局惰性で3便出したが、ことごとく終盤で力尽きて3連敗してしまった。とくに最後の横筋のクラックホールドのマッチの右奥に持つまでが出来ず、散々な1日でした。何とか3便続けたのでムーブは繋がったが、これは厳しいかもしれない。


           AちゃんのボルダーチョークB、「ランドール」

          P1黄色バー11・C/D、RP

          0

             今日いつもの火曜日ジムトレで「戦艦」の黄色バー11・C/DをRPしました。都合5便目で、何とか登れました。何だか不思議なRPで、クライミングの妙味を改めて考えさせられるトライでした。

             梅雨の晴れ間にしては厳し日差し、荒川沿いのサイクリングロードから南側に塔が見えた。一瞬スカイツリーかな〜と思ったが、どうも違うようだ。行く先の川口方面は霞んでいる。10分ほど進むと右に鮮やかな高い塔が見えそれがスカイツリーだ。


             さっき右に見えた小振りの塔は東京タワーだったのかもしれない。今やスカイツリーの興隆で見向きもされなくなった東京タワー、建造物ですら時代遅れと言われる。まるで平家物語だ。荒川沿いの堤の道は紫色のアカツメクサで覆われている。

             行けども行けども何処にでもある様な名前の知らない緑色の雑草と、紫色の色彩を帯びたアカツメクサのサイクリングロードが延々と続く。そう言えばこの道で昔の職場の上司とばったり出会った事を思い出した。それはジムの帰りに上流から無言で通りすがった自転車に乗った人の眉毛が訴えていた、私だよと。

             お互いに示し合わせた訳でもなくめぐり会うこと、偶然のいたずら。しかしそれは、その時出会うべく出会ったのかもしれない。そのように、運命的にどこかで繋がっている何かで。取りとめもない話をして「それじゃ〜お元気で」と言って別れた。

             河川敷のグランドでは子どもたちが部活の前か?水のかけっこをいている、無邪気なすっとんキョンな奇声を発しながら、戯れている。その状況だけをみるとここには健全な子どもたちのコミニュティーが存在していると思った。裏側の事は判らないが・・・・・・・・。

             暑さのせいでいつもより20分近く余計な時間を費やした。しかしそれは厭なことではない、目いっぱい汗をかきながら、高い空を見上げたし、「チョキチョキ、チュチュチュ〜」とか鳴いているヨシキリの歌声も確かに聴いた。ヨシキリはレパートリーが多い、数々の歌を歌う。多分そこにず〜と座って聴いていても飽きることはない。
             
             春に絵文字でかかれた新荒川大橋に近い堤の芝桜の面影は今はない、ただただ緑に覆われている。ひとまず自転車を降りて、新荒川大橋の坂を登り橋を渡る。遥か秩父の山奥から濁流にもまれ、多くの栄養分を携えて静かな流れとなってやってきた水面は、心なしか穏やかだ。


             さて今日は山の会の役員会であまり登る時間はない。前回出来なかった「戦艦」の黄色バー11・CのRPだけに集中して登ろうと決めた。アップを4便出して取り付こうとしたら、あらまぁ〜、グレードが11・C/Dに変わっているではありませんか?

             どうやら社長チェックが入ってしまったのかもしれない。で、「戦艦」茶×10・DをOSして取り付いた。5時30分の予定通りのトライ。しかし下部のムーブがぎこちない、中盤はリズムは良い、しかし余りパワーを感ぜずハングの真ん中で大レスト。充分右手を休ませる、終了点取りに如何に右手を休ませるかがポイントだ。

             核心のパートが始まるとムーブに迷いが生じる、動きもぎこちない。心は「これは登れそうもない」と訴えている、しかしここから奇跡が起こった。右のピンチ取りを「左手で取りなさい!」と言う筋肉の声が聞こえた、今まで1度も試した事のないムーブだった。そして言うがままに左手で保持して右手をマッチした。

             左ガバから右カチを保持して、ほとんど確信のないままに左デットで飛び付いた。しかし、終了点が左手にかかっている「そんな馬鹿な?」と思いながら、終了点にクリップした、都合5便目のRP 。これほどRPの感触を感じないまま登れた事はあまり経験がないのでびっくりだ。

             やっと黄色バーが登れた、それも何の根拠もなく、クライミングは奥が深い。
             


            パン1「戦艦」黄色バー撃沈

            0
               蒸し暑い曇り空、中3日でパン1に出勤。後一手だった黄色バー11・Aが登れない。誰かが言っていた、「だんだん到達点が下がって来るよ」、今日の1便目は、その予言通り最終面の右ピンチホールドで落ちてしまった。


                   「戦艦」黄色バー11・Cを登るO村さん

               アップの時点では中3日の影響か、体も軽くいい感じでかなりの確率でRPがいけそうだと思っていたが、この黄色バーの最後が難しい。いろんな人の登りを見たりすると、自分のオリジナルなムーブが判らなくなってしまい、「こんな筈ではなかった?」と自問しながら、違うムーブでフォール。

               最後の1手は右手の保持力勝負なのだが、そこに至る3・4手は一定のリズムが必要なので、今日の様に流れを無視すると終了点取りの態勢が作れない。しかも最後は流れのままに一気に行かなくてはならない。何だかずるずると終了点落ちが続く様な雰囲気だ。


                 この最終面の処理が難しい

               2便目はその辺を修正して最後の1手まで持ち込んだが、レモン形ピンチ取りがクリーンヒットせずに一瞬持ち替えた事が痛かった。後1手の核心、腰が壁から押し出されデットで飛び出していったが、予想通りのフォール。これで4連敗。さて、どうなるのかな?

              P1ミスターのルート

              0
                  梅雨の晴れ間とは言えジムに行く事すら勿体ない様な真っ青な空、清々しいそよ風の中を自転車でP1まで遠征する。目標のエルザタワーも遠景に現れ、途中からはスカイツリーもはっきり見える程の乾燥した空気は気持ち良い。ほぼ1時間10分で到着。


                 しかし何故か本日は常連さんのN木さん、O田さんはお休みの様です。まだまだミスターの事が皆さんの心に残っているようで、重い空気が漂っています。お通夜に行った人の話では600人近い参列者で一杯だったとか、まるで風雲児の様にこの世を通り過ぎて行ったミスターの人柄が偲ばれます。


                 と言う事でミスターが設定したルートが「sora」に3本「戦艦」に1本遺作が残されているので、本日はミスターを偲んでそのルートを登ってみました。まずアップがてらに黄色バー5.8、次に黒口10・Aは「ほこら」にもフットホールドがあって中々テクニカルなルートで、10台では出色なルートでしょう。


                    ミスターのルート「Sora」白口11・A★★★

                 左側にある白口11・Aですがこれもテクニカルで、ルートの読みやアンダーやハイステップ、フットホールドの置き換え等あって良いルートでした。「そこは思い切ってハイステップで」と言うミスターの声が聞こえるようでした。これから名ルートセッターとしての活躍が期待されていただけに、とても惜しまれる存在でした。

                 最後に「戦艦」の黄色バー11・Cを登ってみました、OSトライでは後1手まで行ったルートでしたが、本日はその最後の右のカチが取れませんでした。どうにも今回の設定は厳しいでしょう、カチからの終了点取りを2回ほど練習してムーブは繋がりましたから、何とかなりそうな雰囲気はありますが・・・・・・・・。次のトライが楽しみです。

                P1「戦艦」リニューアル

                0
                    サイクライミングでP1に行く。昨日P2で結構登ったので本日は下半身の強化を狙って、少しルートを変えてP1に出勤。柳瀬川に沿って走り、次に新河岸川に出て、最終的には荒川のサイクリングロードで川口まで2時間かかったか。


                   初めての道程で綺麗なお花が道端に咲いていました。お花と言えばP1にはミスターを偲んでテーブルにお花が献花されていました。スタッフの丸ちゃんもトニーも心なしか悲しそうです。ルートエリアに向かうガラス戸にはお葬式の知らせが張ってありました。

                   P1では数々の名ルートを設定したミスター、彼が精魂こめて作ったであろうルートの壁に、今あるルートを楽しく登るのがせめてもの供養になるのでしょうか。本日は新しくなった「戦艦」のルートを2便トライいたしました。緑バー11・Aは易しかったが、黄色バー11・Cで見事に嵌ってしまった。


                        新しくなった「戦艦」の右のルート

                   今日はコーディネイトの日と決めてきたものの、クライマーのかなしい性、アラカンさんやM永さん等に勧められ、体調も良かったので黄色バーだけにチャレンジしてみた。今回の「戦艦」のグレードは今世紀最大?の辛さだとか、11・Bですら名だたるクライマーが討ち死にしてしまったとか。

                   しかも黄色バーに至っては、OSで登った常連さんがいないと言う厳しいルートらしい。どうも新人セッターの講習会的に作られたらしく、営業など全く考えない若手セッター無制限?の設定らしい。セッターのセッティングの妙味は、思い描いた(仕掛けどころ)ところでクライマーが落ちてもらう事が最大の喜びとか?(まぁ、あくまでの推察ですが、これは常連さんの一致した意見であります)

                   で、黄色バー。出だしが前の黄色⇒より厭らしい。中間はむしろ易しいが最後の右の甘いカチからの終了点取りが激悪だった。デットで左手出しの体勢を作るのが難しく、皆さん同様の終了点落ちでした。「これを1撃すれば英雄になれるよ!」のアラカンさんの囁きに応えられずの敗退でした。しかし感触はそれほど悪くはなかったな〜。

                   これで中2日で火曜日のP1のジムトレ。良いローティーションになると思うのだが・・・・・・。

                  ロープワーク

                  0
                      いつもの火曜日P1トレーニング。夜に山の会の講座があって電車通勤です。本日は常連さんも少なくいつになく盛り上がりに欠けるジムトレでした。





                          ホールドにもメーカーの印が付いている?

                     そんなわけで1テンに迫っていてリーチが掛かった黒バー12・Bのトライは、モチベーションも体調も今一な感じでRP出来ませんでした。この所快調なクライミングが続いていただけに、バイオリズム的に下降線を辿るつつあるのでしょうか?

                     常連さんのO田さんもN木さんもやや不調と言う事で、刺激のないクライミング日和。ストレッチとよもやま話で3時になってやっとアップと言う体たらく。「ウェーブ」黄色口、「ほこら」紺口、「奥壁」緑口を登っても中々体がほぐれない。その内うとうとしてお昼ね、全くダメダメな状態です。

                     で、1時間ほどまったりして「奥壁」黄色口10・Dを登って、1便位は触っておこうと黒バーにトライ。ソールもアップシューズでトライするあたり、気持ちが入っていない証拠だ。案の定核心のハイステップが出来ない。次の右デットもやっぱり1発では決まらず、本当に気持ちの入らないクライミングで、ロアーダウンです。まぁ、こんな日もありかな?とも思う。


                           5時ごろから1時間くらいは3人で貸し切り状態

                     軽くクールダウンして6時過ぎにはジムを出て、大宮に向かう。講習会の為にネットとかでいろいろ調べ、実際にロープを切ってみたりして中身を確認するなど準備だけは万端。ロープについて調べるのも、結構奥が深く大変だった。

                     取りあえずはロープの構造から説明する。ナイロンと言う合成繊維のファイバーを何十本も合わせてヤーンという糸を作り、ヤーンを撚ってストランドが出来あがり、それをS撚りZ撚りにしてコア(芯)を作り、マントル(表皮)と呼ぶこれまた繊維で包んでカーマントルと呼ばれる、ダイナミックロープが出来あがる・・・・・・・。う〜ん、なんのこっちゃ!

                     次に本題の結び方の基本、8ノット、プルージック、インクノットの実践編です。ロープワークは「習うより慣れろ」と言う事を強調して、実際に家で練習してくださいと、締めくくった。久々に勉強会なるもののお喋りで、すっかりのどが渇いて、帰りにはしこたま冷えたビールを飲みました。一仕事終わった、やれやれ。
                     

                    P1「奥壁」黒バー物語続く?

                    0

                       連ちゃんの今日「奥壁」黒バー12・Bは登れませんでした。アラカンさんや、その他大勢の声援にも応えられず、前回と同じ所でフォールしてしまい、予想通りの?RPはならなかった。今日はアクシデントもなく純然たる力不足のフォールで、まだまだ精度を上げて行かないとRPは出来ないと言う感じかな?流石にP1の12・Bは敷居が高いようです。

                       今日はT田さん、H谷さんと久々のP1でのクライミング。終わった後の食事会の約束もあり、課題をサクッと登って、美味しいビールにありつけば最高のシュチュエーションな訳だが、そうは問屋がおろさなかった。まぁ、黒バー12・Bは難しいルートな訳で、もうチョイ頑張ってと言う事らしい。


                                   通勤途中 道端のお芋の花

                       約束通り11時にはジムに到着。飲み会の予定もあり電車通勤。常連さんの出足が鈍く、アラカンさんがボルダーで登っているが、なんとも寂しい限りだ。いつもこの時間には来ているN木さんはどうしたのかな?不安を抱きつつストレッチしていると、H谷さん、T田さんが出勤しビレイヤーの心配はなさそうだ。

                       「ウェーブ」の黄口を2手飛ばしで登ってみる、結構体の伸びは良い。H谷さんには2手続くデットの登り方を伝授。つまり右右・左左と言うやつ、目の前にホールドが見えてもデット出来ない・手が出ない弱点修正のためだが、足が悪かったりすると手が出ない事もあって、その辺が上達を阻んでいるのかな〜。言うのは簡単だが教える事は難しい。

                       「ダイヤ」黄色バー10・B、「ほこら」紺口10・B、そして「奥壁」緑口10・Bを登って黒バー12・Bのブラシング、あまり登られていないのか、チョークも付いていない。まぁ、リーチが掛かったので準備だけは万全にしたい。黄口10・Dを1便入れて攻撃体制は「整いました〜」。

                       観衆も多く緊張する、初手のピンチ持ちの感じも4日前とは微妙な違いがあるのかな?う〜ん判らない。2ピン目のカチでのクリップも一瞬持ち直し気味で、これまた微妙な感覚。それでもその先は流れに乗って中盤の連続する核心の2手は上手く行った。

                       ポケット3連発の左トラバースも問題なく、7ピン目のクリップも決まった。1シェイクして右ピンチガバで8ピン目の最終クリップ。まだまだ余裕だったが、左ポケットから右ピンチ持ち辺りでよれ始め、「次は取れないかもしれないよ〜」の弱い心のささやきが聞こえてしまった。


                       このポケットからのムーブが最後の核心

                       案の定ムーブは起こしたが腰が引けてこれを取れば!のホールドに届かない。で、お決まりのフォール。ここいら辺が自分の課題だ。極限状態でも強気で行くって所が足りない。う〜ん、大反省だ。次回にはこの頑張りどころでバシッと行けるか、何とか克服したいものです。

                       2便目は一応トライはしたが、気持ちも体も終わっていて、単なる自動化のためのトレーニングになった。でもまぁ、核心部も何とかよれても抜けられるようになったので、無意味ではないようです。取りあえずはトップアウトして、黒バー物語は続く。


                       「戦艦」水色バー12・BをトライするK本さん

                       クールダウンで「ダイヤ」の赤バー11・Aを登ってT田さんの課題をトップロープに。H谷さんもトライして、体を伸ばすいいトレーニングです。最後に「奥壁」の緑口を登って、写真撮影、K本さんの「戦艦」水色バー12・Bの登りを収めました。高度感があってカッコいい。


                          駅近のK園での食事会?泡の飲み物が美味しい

                       お約束の飲み会は川口駅近の秘密の中華屋さん。安くて美味しい良いお店です。今回で4回目くらいか?これからもたびたび寄る事になると思う。ビールは冷たくて、うめ〜・・・・・・。これだからクライミングの後の泡泡?は堪らない。ただし筋肉には悪し。


                      パン1黒バー12・Bワンテン

                      0
                          夕方から雨と言うので、自転車通学は止めて朝霞台まで歩いてパン1へ。日差しも強く雨降んのかな〜、と疑いつつ電車に乗り込む。何だか久し振りに南浦和駅で乗り換え。川口駅からの徒歩20分も懐かしい。12時半にはP1に到着です。


                                 いつもこの時期に出会う道端のお花  懐かしい
                         
                         N木さん、O村さん、U田さん、Kanさん、K澤さん、M澤さん等の男性陣、U田さん、I井さん、M井さんらの女性陣、常連さんは不滅です。後にO田さんやI藤さんも見えて、いつもの火曜日のP1の賑やかさがテーブルに囲まれたラウンジ?に漂います。

                         

                               今日のP1、「ほこら」の終了点から

                         ストレッチの後2Fでボルダーを少しやってルートエリアに戻り遅い昼食。アップを登り始めるのは2時を過ぎた。O田さんにビレイしてもらって「ウェーブ」の紺口赤バー、「ほこら」紺口・「奥壁」緑口を登って黒バー12・Bのブラッシング。もしも下部の核心抜けて来たら?の為の準備だが、実際その時点でその通りになるとは思いもよらなかった。

                         まぁ、かなりムーブも洗練されてきていい感じにはなっているが、中盤の核心を1度も越えていないので、どうにもRPのイメージも浮かばない。ただし動きは良いので大事に行きたい、アップ4便でトライするか、もう1便出してからトライするかかなり迷った。結局もう1便「奥壁」の黄色口10・Dを入れる事にした。

                         それが正解だったのか判らないが取りあえず1便目スタート。右ガバで最初のクリップ、左の長ヌンのクリップの後いつもは左右の足入れ替えるのだが、いきなり左足で解決する、体が軽いぞ。4ピン目のクリップまで順調にムーブをこなす。かなりいい感じだ。

                         さぁ核心の1手ハイステップ。思い切って引きつけて体をロックして右手出し、ピンチが初めて止まった!結構余裕がありクリップ。連続する核心第2弾右の遠いデットも、2・3回体を左に降ってえいっーと送ると、これまた止まった。

                         初めての経験で頭で整理できないが、次のポケット3連発は楽に進み7ピン目にクリップしてシェイクする事も出来た。あれほど苦しんだ核心を越えた事が信じられない自分がいる。まだRPの感触はないが、次のカチガバのクリップが上手く出来たので、もしかしたらの?気持ちが湧いてきた。

                         左ポケットからの右カチも上手く保持出来た、この先のパートもいい感じしか残っていない。イケるかも〜も気持ちで左カチを捉えようとしたら、左手のポケットに指先がひっかってしまった。ホールドを捉えきれない無念のフォール。惜しい、悔しい、気をつけなくてはいけない所だったので、余計に悔しい。



                               後4手だったが・・・・・
                         
                         焦りはなかったのだけれど、あまりにも上手く行き過ぎて注意力が足りなかったのかな〜。すぐさま戻ってトップアウト。そんなに上腕も張っていなかったので、あのミスさえなければと思うと、タラレバの後悔がじわじわと湧いて出る。まぁ〜しかし、これぞ12・Bと言ったところか。4テン位からいきなりRPでは罰が当たると言うものだ。

                         2便目のトライは1時間後、やはり中盤の核心ハイステップは1発では決められなかったが、次のパートは繋げる事が出来た。最終クリップでよれたが、ほとんどムーブはいい感じで仕上がっている。4テンからいきなりリーチが掛かった出来過ぎな感じだが、後はコンディション次第と言う事か?

                         これでP1、P2とも12・BのルートにRPの光が見えてきた。頑張ってチャレンジしてきた甲斐があったというものだ。この勢いで明日はP2に行くか、う〜んどうしようか?


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << October 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM