スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    土曜日P1で鍛える

    0
        北朝霞駅までチャリで行き、武蔵野線先に来た電車で、P2かP1かを決めようと何の根拠もない選択だったが、南浦和方面の電車が早く、P1に行く事にした。それでもP2だと持久力トレ、P1だと「戦艦」黒バーと言う具合に、明確な課題はしっかりと存在する。

       この所すっかり夜型人間になってしまい、2度寝して1時過ぎにP1に到着。外岩シーズンで空いているかと思ったが、常連の皆さんがしっかり登っておられます。大御所O田さん、N木さん、OKさん、H川さん等多士済々のメンバーです。

       何時もより増してストレッチに時間を掛けて、カップラーメンとお握りで昼食後アップ開始。S田さんにビレイしてもらって「ウェーブ」のいつもの黄色バー5・8から登り始めますが、S田さん曰く「まさかクールダウンじゃ〜ないでしょうね」の一言が、始動が遅いトレーニングに疑問を呼ぶようです。

       そうなんです、何故ストレッチに1時間近くもかかるのか?とても理解はされない。自分にも説明できないが何となく何時もそうやっているので、ストレッチで充分体を解す事が気持ちよく、何となく動きが良くなるような気がするだけです。科学的根拠はありません。

       「ほこら」の黒⇒10・Cと「奥壁」緑口10・Bを登って、同じく紺バー11・Aを登ったら、6ピン目のクリップで手繰り落ちしてグランドまで後1・5m位までフォールして、ビレイしていたH川さんの度肝を抜いた。「まさかこのルートで落ちるとは思わなかったので、びっくりした」と。う〜ん、罪つくりだった。

       と言う事はかなり調子が悪く、一休みした後チャレンジした「戦艦」黒バー11・D/12・Aはほとんど各駅のパフォーマンス、トップアウトも出来ない体たらくで、最後の核心のパートにも入れなかった。木曜日の講習会の後中1日なのに、ホールドの持ちが良くありません。

       本当にクライミングはメンタルなスポーツです。一時オペラの鑑賞に行ってO田さんが帰って来た6時過ぎに2トライ目にチャレンジする。しかし中盤の7ピン目のクリップが辛くテンション。クリップ核心が克服できない。1テン入って上部の核心に入るが、やはり最大核心が出来ない。黒バー難しい。


                   「奥壁」赤⇒12・Aを登るN木さんのムーブ

       帰りがけ「ほこら」の白バー11・Aに取り付いていた女性グループの登りを、皆であれこれムーブ探し、O田さんが参考にしてもらおうトライしたが、どうも良いムーブが見当たらない。そこでチビ助の自分が登ってみて参考のムーブを試してみたが、やはりO田さんと一緒で、結局何の役にも立たなかった。

       土曜日のP1、久し振りに11台の難しさを再確認した。黒バーまたチャレンジしよう。

      木曜P1特別講習

      0
          あっという間に11月になった、少し寒いが外岩の条件はそれほど悪くない時期です。火曜日に甲府幕岩に行ったため、開催できなかった講習会、本日に変更して6時から始めた。今日で2回目のWさん、Uさん、T橋さん、そしてスーさんにもお手伝いしてもらった。

         爽やかな日差しの中、北朝霞までチャリで行き、2時半頃P1に到着。木曜日のP1は何時以来だろうか?曜日が違うとメンバーも違って、新しい交流が生まれるのもまた楽しい。常連さんのN木さん、S田さん、それにM沢さん等で賑わう木曜の午後です。


                「戦艦」を登るS田さん

         さて、6時まで時間はあるが遅くなるとビレイヤーがいなくなるので、ストレッチして4便ほどアップすると5時近くなり、慌てて「戦艦」の課題黒バー11・D/12・Aに取り付いた。しかし、このルートやはり難しい、下部からパワーを吸い取られ中々ノーテンで核心まで行けない。

         本日も中盤のいやなクリップでテンションしてしまい、核心のパートにすら到達できなかった。出来ないムーブはないけれど、私にはどれもこれもホールドが気持ち甘い様な気がする。したがってオープンハンドで行きにくい所がパンプの要因かもしれない。まだまだ登りこみが足りないようだ。

         6時きっかりにT橋さん等が現れて早速クライミング再開。5・8辺りのルートから登ってもらい、前回のおさらい。Uさんとwさんにはビレイの基本を実践してもらった。プロの講習会ではないので系統だった技術は教えられないけれど、登り方のイロハや確保技術は繰り返しやってもらえば、何とかなるようだ。

         で本日は前回よりワンランク上のグレードを登ってもらったが、ボルダーと違ってクリップの動作が入るので、力が入り過ぎてパンプしてしまった様です。自分で登るのは良いけれど、教える事って結構難しいものだと再認識しています。まぁ基本は習うより慣れろなのですが・・・・・・・。

        火トレパン1、黒バー撃沈

        0
           第3火曜日は山の会のジムトレの日となったが、事前の予約が無いので本日の講習は無しと判断して、本格的に自分のトレーニングメニューで登ることにした。生憎の雨模様、帰りの暗い夜道の自転車も辛いので、電車通勤でパン1に12時半頃到着です。


              「戦艦」緑十12・Bを登るO村さん

           何時もの火曜日組のO村先輩、N木さん等がスタンバイ。入念にアップして準備するが、今日は湿度があって蒸し暑い感じがする。やがてO田さんや、I井さん等が来て、I井さんにビレイしてもらって、「ダイヤ」緑口10・A、「ウェーブ」水色バー10・B、「ほこら」黒⇒10.B、「ウェーブ」の新作オレンジバー10・Cを登る。


           こんな本が置いてあった、理想的だが・・・・・

           今日の課題は「戦艦」の黒バー11・D/12・A。先週初めてトライしてボロボロだったルート。全体を通して難しさを感じるP1独特のルートで、しかも最後の2手が悪くトップアウトすらままならないルートだ。本日は何とかムーブだけは繋げたい。

           O田さんのビレイで黒バーにトライ。スタートホールドからスローパー、出だしでガツンとやられる。第2ハングの乗り越しの1手も右手を出した瞬間体が振られ、一瞬間が空いたりして簡単ではない。傾斜の緩んだフェースの6・7ピン目辺りのクリップが悪く、ここでテンションが入ってしまった。

           ここらの2ケ所が小核心と言ったところ。第3ハングの出だしでレストポイントがありマッチして休めるが、この後のパートが一段と厳しいムーブが待っていて、右にトラバース気味に行く2・3手も繋げてくると保持できるか自信がない。


            初手からスローパー、難しい11・D/12・A

           さらに右手のアンダー気味のホールドからの1手が最大の核心で、左にヒールが掛けられれば左の甘いホールドにスタティックに届くらしいが、そのヒールが効く人とそうでない人では格段の違い、私には全く掛からない、と言うより形は出来るが間横にヒール出来ないので体を上げるムーブにはならない。

           と言う事でデットで行く羽目になるので、この1手が上手く決まるまでRPは難しい。テンション掛けて上腕を休めれば良い位置にデット出来るが、繋げてくると厳しいムーブです。何とか1便目はムーブが繋がってトップアウトは出来たが、2便目は1テンで核心まで来たが、デットは届かずフォールして終了。都合3便目だが、さてどのくらいかかるのだろうか?

          体育の日P1で登る

          0
              事務作業が早く終わり、急遽P1に行く事にした。日中ブラブラするのも運動不足、クライミングでストレス解消だ。ここは暫く振りの自転車で通勤する事にした。全く根拠はないが何だか自転車は腰にも良い様な気がして、12時前に出発だ。


                      スカイツリーも見えていた、何処だろう?

             荒川土手のサイクリングロードはすっかり秋の気配。多少の向かい風も気にならず、河川敷のグランドでは野球・サッカー・ゴルフは勿論、どこかの女子校の駅伝のチームが走りこみをしていた。体育の日に相応しい秋の空は、そんなスポーツに勤しむ人々を柔らかく見守っている様な・・・・・・・・。


                   グランド周辺はスポーツを楽しむ人出賑わっていた

             写真を取りながら走ったので、何時もより余計に時間がかかって1時半頃ジムに到着。しかし常連さんがあまりいない。3連休でクライマーも疲れてしまったのか?S藤夫妻とOKさんだけが顔見知り、後にO川さんと、N口夫妻が現れてほっとする。登りたくともビレイヤーがいないと話にならない。


                 「戦艦」の茶口12・Bを登りこむN口さん

             で、O川さんにビレイしてもらってアップ開始。「ウェーブ」黄色バー5・8からスタート。「ほこら」黒⇒10・Cと「奥壁」緑口10・B、「戦艦」緑バー11・Aを登ってアップを終えた。今日はルート替えして手を付けていない11・A、Bを登る事にした。

             早速「戦艦」の水色十11・AにOSトライ。「戦艦」は11・C辺りから極端に悪くなるが、この辺りのグレードは登りやすく、サックリOS出来た。続いて紺口11・A/B、これまで触っていなかったのが不思議な感じ、先に黄色バーとかの難しいのをやっていてチャンスがなかったが、何とかOS。

             少し昼寝して?いる間に「富士山」のエリアではTR教室が始まり、スタッフの丸ちゃんの声が一際エネルギッシュにルートエリアに響く。見た目にも遠いホールドをハイステップで取りに行く、パンプのウリにしているムーブの練習。最後にランジが、だがその前に殆どの講習生が撃沈していた。


             最後に「ほこら」の白バー11・Aを登った。初手のレイバックが慣れないと辛いけれど、基本ガバホールドでこれまたそれほど力を使う事もなくOS出来た。「ほこら」はオレンジ口の12・Aまであるけれど、赤バー11・Cとか難しそうなのあって、まだ手つかずのルートもあり楽しみだ。

             6時前にジムを出たが、すっかり夕暮れになり電灯を付けての帰り道。暗がりの中から突如としてランナーが現れたりで、気が抜けない夜のサイクリングロードをひたすら走って帰宅した。いい運動になった。

            腰痛再発

            0
                季節のことわざ通り、お彼岸を過ぎて嘘のように涼しくなった。これからが外岩のシーズンなのだが、どうやら腰の状態が思わしくなく、週末の外岩のクライミングは怪しい。ここ2日ほど朝起きた時が酷く、端々を伝って行かないと歩けない。用心した方が良いと言う知らせでもある。


               それでも体を動かいていると、いつの間にか痛みも消えていくので、取りあえずコルセットを装着して火曜のジムトレにP1に向かう。しかし悪い事は重なるもので、ジム近くの横断歩道で軽のワゴン車と接触してしまった。特別痛めた所はなかったが、ジムに着いたから少しずつ痛みだしてきて、ストレッチもままならない。

               それでも少しは動けるので易しいのを2本ほど登ったが、この状態では登っても楽しくないので、諦めて久し振りのT橋さんT本さん等とクライミング談話。そこに浜パンのMK店長が若い女性のスタッフ・ジェシカ?さんを伴ってやってきたので、丁度いい話相手になった。

               ボルダリングジムのスタッフの間でリードクライミングが流行っているらしく、「ビレイ初めてです」と言いながら、教えられたビレイもしっかりしている。また10台だったがそこそこ登れて、身のこなしも様になっている。「ほこら」のルートを登っている時上腕が張ってしまい、MKさんから「そこは両手で持って」と言ったら「両手がテンション!」と、面白い返事が変ってきて爆笑した。

               何だか初々しい姿を見ていて腰の痛みも少しは和らいだかな?ダべリングも終了して5時過ぎにジムを出た。果たして明日どうなるか、それが心配だ。

              P1「ほこら」白口11・A、OSならず

              0
                  お昼過ぎ携帯を持って、ドコモで修理診断。濡れた状態が悪く修理不能とのことで、代替機を出してもらい、保険が掛かっていたので同じ機種の新しいものと交換です。やれやれと言ったところ。携帯がこんなにも水に弱い事を学んだ。

                 1時半頃P1に到着、N木さん、O田さん、アラカンさん、N峰さん等何時のも常連さんで賑わっています。先々週の忘れ物のハング用の眼鏡も出て来て一件落着。世間話をしながらストレッチ、新しくなった「ほこら」が今日も1番人気。

                 「ウェーブ」黄色口5・8からアップ、「ほこら」のピンク⇒10・Bは極普通、黒⇒10・Bも悪くはない、もう1本10・Cを登って、噂の白口11・AにOSトライした。下部は難しくもなくすんなり核心まで行ったが、その核心の1手が激悪で左手が出ない。

                 左手が出るように右ホールドを探っているうちに、だんだんよれて来て左手が出ないうちにテンションです。成る程我々のレベルではOSが出来ない訳だ。持てるホールドではないのに持とうとして失敗する、頭では「左手を出せ!」と言っているのに、体が反応しない。

                 運動の神経経路が上手く伝わって行かない、実に鍛え方が難しいOSでは悩ましいルートでした。しかし、このような1手物のルートはどうなんだろうか?多分1回登れれば充分な様な、ルートとしてのの面白みはあまり感じられない。


                             「ほこら」オレンジ口11・Dを登るN木さん

                 で、2便目の挑戦はせずにオレンジ口11・Dにトライ、短いながらもいろんなムーブがあってこちらの方がダントツに面白い。中盤の左手でアンダーを差すムーブが核心、態勢を作るのが難しくここでテンションが入り、後は各駅になってしまった。

                 最後の終了点取りも蜂の巣状のホールドが悪く、ここは飛ばすのが正解のようです。「ほこら」は課題がまだまだ残っていて、充分楽しめそうです。山の会の役員会があるので、6時頃に終了。

                 帰りがけにこの所通っている、駅前の「健康堂」と言う指圧屋さんで体を解してもらった。

                P1「ほこら」がリニューアル

                0
                    定例の火曜日P1のトレーニング、9月になっても一向に涼しくならない。川口駅から汗をかきながら1時半頃ジムに到着。火曜日の常連さんで賑わっているが、リードエリアは暑い。

                   夕方山の会の例会で6時までのクライミング。ゆっくりストレッチして2便アップして、新しくなった「ほこら」のエリアのルートも登る。茶口10・A紺バー10・B紺バーは10・Bにしては悪く感じた。新しいエリアは大人気で、皆さんOSトライを楽しんでいます。


                       「ほこら」白バー11・AをOSするO村さんの登り

                   話を聞くとまだ作られたばかりで、グレードにばらつきがあるようです。しかも最近の傾向として11台からは確実にボルダームーブが入っていて、11前半でも嵌る事も多く、中々気持ちよくはOSさせてくれません。今回の設定では白口はその典型の様で悪そうだ。

                   で、一番登りやすそうなユーキ君のピンク十字11・Bにチャレンジしてみた。出だしの細かいカチからスタート、スローパーもホールドが新しくフリクションが利いて持ちやすい。フットホールドも適度にあってバランスも悪くない。最後は右にトラバースし再び得意のカチ系が続いて何とかOSです。


                    ピンク十字の方が易しそうだ

                   その他11台が4本、12・Aが1本あり、中々バライティーに富んだ内容になっていて面白そうだ。もう少し登ってみたかったが、腰に違和感を感じたので無理せずに終了。帰りに川口駅前の指圧屋さんでマッサージしてもらって、山の会の例会に出席した。

                  山の会クライミング講習会

                  0
                      もう晩夏だと言うのに熱い日々が続く。本日は山の会の講習会を兼ねたジムトレです。夕方の集まりなので遅い時間に出勤です。

                     2時半に到着したが、何故か何時もの火曜日とは思えないほどの混みようだ。すでにH川さんのスイカは跡形もなかった。久し振りにK沢さんM沢さんにお会いした。常連さんでは何時ものO田さん、N木さん、それとOKさんも来ていて、P1は大賑わいです。

                     私の大好きなストレッチを1時間ほどかけて、アップ開始。「ウェーブ」黄色口5・8、「ほこら」黄色口10・A、「ダイヤモンド」黄緑⇒10・A、「奥壁」黄色口10・Dを登って、O田さんご推薦の「富士山」の水色口を登ったが、遠いホールドに2テンでトップアウト。チビ助には厳しいルートだった。今日でP1を退職するトニーの惜別のルートだったが、10・?のグレードのように設定が難しそうだ。

                     その後、まだ登っていなかった「ほこら」の赤十字11・AにOSトライ。結構の人気ルートで気合が入りましたが、思ったほど難しくもなくOS出来た。


                           こう云う風に腰を壁に付けて・・・・・・・。

                     夕方になって山の会の人々が続々と結集、スーさん、Tさん、Kさん、Oさん、それにA島さん等が来てくれて、講習会の始まり。ボルダリングから始め、スラブの易し目を登ってもらった。理屈は分かっていてもクライミングの実践は難しい、今日は足で登る事と、体の振りを中心に講習いたしました。

                     スーさんは「戦艦」の水色口12・Aにトライです。このルート先日のミニコンペのルートで、ハングの出だしから極端に厳しいムーブが出て来て、12・Aでは中々難しい。それでも本日はN木さんがこともなげにスルスルと登り見事なRPです。う〜ん、やりますな〜。


                                    ここからが厳しい「戦艦」水色口12・A

                     で、スーさんに続いてトライしたが、ハングの出口でクリップ出来ずにテンション。まだまだ下部のムーブが洗練されていない。ハングドックしてムーブを探ったが、最後の2手は厳しかった。スーさんはその前の緑アンダーホールドで終了点が取れると言ったいたが、やはりチビ助には届かなかったので、甘いカチで耐えるしかないのかもしれない。

                     9時前に講習会も終了して、川口のお馴染みの中華料理店で本日の反省会?冷たい泡の飲み物でのどを潤した。中1日置いて木曜日はP2です。

                    P1、「戦艦」白口11・Cやっと登れた

                    0
                        朝から太陽が照りつけて熱い日々が続くが、空の青がほんの少し秋に向かっているのでしょうか?外岩の課題が終わってここ数日はいい気分でいられる。山の会の事務作業も思いのほか早く終わり、余勢をかって本日P1の課題も片付けよう言う算段だ。

                       1時半頃にP1に到着。よねひこさんも来ていて、週末のコンペの準備に余念がない。常連さんは何時もの火曜日のシニア連合のメンバーO田さん、N木さんが先着。先日のシニアコンペルートの「戦艦」水色口が大人気になっている。2ケ所ホールドが替えられ12・Aにグレーディングされた。
                       
                       ストレッチもそこそこにして、「ウェーブ」の黄色口5・8赤バー10・A、「奥壁」の黄色口10・Dを登ってアップ、「ウェーブ」に新設されたトニー惜別の課題紫口10・DにOSトライする。O田さん「そんなにじっくり見なくとも」と牽制球。しかしやっぱり登ってみると10・Dにしては難しかった。


                         「戦艦」水色口12・Aを登るよねひこさん

                       よねひこさん、O田さん、N木さんが「戦艦」水色口12・Aの熱きトライが続けられている。替えられた2つのホールドが微妙に影響している。よねひこさんのOSトライ、よどみなく登ってハングの手前では、ありえないような右手飛ばしのクロスデットが止まった。皆さん口をあんぐりしていた。

                       さて7連敗中の「戦艦」白口の1便目のトライ。ハングまでは多少違う登りだったが悪くはない。核心部に入る手前で、一瞬右のハリボテのホールドを見落としたが修正した。さて核心で足順を変えてみた。左足正対から、右足カウンターで替えてやってみると、見事に右奥のガバ地点に届き、左手出しで終了点保持。8度目にしてのRPです。



                             やっと登れた「戦艦」白口11・C



                                「戦艦」白口11・Cを登るAちゃんのトライ

                       このルートでもよねひこ総帥のアドバイスが的確に決まった。上腕のよれ具合も何時もの失敗する感じで、ムーブを変えなければ多分同じパターンで失敗していたと思う。クライミングがムーブであると言う典型の様なRPだった。

                       で、私も水色口に参入してトライするも、ハングの前の変更されたホールドで掴み損ねてよもやのフォール。「私より下で落ちるとは、偉い」とか言われ、これにはO田さんを大いに喜ばせてしまった。よねひこさんは気合の3便、すっかりコンペに向けたジムモードにギアチェンジしたようです。

                       汚名返上で水色口の2便目。前便でミスしたホールドもクリアして、リップのガバホールドからの大核心は、左手がよれて体を上げられず、右ガストンへのデットに失敗してフォール、右肘をホールドにぶつけるおまけまでついてしまった。これはなかなか手強いぞ。

                       6時頃に終了、帰り際に何故かウェイトリフティングの話になり、エアー重量挙げのパフォマンスがちびっこクライマーに大受けだった。磨きを掛ければストリートパフォーが行けるとO田さんの言。さて・・・・・・。明日はP2だ。

                      P1シニア限定ミニコンペ

                      0
                          今日も高温注意報の出た埼玉県地方、暑かった。週末の小川山に向けての調整がてらにP1に出勤する。暑さのせいで気合も入らずに2時半頃にP1に到着。流石にお盆明けジムは空いていて、常連さんばかりの午後のひと時です。

                         実は山の会の資料をエクセルで作成途上、ファイルが思うように開かず、本日O田さんにご教授願うための木曜出勤だったのですが、昨日エクセルのファイルをめちゃくちゃクリックしているうちに、隠れていたデーターが奇跡的に出土したので、パソコンを持参する事もなく、ごく普通の出勤と相成った。

                         と言う事でO田さんはエクセルの事を覚えていて、それなりの対応策を考えていたようですが拍子抜けです。まぁ、ジムでエクセル教室もどうかと思うので、結果オーライですか。O村さん、N木さんも本日は汗だくになりながらのジムトレーニングです。シニアクライマー元気じゃのう〜。

                         で、本日はたまたまルートセッター伸介さんが、「戦艦」に11・D〜12・Aくらいのルートを2本設定してくれたので、思いつきで急遽元気なシニアのミニコンペが開催された。勿論、出来たてのルートなので草コンペと殆ど遜色なし、ちょいとコンペ風にアイソレーションルームをボルダーエリアに設定して、60歳以上70歳まで限定のおもろいシニア3人衆のコンペが始まった。


                           決勝ルート水色口を登るO田さん

                         決勝ルートは「戦艦」下部の中央から右のラインの水色口、グレードは11?。1番手のトライでビレイをA井さんにお願いする。伸介さんは寝転びながらニタニタしながらの観戦。帰り支度の女性陣も、思わぬコンペ開催で足を止め固唾をのんで観戦している。

                         いや〜、このような内輪の洒落の利いたお遊び的な、ただし結構マジなOS形式のミニコンペは楽しい。そこそこ見ている人もいると結構気合が入るものです。しかも昼下がりの午後、暑さにたるんだ体に気合を入れるにはいい刺激だ。

                         下部は登りやすくハングの下までスムーズに到達する、しかし体調が今一か、ハングの乗り越しで力尽きてカチホールドにタッチしてフォール。そこまでの体感グレードは11・Bくらいか?O田さんが2番手で登り、N木さんがOSまで後1手と迫って見事に優勝をかっさらっていった。流石N木さんは強い。


                         シニアチャンピオンに輝いたN木さんの登り

                         この元気印3人衆の激闘を観戦していた伸介さん、皆があまりにもスムーズに登るので、中間のホールドを悪いのに替えてしまった。いやはや、この水色口のコンペルートは1時間限定の幻のルートになった。ジムに通い続けると思わぬ楽しいイベントもあるものです。いや〜ホント楽しかったな〜。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << October 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM