アドバンスクスクール

0
      水曜部活は当分の間休止で本日はPmup1でスクールの2回目です。先週は足で登る基本とリズミカルに登る講習でした。今日は先週に引き続き足で登る事を基本に、体全体のバネで登るエクササイズです。

     講習は午後1時にスタート、ストレッチで充分体の可動範囲を広げて、2Fのボルダーでまずは易しめのピンクのグレードで腕で引きつけないで登る練習です。この訓練は否応無しにの足を使わなければ上に進めません、いや〜本当に合理的な方法だと感心してしまいます。

     何便か登りこむと、何となく足で登ると言う意識が体に伝わってきます。要は如何に意識して足を基本に登るか?が要求されている。当たり前の理屈ですが、消耗品である上腕の筋力を出来るだけ省力化して登る。これが意識しなくても出来るようになれば登り方が少しは変わるかな?



                 鬼コーチ?の指導で洗練されたクライマーを目指して

     次に被ったエリアに移って、紺色のルートで同じようなトレーニングです。被ってくると態勢を維持するのも難しく、足の蹴りが加わらないと完登することは出来ません。難しいものです。1時間ほどたっぷりとこのトレーニングをすると、完全に腕が張ってしまいました。

     後半は下へ降りてルートのエリアでのトレーニング、奥壁の紺口10・Dのルートでこれをやると、これまた厳しく完登どころかクリップも難しい。以前に何回も登っているルートですが、フットホールドをややハイステップ気味にして登るのですが、何となく足をしっかりと使っている感じがします。

     女性陣は戦艦の緑口11・Aで全身のバネを使ったトレーニングで、絞られています。3時半頃にスクールの終了、P1の課題だった黄色バー12・Aにチャレンジする気力もなく、ダイヤモンドのエリアの易しいルートを2便登って本日のクライミングは終わりました。

     肩の状況も大きく変わらず、しっかりとテーピングし、終わった後はアイシングをしました。被ったルートや、右手でデットするようなムーブは控えめにして、今後は回復するまで、意識的に肩を大事にしながらのトレーニングを心がけることにしました。

    アドバンススクール始まる

    0

       今日からパンプのS介さんのアドバンスクスクールが始まりました。長年クライミングをやってきて、本格的にスクールを受けるのは初めての経験で、しかも教え方に評判のあるS介さんのスクールと言う事で、とても期待感でいっぱいです。このところなかなか課題が登れずプラトー?かなと云う状況なので丁度自分のクライミングを見直すのに良い機会かもしれません。

       スクールが始まるまで体重もそこそこ落として等と考えていたが、兄はからんや、一向にベスト体重には程遠く54キロの最近の平均体重を維持して、スクールに突入です。

       今回のメンバーは最初から決まっていてと言うか、OGさん,T田さん、N峰さん等とS介さんにお願いして実現したスクールなので、メンバーは後にM井さんの特別参加で、皆顔見知りの気心の知れた人々なので、あまり気遣いすることなく進んでいきそうです。

       本日はまずは基本の登り方を教わりました、それは「足で登れ」と言う全く基本中の基本です。この足で立ちこんで登る動作は、思ったほど簡単ではなく易しいルートでも足を使って登っているのか自信がありません。ホールドを飛ばしてややハイステップで立ち込んで登るのですが、どうも足で登っていると言う感触はありません。

       次に11台で足でリズミカルに登るエクササイズ、足で登ることに意識を集中させて登るのですが、ルートの後半になってくるといつもの癖が出て、ついつい力任せの登りになってしまいます。何となくパンプして登れなくなる根拠が判ったような気がします。



                      S介さんの白口12・Aの模範演技

       で、それぞれの課題のルートをデモンストレーションしてもらって、力任せの登りと足を使った登りとを実践してもらました。ジムの中はそのデモの間中静まり返り固唾をのんで見守ります。S介さんの登りをイメージして白口12・Aにチャレンジしてみました。

       最初は何とか足で立ち込む意識があるのですが、ムーブを続けているうちに上手くいかなくなり、足を蹴るタイミングを見失ってしまいます。長年使い慣れた腕力で登るムーブが染みついているのでしょうね、S介さんの様にはバランス良く登れず核心手前でドッテンです。

       まぁ、このスクールは3ヶ月後を見据えて行われるので、「最初は上手くいかないのは当り前」で気にせずに頑張るとしよう。しかし身についてしまった悪い登り方?を修正するのは大変なことだと実感しました。来週のスクールはP1です。



      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM