スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    わが母の記★★★★

    0
        文豪井上靖原作の「わが母の記」を新座シネックスで観賞。平日にもかかわらず20人ほど居ましたか、そのほとんどが御年配の方々。歳をとってもそれぞれ自分なりの母親像があって、忘れていた母親の事を思い出す映画です。


            映画館までの散歩道、桜並木がすっかり緑に

       井上靖と言えば小説「氷壁」を読んだ事があり、何度か映画化された位の知識しか無かったので、それほどの先入観もなくストーリーに入って行けました。幼少のころに祖母に育てられ、長い間捨てられた思いを抱きながらも、年老いた認知症の母親と暮らす中で、実際の事情を知り邂逅して行くところが・・・・・・。

       数年前に亡くなった自分の母親の事を思い出します。18歳の春、就職難で中々進路が決まらず、やっと見つけた就職先が東京になり、随分心配を掛けました。上京の際に札幌の駅まで送ってくれ、ホームで手を降るた母親の姿が目に浮かびます。兄しかいなかった私を送り出す母の気持ちは如何ばかりと思うと、胸が熱くなります。



       そう言えば来週の日曜日が「母の日」ですか。思い返せば「母の日」に、何もしてあげられなかった事がとても残念です。「親孝行したい時には親は無し」う〜ん・・・・・・。それにしても樹木希林さんの演技は素晴らしい。「母の愛は海より深し」です、あのシーンは涙が止まらない。

       こう云う邦画は好きです、人それぞれに「わが母の記」がある。「母の日」を前にご観賞あれ。
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 17:12
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM