スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い★★★★

    0
        有給休暇が余りそうなので、早引けして東武練馬で。ありえないほど長いタイトルの映画でしたが、T・ハンクス、S・ブロックの2大オスカー俳優の共演で後味の良い映画でした。


       しかしこの映画のタイトルは何とかなりませんかね〜、直訳するとこうなっちゃうらしいのですが、どうも覚えにくいタイトルで困ります。アメリカ人にとって忘れる事の出来ない9・11のテロ事件、父親を失った少年の喪失感と何らかのメッセージが託されているのではないかと、偶然見つけた鍵を巡って、ニューヨークの町を彷徨う姿が感動を呼ぶ。

       見どころは、中盤から現れる年老いた言葉を失った老人とのやり取りでしょうか?この映画の奥行きの深さはM・F・シドーのこの老人役が全てと言って良いくらい見事に、時にはもどかしいくらいなテンポで訴えて来ます。9・11でもそうですが、昨年の震災でも同じように肉親を失った子供たちの事が重なってきます。

       辛い現実をどう受け止めて、明日に向かって歩みだすか?アプローチの仕方は様々でしょうが、この主人公のようにひたすら前向きに、歩みだしていけるように願わずには居られません。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 22:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM