スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    高校野球神宮大会

    0
        高校野球のファンとしては、神宮大会は穴場的大会で、入場料も安くしかもネット裏で観戦出来るとあって、非番の本日神宮球場まで行ってきました。秋空の晴天で気持ち良く高校野球を堪能できました。秋の大会と云うのは、各地区の秋の優勝校だけが参加できる大会で、春の選抜大会の選考に影響を与える大会でもあります。
       
       この大会で優勝した地区からは1校、神宮枠と云う選考枠が与えられるので、その地区のギリギリの基準の高校にとっては「頑張って優勝してくれ〜」と云う訳であります。本日の私の目当ての試合は、わが故郷北海道のチーム北照高校の応援です。


       試合は相手校四国代表の鳴門高校のピッチャーの出来が良く7回までノーヒットノーランの劣勢、7回裏に1点取られたが、8回に1点取って対スコアーのまま延長戦に突入、何だか知らないタイブレークの形式がとられ、10回以降はそれぞれ1アウト満塁から試合が再開される。

       このシスティムはかなりの確率で点が入り、したがって延長戦はほとんど10回で勝負が決まるが、この試合は10回にお互いに2点入り、珍しく11回までもつれ込んだが、表の攻撃で北照が2点取り、裏の攻撃をダブルプレーで凌いで北照が辛くも勝利準決勝にコマを進めた。

       第1試合では青森の光星学院が勝って、北の2校が準決勝に進んだ。最近の高校野球のレベルは南北の実力の地域差も無く、雪国のチームでもナンバーワンになる事も不思議ではなくなった。昨年の光星学院の準優勝、5・6年前の夏の大会で連覇した駒大苫小牧の例にもあるように、高校野球の勢力図が変っている事を感じます。北国生まれのファンにとっては嬉しいね〜。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 21:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM