スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    P2ニュー一反木綿で登る

    0
        P2の一反木綿のエリアが、5周年記念を終えた後リニューアルされた。エリアの象徴であったピンクのコルネも無くなり、何だか目立たない壁になったがどうして、登ってみると内容の濃いルートセッティングで、中には厳しい11台があって中々のようです。

                  新しくなった一反木綿のルート

       今日明日連休で木曜は外岩とかも考えたが、どうやら岩場の状態も良くなさそうですし、またパートナーも見つかりそうもないので、諦めて本日はしっかり登りこむことにした。ギャラリーで赤バー5・8を1本登って、早速一反木綿の新ルートをアップに登った。紺口5・8緑⇒10・C辺りは登りやすく快適なルートでした。

       水曜クラブの面々もほとんどの部員が参加でしたが、どういう風の吹きまわしか今日は空いている。大きなイベントがあった後なので、皆さんお疲れモードですかね〜。で、白バー10・Aを登って、本日の人気ルート紺⇒11・AにOSトライです。先に登ったO方さんの絶叫を聴いて、甘くはないと心してスタートしたつもりが・・・・・・・・。

       1手目、足ビスのホールドでバランスを取ろうとしたところ、滑って見事に着地。「あらら、何やってんの!」と怒号が飛ぶ、見ていない事にしてもらいたいが、「だめ〜、もうOSはなし」と部員達の冷たいお言葉、気分を変えて登り直し。カチが多いホールドだが、突然外形した甘い部分が出てきたりで、ムーブの構築に苦労した。

                黒バー11・AをOSしたT田さん

       この紺⇒のコンセプトは、左手の甘いホールドで耐えて右手をデット気味に取るところに有りますが、指が小さい私はその設定ムーブをことごとく持ち替えてクリア。設定破りも良いとこだ、多分身長のある人には有利なようで、I田さん等は「どこが難しいの?」と云う感じらしい。で、最後のパートも持ち替えで、終了点ではびっくりなデットになり何とか完登。初手の失敗が無ければOSと言いたいところだが、ルールに従えば、まぁ、仕方が無いか。

       続いて緑バー11・Bに挑戦してみた。オブザベではかなり悪く感じたルートでしたが、登ってみると意外と登りやすく、1箇所だけ遠い所があってフォールしてしまったが、むしろこちらの方が登りやすいかもしれない。体型によって難しく感じたり易しかったりで、チビ助には試練の時代のようだ。

       最後に、暫く遠ざかっていた「つなみ」の緑口12・Aをトライした。トレーニングの一環と思って取り付いたが、ハング下のハリボテまでノーテンで登れた。ハングドックしてその先の5・6位までムーブを固めて終了です。良い感触だったので、再開しても良いかな。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 21:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM