スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「ルンルンひろし」2歩前進1歩後退

    0
        何がどう難しいのかわからないけれど、「ルンルン」は1度出来たムーブが次回には出来なかったり、と云うか次の便で出来なかったりと、所謂体全体の力(持久力・瞬発力)・創造力がが要求されて、そのいずれかが欠けても歯が立たないような感じです。通い続けている割には、一向に進歩しない根拠はこの辺にありそうです。

       朝からお天気は良いけれど、湿度が高すぎるような感じを抱きながら、西吾野の駅を降り立った。本日のメンバーはP2水曜クラブの面々が9名の大挙ご参加、N川さんの車にザックを乗せてもらい、岩場まで世間話をしながら歩く。

       土曜の岩場は混んでいて、すでに「ルンルン」下部にはヌンチャクが掛かっている。しかしラインは「錦ヶ浦」で、6ピン目から先のヌン掛け便が必要だ。I・MさんS木さんは「ミンボー」、I橋さんN川・Sさんは「北落師門」、私とN川・Hさんが「ルンルン」と多彩な課題が満載のクライミングデー。

           北川の岩場にS木雨を降らせたS木さんの「ミンボー」下部

       いつもの「桧ルート右・左」、「もうすぐ七夕」でアップ完了するが、ルートが交錯して「ルンルン」上部のヌン掛けが中々出来ない、12時近くになってようやく「グリーンオニオン」から登ってヌン掛け便終了、ついでに「ミンボー」のラインに2本ヌンチャク掛けのおまけサービス。

       「錦ヶ浦」を登っているクライマーの登りを観察するが、身長差があり全く自分とは違うムーブで参考にならない。ホールドは多彩なのだが、どれが使えてどれが使えないかの選択が難しい。今日は取りあえず前回修正したムーブでスタートする。

       棚のカバから右手を縦ポケットにねじ込んで、左カチガストンを送って目上のカチに届いた。すんなり取れて大きな進歩、体を反転させてカチガバをゲット、この最初の核心のパートは出来たり出来なかったりの連続だったが、今日は何とか決まった。

       やや左上の2つ並んだ水平カチの右をスタティックに取ったが、親指を当てがう間もなく左手がズルッと滑ってしまいテンション。こんなこと初めて、乾燥肌の指先に自信があったが、ホールドがヌメルと云う感触を味わった。良い感じで登っていたので無念。

       気を取り直して次のパートに入る、左手カチを持ち直して、右手ガストンで左足を最初のカチに上げて4ピン目をクリップ、力技になるがなんとかクリップ出来るようになった。その先も厳しパートが待ち受ける、右手アンダーガバ、左手アンダーで5ピン目にクリップで下部の核心は抜ける事が出来た。

       この下部核心のパートを繋げるのは容易なことではない、薄被りの傾斜のカチの保持力、10数手続く持久力の両方を支えるトレーニングが必要だ。しかし、本日はそこから先のパートが出来なかった、ヌメっているせいかもしれないが、これを取れればと云うトンガリホールドまで辿りつけない。

       トンガリガバまでの短いパートですが、フットホールが悩ましい。折角下部の厳しいラインを突破しても、ここで落ちては洒落にもならないので、ムーブも洗練させたいが、あまり良い感じで繋げられない、う〜む実に悩ましい。

               悔しいI納さんの「ミンボー」1便目のトライ

       さて、「ミンボー」グループは一番RPに近かったI納さん、下部も余裕で通過し、レストポイントでしっかり休んで核心のハングのパートまでリズミカル抜けた。RPを予感させる動きだったが、やはりホールドのヌメリを制御出来ずに無念のテンション。あまりの悔しさか、チョークバックが空を飛んできた?条件が悪すぎだ。

                「北落師門」で大レストするI橋さん

       「北落師門」グループは、トップアウトしてRP体制は整ったが、核心部のハング出口が難関。それぞれ下部のパートは洗練されて、良い感じになってきましたが、結局最後の核心は勇気と云うか、気持ちの踏ん切り次第のようです。とくに女性陣には自己防御本能を如何に振り切るかが課題でしょうか?

       「ルンルン」の2便目、核心を繋げるぞ〜と思いきや、「錦ヶ浦」のクライマーがヌンチャクを回収したため、下部がマスターのトライとなってしまった。混んでいて間が空きすぎた事もあって、他のルートに転進する事も考えたが、ここはトレーニングと割り切ってチャレンジすることに。

       ヌンチャク掛け掛けのトライは厳しく、ムーブを固めるとこまでは行かず、ムーブを刻んで何とかトップアウト。しかも、回収も重労働で、大変な作業だ。まぁ、それでも少しは前進が見られたので、楽しみなルートになってきました。本日は全員揃って成果が無く、飯能の居酒屋で酒好きな男衆3人でしんみりと反省会です。
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 22:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        お疲れ様でしたd(^_^o)。5日はどこも湿度が高くヌメり気味だったみたいですね。北川のルートはルンルンも秋葉も、一手一手が厳しく、どうしても一進一退になりますね。私も通ってたころ、毎回帰り道「ダメだ〜!」とボヤいては、パートナーがプラス面を言って慰めてくれて、何とか立ち直ったこと思い出します「各駅」ででも、何とか抜けられているのなら、きっとできます。私は確かルンルン、12月になってしまって寒さであきらめ、翌春に再開して、連休使ってたたみかけてRPしたような。まだ1カ月あります。ガンバです。
        • よねひこ
        • 2011/11/06 4:12 PM
         よねひこさん、激励のお言葉ありがとうございます。何だかめげていた心が、スーッと晴れるような気持ちになりました。目標は20便以内でしたが、もうそんなことどうでもよくなり、ひたすら「ルンルン」を楽しみたいと思います。「ルンルン」は良いルートです。頑張ります。
        • やなしお
        • 2011/11/06 7:58 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM