スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ニューギャラリーで登る

    0
        太刀岡から1日置いてP2に出勤、水曜部活をサボったので久し振りのP2だ。入り口の左ギャラリーの壁が新しくなって、本日はそのあたりを中心の登ることにしたが、これが時代の趨勢か何か知らないけれど、結構グレードが辛くなっている様な気がするのは私だけでしょうか?

       午前中に映画を1本見てからP2入りで2時頃になる。O方さんとお約束で、すでに登っている。常連さんではT橋さん、S木さん、A野さん等が金トレ?中高年クライマー、どうしてこんなにモチベーションあるのでしょうか?この元気を是非とも戴きたいものです。

                         新しくなったギャラリーの壁

       新しいギャラリーはどんなものか、取りあえずアップで3本5・9あたりを登って、ピンク口10・Dに触ってみたがこれが意外に悪く感じ、マジトライになってフルパワーで出動。10・Dでは落ちられないと、どこかで聞いたような台詞を思い出した。後で登ったO方さんは「別に10・Dでよろしいんじゃないですか!」との評価に自信喪失。

       で、結構人気になっていた黄色口11・Aを登る、中間のハリボテを取りに行く所で右足が滑って敢え無くフォール、もう少し考えて登ればよかったのですが、どうやら判断力も停滞気味でさえないクライミングでした。終了点前はカチの連続で得意系なのでトップアウトでしたが。打開策が見つからない。

       次にタワー右の赤バーにテープが変えられた旧黒囲い11・Bを、ムーブ確認で登ってみた。ハングのハリボテにヒールフックするのが設定のムーブと言うので、それを試してみたのですが、ヒールはサイズが合わず、やはりふくらはぎフックが自分にはぴったりのムーブで2度目の完登です。

       リニューアルされたルートのグレードがだんだん上がって、難しくなっている。P1の「ほこら」のルートも難しくなって、この波がP2にも及んできている。10・D辺りからがホールドが甘くなったり、間隔が遠くなったり、ボルダリングの要素を強く感じます。これからは本当にボルダーが出来ないと登れなくなるような、ルートセッティングになるのでしょうか?パンプのルートクライミングは心して掛からねばならないようです。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 21:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM