スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    戦火のナージャ★★★★

    0
        今日は新宿で映画を2本見て来ました。1本目は武蔵野館で「戦火のナージャ」、ロシアの映画です。時代背景とソ連の政治的な要素があり、その辺の情報が無いと難しく、頭が混乱したまま見入ってしまいました。第1次世界大戦の最中、政治犯で組織された部隊の父親と、生き分かれた娘が戦争に翻弄されながらも、その消息を探し求めて生きて行く物語。



       この映画はN・ミハルコフ監督3部作の2本目、15年前の1部作「太陽に灼れて」は観ていないので、最初の部分の登場人物の役割を理解するのに時間がかかり、頭をフル稼働しないと、関係性等理解するのに四苦八苦します、しかも字幕が見ずらい所がマイナス点です。
        
       
       これでもか?と思わせるほど悲惨な戦争の描写が映し出され、戦争の愚かさを訴えて来ます。国家の利益や領土の拡大のため、国家間の紛争の解決の手段として、しばしば戦争が起きて来ましたが、何の利害関係もない人同士の殺し合い、戦争と云う行為の理不尽さは許されない。

       
       戦争の事を思うと、人間とは本当に愚かな存在だとおもうこともあり、やりきれない気持ちになります。また、独裁政治もまた多くの人々を犠牲にした悪しき政治体制、これまた自由を基本的に認めないという点で、許してはいけない制度、常に注視しなければなりません。3部作が楽しみです。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 17:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM