スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アドバンススクール

    0
        今日のスクールはパンプ1、肩の調子も悪いので見学にした。前回お休みしましたが、折角のスクールです将来?の為にその理論だけでも聴いておいて損はないと思い、登らない時の過ごし方なども一応訓練のつもりで参加してみました。

       1時半頃到着、N峰さんが都合で来られず、T田さんも遅れると言う事で、何だかさみしいスクールの開始でしたが、取りあえず2Fのボルダーで本日の課題である、体のバネを使った講習の開始です。スタティックな登りとは正反対な登りで体を大きく使い、腰を落とし足腰のバネを使って遠いホールドを捉えるやり方です。



       易しいパートでもスタティックにならず、腰を落とした反動と足腰のバネを使うのですが、慣れないとムーブの途中で動きが止まり、引きつけの要素が出てしまうとこのムーブは成立しません。易しいパートこそ引きつけの要素を出来るだけ排除して、大きな動きでバ〜ンと取りに行く感覚です。



             ももやんのムーブの初動の形(ここから一気に飛び出す)

      見ているだけではその感覚は良く判らないのですが、アシスタントで参加しているももやんの動きを見ると、その違いは一目瞭然でした。腰の落とし具合、足のバネと伸びる方向が正確に描かれていて、体が垂直に上に延びて行く。

       やはり全てのムーブは如何に腕の力を使わないで登るとかと言う、基本中の基本の技術に繋がっています。つまり腕力には限界があると言う1点に集約されています。そのために様々なエクササイズがあるわけなんですね〜。

       たまにはじっくりと他人の登りを観察するのも勉強になります。故障で登れないこの時期こそ客観的にクライミングを考える良い時期なのです。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 20:47
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        整形外科に行き肩故障の対策をしっかり練る姿勢といい、「晴耕雨読」のスクール見学といい、ホントに前向きですね。きっと回復しますよ!アイロンヘッドは長いけどガバで確実に登れる12aです。回復されたらやっつけましょう(^0^)/。
        • よねひこ
        • 2011/01/20 7:44 PM
         励ましのお言葉ありがとうございます。ここまできたらじたばたしてもしょうがありません。じっくりと再肩計画を立て、リハビリに励みたいと思います。
        • やなしお
        • 2011/01/20 9:11 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM