スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    師走の甲府幕岩

    0
        本日も竜王で拾ってもらい太刀岡側から入ることに、所々落石があって注意が必要ですが、まぁ、大きな問題もなく駐車場に着きました。「今日はこの寒さでは貸切かもね?」とか車の中で悠長に話していたが、すでに満杯状態で13・4台は停まっている。

       アプローチから覗く南アルプスの山容もすっかり雪景色していて、寒さも一段と厳しくなっているように思えました。岩場には豊饒の森エリアからクライマーが取り付いていますが、そこそこ散らばって居るように思えましたが・・・・・・。

       で、早速アップと思いきや易しいアップルートはすべて塞がっていて、「Hive」を順番待ちにする。しかしこの時期に甲府幕岩がこんなに混んでいるとは思いもよらず、びっくりいたしました。何とかか順番が来て早速取り付く。I田さんに「いつものラインとは違いますね〜」と言われながらも、何回目かの完登、その後をH谷さんがリードで登る。

       今回は前回RP出来なかった「ブラッキー」には目もくれず、「スパイラルリーフ」11・BのOS狙いです、H谷さんは「秘密の岩園」を登ってみたいとの要望で、念願をかなえてあげたいので、何としても「スパイラル」をサクッと登ってと思い、もう1便「森の歌」10・Aのアップを追加して準備万端。

       
       トポには「上部前傾壁が核心、大きなポケットが印象的」とあるが、見上げただけではさっぱり判りません、しかも余りにも晴天で眩しく上部のボルトの位置が確認できない。自然の岩場でのオブザベは意味がないと言うのが現状です。まぁ、行き当たりバッタリ、持久力とパワーがすべてのような気がいたします。

       さて必殺のOSトライ。確かに下部4ピン目くらいまでは10・A位で簡単ですが、大レストポイントの大きな空洞から先はストレニュアスで、しかも甘いカチのホールドが2手続いて無念のテンション。敢え無くOSトライの失敗です。やはりマスターで登るには20%増しの力が要求されます。



                               「スパイラルリーフ」の核心部

       核心は、やはりこの8〜9ピンの甘いカチからからの2・3手のようです、力尽きたカチを持ち直して浅いポケットを指したら、これがなんと大ガバですっぽり指が入り9ピン目にクリップです。見た目とは大違いでガックリきてしまいました。まァ、これがOSトライの難しさでしょうね〜。その先は2手ほど縦カチをデット気味に左手で保持して、右のガバを取れば終了点のリップで何とかトップアウトです。

       I田さんも私と全く同じところで捕まってしまいワンテン地獄。お互いにため息をついて昼食タイムにして気分を入れ替えます。         

       朝方メッチャ寒かったのですが、お昼ころには岩場は風もなく穏やかで暖かかです。お腹が満たされてうっとりし、お昼寝タイム。静かな岩場に「アフリカ象が好き」12・Aを登るクライマーの気合が谷間に轟く。

       さて、「スパイラル」の2便目、1便目に4〜5ピン目を左からトラバースしていったラインを改め、I田さんが辿った直登ルートを採用して、核心のパートに突入。左手アンダーを利かしていよいよ甘いカチのホールドからのムーブを繋いで、ポケットのガバにギリギリで届いた。

       そこからはフットホールドが乏しく、力技で体を押し上げて縦カチ、右の縦ガバを保持して最後のリップをギリギリで取り、何とか2撃のRPでした。1便目の感触では今日中には無理かなと思ったが、それはやはりOSの難しさで、一筋縄ではいかないということなのでしょうね〜。



                H谷さんの「秘密の岩園」のOSトライ

       続いてI田さんもめでたくきっちりとRPを決めて、ダブルRPという事で云うこと無し、H谷さんの「秘密の岩園」にI田さんが全力で?ヌン掛けいたします。H谷さんも我々の意向を感じて気合が入りOSトライ、スラビーな下部を慎重に登ります。最終ピン手前で右足のフットホールドを見逃して、惜しくもOS出来なかったけれど、とても気合の入ったいい登りでした。

       本日はメンバーの3人ともそこそこの結果を残して、気持ちの良いクライミングでした。帰りには最近の定番になった、美味しい「丸亀製麺」で夕食して帰路に着いた。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 23:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        スパイラルのOS、残念でしたね!私は「師匠」が核心苦労するのを見た後のフラッシュだったような。2撃は立派です。OSって難しいものですよねp(^^)q。
        • よねひこ
        • 2010/12/07 11:47 AM
         OSトライの最大の要素って何でしょうね〜。全く情報も何もない状態で取り付くわけですから、やはり想像力でしょうか?それと経験。

         その登るグレードからヒントを得た創造性の様なものが必要なのかな?と感じた次第です。何とか11・DくらいまでOS出来るような力を付けたいものです。
        • やなしお
        • 2010/12/07 10:56 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM