スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アドバンスクスクール

    0
        水曜部活は当分の間休止で本日はPmup1でスクールの2回目です。先週は足で登る基本とリズミカルに登る講習でした。今日は先週に引き続き足で登る事を基本に、体全体のバネで登るエクササイズです。

       講習は午後1時にスタート、ストレッチで充分体の可動範囲を広げて、2Fのボルダーでまずは易しめのピンクのグレードで腕で引きつけないで登る練習です。この訓練は否応無しにの足を使わなければ上に進めません、いや〜本当に合理的な方法だと感心してしまいます。

       何便か登りこむと、何となく足で登ると言う意識が体に伝わってきます。要は如何に意識して足を基本に登るか?が要求されている。当たり前の理屈ですが、消耗品である上腕の筋力を出来るだけ省力化して登る。これが意識しなくても出来るようになれば登り方が少しは変わるかな?



                   鬼コーチ?の指導で洗練されたクライマーを目指して

       次に被ったエリアに移って、紺色のルートで同じようなトレーニングです。被ってくると態勢を維持するのも難しく、足の蹴りが加わらないと完登することは出来ません。難しいものです。1時間ほどたっぷりとこのトレーニングをすると、完全に腕が張ってしまいました。

       後半は下へ降りてルートのエリアでのトレーニング、奥壁の紺口10・Dのルートでこれをやると、これまた厳しく完登どころかクリップも難しい。以前に何回も登っているルートですが、フットホールドをややハイステップ気味にして登るのですが、何となく足をしっかりと使っている感じがします。

       女性陣は戦艦の緑口11・Aで全身のバネを使ったトレーニングで、絞られています。3時半頃にスクールの終了、P1の課題だった黄色バー12・Aにチャレンジする気力もなく、ダイヤモンドのエリアの易しいルートを2便登って本日のクライミングは終わりました。

       肩の状況も大きく変わらず、しっかりとテーピングし、終わった後はアイシングをしました。被ったルートや、右手でデットするようなムーブは控えめにして、今後は回復するまで、意識的に肩を大事にしながらのトレーニングを心がけることにしました。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 21:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM