フランスオリビエール滞在の日記15

0
     
      9月22日(水曜日)  晴れ   クライミング9日目

     日本からのI納さんの予報では雨後晴れだったが、朝から快晴です。残り僅かになって登るルートの選択が難しい。まずはChateauで初見のルートを目標に取りあえず、ミッション・インポッシブルに荷物をデポして、Anticlinalの左端のルートをアップで登る。



                美しいムーランからの朝焼け

     Le chant des baleines 5cから始まりです。水曜日はいつも混んでいて、本日も講習会の一団がメットを被ってトップロープで登っている。全体で言うとおよそメットの着用率は半々くらいでしょうか?スポーツクライミングとアルパインとにはっきりと分かれています。



             相対する山に一筋の雲が

     確か、アルパインのマルチピッチのルートのボルトはペツルが使われ、スポーツルートはケミカルで打たれていて、最初の1ピッチ目からそれは明確でした。フォールしたりテンションすることが前提のスポーツルートとの違いなのか、私にはその理由がよくわかりません。

     「アップの本数が多いのでは?」のS野さんの指摘で、本日は1本のみにして早々と7a+に挑戦することにした。ここに来て初めてのチャレンジで気持ちも高ぶります。海外のクライミングはいつもそうなのですが、大体終盤の2・3日が一番調子が良くなるパターンで、今回もそのようです。



            初めて7a+のルートにチャレンジ

     Hurlementのエリアに移って、N comme cornichon 18m ボルト8のルートです。OS等と戯言は言わず、ヌン掛け便に専念、3ピン目でテンション入れて6ピンまでは各駅で繋いだが。その先の核心部と思われるところのムーブがまるでわからず、しかもボルトの位置が遠く「ガイチ」でもヌンチャクが掛けられず、ビビりが入ってまさかのヌン掛け便の敗退で、S野さんと交代です。

     S野さんは4ピン目が小核心で、私のサイドブルは使わずアンダーから解決したが、6ピン目の核心は厳しそうで、私と同様のビビり合戦です。何とかヌン掛けしてトップアウトだけはしたいと思い、このために作った最強兵器、釣竿プリクリの登場です。周りのクライマーに好奇の目で見られ、恥も外見もなく6・7ピンをプリクリップで、ヌン掛けに成功。本日はこの7a+に専念する。



            この武器が実際役に立った

     3便目、気合を入れなおしてムーブ解決のトップロープ便、核心のパートの上から続く3個のホールドをいろいろ試してみる、スローパーの得意系は上の甘いホールドでガバを取るのだろうが、ここはその下のやや懸りの良いアンダーを使い、足で立ちこんでゆくムーブで何とか解決した。

     その先もクロスでカチを取り、バランスの悪い左トラバースからガバを取れれば、何とか登れそうな雰囲気になって来た。リードで下から繋いで登るとどうなのか、下部の登りでうまく力を温存して核心を迎えられるか、微妙なところです、後1便で収まるか厳しかも。 



            時折空にパラパントが飛んできた

     さて決勝の4便目、力が抜けて良い調子、4ピン目のムーブもS野さんムーブをお借りしてすんなりと、充分レストして呼吸も整え気持ちもRPモードにギアチェンジ、6ピン目の長ヌンにクリップして核心のムーブ。しかしここで足置きにほんの一瞬の間が空いた。

     右足をキョン気味にするかの迷いが、次のデットのムーブに影響してジャストミート出来ずに無念のフォール。ムーブの完成度が今一だったようだ。しかしワンテンでトップアウトして気持ちの良いクライミングです。S野さんもTRで同じくワンテンで抜けられて気持ちよさそう。「残置にして明日もやれば!」のお言葉も有りましたが、まぁ納得の登りだったので、一応回収です。



          L`exterminateurde`cailles 6a+を登るT田さん

     右端の2ピッチのボルトラインの Le cimetiere des elephants 5aをクールダウンで登る、ガバの続く快適なルートで、癒し系です、日中あれだけ暑かったのに岩場も日陰になって涼しい、T田さん、NK堂さんも1撃して気持ちよくクライミング終了です。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.22 Friday
      • -
      • 09:49
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      お帰りなさい。フランスクライミング紀行楽しませていただいています。どの岩場もスケールが大きくて気持ちがいいですね。体力・精神力が鍛えられそうです。そして美味しい料理と風景・楽しいショッピング。心も身体も栄養補給バッチリですね。
      • よねひこ
      • 2010/10/10 1:58 PM
       長々とフランスでの事を書き込んできましたが、あと少しでこの日記も最終日になります。オリビエールはそこに居ても楽しい所です、もちろんクライミングの環境は言うに及ばず。

        そのうち機会がございましたら、是非訪れてみてくださいませ、お勧めの岩場の1つだと私は確信しています。フランスボケを切り替えて来週あたりから外岩に行きたいと思っております。どうなる事やら?
      • やなしお
      • 2010/10/10 7:35 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM