フランスオリビエール滞在の日記12

0
     
     9月19日(日曜日)  晴れ  クライミング7日目



            チョッピリ秋の気配を感じる ムーランの朝

     朝から爽やかな風が吹いて天候回復、しかし外に出ると肌寒く気温が低い、そろそろ秋の気配を感じながらのクライミングも今日で7日目です。アプローチの登りにもすっかり慣れ、紺碧の空を仰ぎながらChataeuのエリアに向かう。初見のLes clchard celestea 5c とPalmer をアップで登る。



         昨日とは打って変った快晴の空

     後発の熟女?の集団がやかましい。なんでも北欧のノルウェーから来たとかで、いきなり「ニーハオ」と中国人に間違えられたが、「東京から来た」と言うと納得したようだ。S野さんの挨拶のノルウェー語が通じたのか、その後も親しげに話しかけてきます。



         上から覗くとこんな感じのビレイ地点

     遥かに60歳を超えたような叔母様達で大いに元気な事は良いのですが、その中の女性の一人が目の前で着替えをしたのには驚いてしまいます。目のやり場に困ります。北欧から来てプロバンスの陽気に誘われて・・・・は良いけれど、「チョットチョット」ですよね!しかも「我々には5bが必要だ」等と言って、易しいルートを譲って欲しい事をしきりに強調している。う〜む、参った。



          オオカミの口先の様に突き出た岩塔

     早々にもエリアを変えて退散です。気になっていたLetrangleurのエリアのカンテラインのルートを登る。La moulinette endimanche`e 6aでトポには37mとなっていますが、岩場の表記は35mで70mロープでギリギリ足りるか?ボルトの位置とラインがはっきりしないが、S野さんマスターのOSトライです。

     5ピン目を掛けて動きが止まった「ボルトがよく見えない!」と言う。左のハングの上にクリップするが、角度が付いてロープが流れにくい。よく見ると真下のラインにボルトが打たれて、隣のルートのボルトにクリップしたようだ。そのまま直上して繋いで行くも、リーチとロープの重さに耐えかねてテンションがかかります。

     T田さんがその後を引き受けた形で、隣のCa c`est fait 6b 35mをS野さんが間違えたところまでマスターで登る、ハングからは慎重に足を運んで核心部へ、S野さんが苦しんだポケッからの遠い1手も難なくクリアして、1撃してしまいました、何と言うか見事なチームワークです。



            右が6aのS野さん左が6b のルートの2ショット

     私は6aの方をトライ、S野さんが「ボルトが見えない!」と云ったラインの右側にポジションして行くと、左側の隠れたところにボルトが見える、かなりランナウトしてこの恐怖感はなかなか、クリップしてほっとする。その先はラインを確かめながら、カチを拾い35mを登り切った。

     Mission impossibule のエリアに移動する。ここもカンテのラインでAmelie Melodie 6aにS野さんマステーでトライ、先ほどLetrangleurのエリアでヌンチャクを掛けたまま昼食している時に「このヌンチャクはお前たちのか?」と云った青年が「良いルートだ、クールに登れ」と御助言を戴いたが、S野さん軽くOSです。



           Amelieを登るS野さん

     本日の最終便はこのエリアの真ん中にある目立ったラインで、Les ailes du desir 6cで結構ハングしています。近くにいたフランスの5・6人のクライマーからも注目される中、T田さんが先に取り付いた。一部遠い所や瞬発力を使うところをダイナミックに登り、フェースに出たところで力尽きてS野さんと交代です。

     後を引き継いだS野さんハングの部分を渾身の力で登ります、フランスのクライマーからも「アレアレ!」と声がかかります、中にはどう聞き違えたのか「バンザイ」と言う励まし?の声もかかり、思わず苦笑してしまいました。フェースのパートは、リーチ差が出て最終局面でテンションです。とにかくランナウトが半端じゃないようで、渾身の力を振り絞ってのトップアウト、いや〜お疲れ様でした。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.22 Friday
      • -
      • 20:05
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
       フランスクライミングツアー楽しまれたようですね。写真を拝見するとオルピエールの岩場はとても美しいところのように思えます。
       私たちのトルコクライミングツアーの方も今日最終日を無事に終え、明日からはイスタンブール観光に移ります。帰国後、また楽しい話を聞かせて下さい。
      • アラカン
      • 2010/10/08 3:01 AM
       アラカンさん達もトルコの岩場を満喫していると、K太郎君に伺いました。是非トルコのクライミングの成果をお聞かせくださいませ。

       イスタンプールの観光も楽しんできてください。
      • やなしお
      • 2010/10/08 10:22 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM