スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    フランスオリビエール滞在の日記1

    0
       昨日帰国して今回のツァーの整理をしています。19日間の長期の滞在中、メンバーに恵まれて本当に楽しいツァーだったと改めて御一緒していただいたT田さん、NK堂さん、S野さんに感謝しております。今日から膨大な資料を整理しながら、少しずつクライミングツァーの様子をアップしていきたいと思います。

         9月 7日(火曜日) 晴れ  成田空港からマルセイユ

       9時35分ルフトハンザ航空でフランクフルトまで12時間の空の旅、珍しく定刻にテイクオフ、3人並んで前よりの真新しいシートで気持ちがよい、興奮して数日間睡眠が取れなかったので、体力的な不安を感じるが、もう空を飛んでいる。



       LHの機内は快適で、映画やニュース、フライト情報等がデイスプレイで見られ退屈しない。私は「ロビンフフット」、「アリス・アンダーランド」「ベストキッド」を視聴、映画好きには堪らない環境だ。機内食も美味しく、お昼は牛肉のハンガリー風シチュー、夕食は鮭の照り焼き丼をチョイス、白ワインが喉を潤す。眼下にはシベリアの大地が荒涼と広がっている。



       飛行機は定刻にフランクフルトに到着、こちらは雨が降ったらしく路面がぬれている。入国審査も簡単に済み「こんにちは」と笑顔で御あいさつ、セキュリティーも厳しくもなく乗り継ぎ便を確認する。ところが、搭乗ゲートがB12からB10に変更され、しかもマルセイユで「ゼネスト?」でいつになるか判らないと脅されるが、何とか2時間遅れでマルセイユ空港に到着、無事フランスの地を踏んだ。



       ハーツによってレンタカーを借りる、ネットの予約で簡単と思っていたが、同乗者保険を追加したせいか、しかも英語がなかなか伝わらない、結局400ユーロ上乗せらレてデポジットされてしまった。しぶしぶサインして(これが後に面倒になった)、プジョーを借りてホテルに向かった。

       日本で綿密にグーグルビューでホテルまでの道のりをシュミレーションしていたので、ほとんど道を間違えることなく奇跡的にエクサン・プロバンスのウェスタン・ル・ガルスホテルに到着した、一時はどうなる事かと思ったが、何とかここまでたどり着いた。長い旅の始まりです。


         9月 8日(水曜日) 晴れ  ガリスHからオリビエールへ

       時差と夜中の雷のせいかあまりよくは寝られなかったが、体調はまあまあ、朝一で湯船につかり旅の疲れを癒す。7時にビュフェで朝食。バイキングでハム、サラダ、フルーツ類を、フランスはパンが美味しい。コーヒーもいただいてお腹が満足です。



       本日の行程はゆったりで、エクサン・プロバンスの街を散策に出かける。文化と芸術の街と言われるだけあって至る所に彫刻が建てられている、ミラボー通りのメインストリートからいくつもの裏通りが入り組んでいて、小さなブティックや食べ物屋さんが続いて大賑わいです。



       迷路のような小道をいくつも通り抜けて、アカシアのような木々に囲まれたミラボー通りに戻り、デジカメで写真を撮りまくる、大小様々な噴水や水場がたくさんあり街の雰囲気を醸し出しています、エクサン・プロバンスは、水の街でもある。



       ミラボー通りのはずれの小さなカフェテラスで小休止、コーヒーをオーダーすると若いお姉さんがしきりにフランス語で催促する、どうやらクロワッサンが美味しいから「食べてみな」と云う事らし、大きなクロワッサンを頬張ってまったりしました。確かにクロワッサンは美味しかった。



       ガリスホテルに戻り、オリビエールに向けて出発です。先ほど散策した道をたどり交差点を左折して高速に入り快適なドライブです。快晴の山々を眺めながらJ・ジオノの「木を植えた男」の舞台マノスクを抜け、シストロンの郊外で高速を降りて、ララーニュ・モンテグランに向かう。



       途中スーパーマルシェに立ち寄り、食料調達。大きなスーパーでなんでも置いてあります、魚介類もそこそこ揃っていて、これなら魚料理も行けそうです。ララーニュの街を抜けエギュアンの交差点を左折して、オリビエールに続く1本道を抜けて村の中心地に到着です。石灰岩が覆いかぶさるように屹立した村、ここがオリビエールだ!



       教会の駐車場に車を止めて、今回のお宿ラ・ムーランに行く、来た道を戻って看板のある坂を下ると、ネットで紹介されたままのコテージがありました。まずはオーナーに御挨拶すると、私たちが泊る部屋を案内される。14世紀に建てられたと言うだけあって、歴史を感じる。全体の建物の下部がそのスペースで、広いキッチンと寝室、2階にも2部屋の寝室で、オシャレな童話の世界のようなお部屋です。



       お土産を渡して周りを散策、庭が広くハンモックが吊らされ、スモモのような果実やプラムの木、隣の畑には真っ赤に熟したリンゴの木があり、どれも勝手に取って食べてもいいという。隣の広い敷地には2頭のポニー?が放牧されていて、クライミングのベースにしてはもったいないくらいなお宿です。 旅の荷を解いてお部屋を点検、1階2階にそれぞれトイレとシャワー室、冷蔵庫にレンジ、電磁調理器に食器洗い機も完備され、広ーテーブルには6・7人はゆったりと座れます。



       夕食のパンを求めてオリビエールの村へ、パン屋さんを探すが見当たらない、どうやら1軒あったはずのパン屋さんは潰れたようで、エギュアンまで出張するがここも店が閉まっていて、結局ララーニュのスーパーに買い出しです。

       美味しいパンをゲットして御満悦のT田さん、パルマの生ハム、ブルーチーズと激安の白ワインにピッタリで、3人でオリビエール入村の記念で乾杯!3ユーロとは思えないほどの美味しいワインと、おとぎ話のようなコテージで長い1日の夜は更けていきました。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 20:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM