スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    有笠山3日目

    0
        有笠山から帰ってきました。高速道路の渋滞も大したことなく、お昼過ぎに岩場を出て7時には家に着きました。今回は、思い切って温泉宿に泊っての贅沢なクライミング、宿の「山水館」も、まぁ、連休にしては良心的な料金で、食事も美味しく、そろそろおじんクライマーには睡眠がばっちり取れて良いプランだった。



       本日はお昼までのクライミングで、フェアリーの『パスファインダー』をO方さんとT田さんに登ってもらうことに。朝1で早めに出かけ、3日に溢れんばかりに停まっていた東口駐車場も、1台のみと閑散としている。勿論エリアも1番乗り。日が当たって今日も暑いかも。


       東の石門でアップ。正真正銘の『有笠中央岩稜』5・8、と『はし休め』10・CをOSする。「はし休め」は★ですがいいルートで、ムーブが気持ち良く、アップに最適。全部で9本あるルートで触らなかった難しい「ちょっとだけよ」10・C?とRP出来なかった「祝30万km」11・Dを除いて、一応登れたことに成った。日陰で涼しく良いエリアです。



          T田さんの「パスファインダー」11・B/C  入念にをオブザベする

       で、「パス」のヌン掛け便。久々に触るけれど、ヌン掛け便はモチなくテン山の嵐で、何とかトップアウトして、義務を果たす。直射日光があたるが風も出てきて、条件はそれ程悪くはありません。O方さんとT田のOSトライ、下部から手が切れるようなホールドが続き、気合が不足すると圧痛に耐えられない。いいルートですが、トレーニングが足りないと、厳しいしっぺ返しがまっている。



                       「入梅」11・Aのヌンチャク回収便

       最後に、以前2ピン目で撃沈した『入梅』11・Aに、N川さんがリードで登った後、回収が厳しいのでフォローで登る。どっ被りのトラバースする短いルートですが、1手遠いところがあって4・5回同じムーブを繰り返し、右手が拠れてしまいました。それでも何とかトップアウトして回収する、丁度お昼時、今回はこれにて終了です。お天気に恵まれていいクライミングツァーでありました。


             

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 19:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM