有笠山初日

0
     今日もいい天気晴れで、これから有笠山に行きます。 今回のメンバーはI田さん、O方さん、T田さんの4人、荻窪Bーパンの前で待ち合わせ、高速関越道の混み具合が気になりますが、出発です。


     川越を過ぎたころから渋滞にはまっています。やはり連休の高速は混んでてあたりまえだ。それでもなんとか10時半ころには東口登山口の駐車場に着き、東の石門のエリアに到着です。思った以上に気温が高く、暑いくらいの陽気です。


     
                    本日のフェアーリーのエリア

     すでに、パン2の部活の第一陣が先発隊で登っており、合流しました。で、早速アップで、右端から登り初め、『有笠中央岩稜』5・9に取り付いたが、ハングの乗越しが悪い、5・9じゃ落ちられないと必死にこらえてOS。しかし、隣のパーティーの人に、そのルートはトポが間違っていて10・Cだと言われる。


     『日本百岩場・関東』の第1版の改定版、間違っていて役にたたない。しかし気持ちを切り替えて、『白雪』5・8、『謎の女』10・A、『大いなる山の日々』11・A、『モーテル有笠』11・C?、立て続けてOSして、このエリアの最難の『祝30万km』11・Dにトライするが、これが珍しくグレード通り難しく、下部の核心が出来ませんでした。


      
                   モーテル有笠11・C?をOS

     フェアリーロックのエリアで、S木さんI橋さんがそれぞれ、『パスファインダー』11・B/Cと『緋牡丹博徒』12・Aの宿題に取り組んでおりました。「緋牡丹」は短いものの核心部は、スローパーのデットで見た目にも難しそうでした。


     I橋さんの「パス」2便目?下部からスムーズに洗練されたムーブで進み、核心のポケットからの左ホールドをがっちり捉えて見事なRPです。上り口カチ、中盤がガバ地帯、後半がフットホールドの置きにくい核心で、三ツ星のルートです。
     

     
                 パスファインダー11.B/CをRPするI橋さん

     今回は、たまにはゆったり気分で過ごそうと、空いていた「山水館」と云う温泉宿に宿泊。6時に夕食と云うので内湯の温泉に浸かり汗を流す、山の幸がふんだんに盛り付けられた、肴に禁断のビールで乾杯。まぁ、取り合えず有笠初日の入山祝いと云うことに。




    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.22 Friday
      • -
      • 05:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM