フィギアスケート

0
      今日は男子フィギアスケートを見ました。日本の男子3人はショートプログラムで大健闘しました。高橋大輔の表現力は素晴らしかった。上位3人の得点は90点以上のハイレベルな戦いになって来ました。さてフリーではどんな展開になるでしょうか?


     目を疑ったのはフランスのジュベール選手のミスでした。これまた五輪のプレッシャーでしょうか、考えられないミスで自滅してしまいました。ショートプログラムは決められた課題を滑るので、演じられる業は同じようなものですが、いかに正確に決めるか、そしていかに豊かに表現するかという芸術性を求められます。


     素人目には、その演技の得点に納得がいかないようなこともありますが、知名度とかスピードとか滑りのなめらかさとかあるのでしょうね。アメリカのJ・ウィア選手とか、最後に滑った選手などはミスもなくとてもいい演技だと思ったのですが、意外と得点は伸びませんでした。


     さて2日後のフリーが楽しみですが、上位2人は強敵です、4回転ジャンプを決めてミスなく最後まで滑りきって初めてメダルが見えてきますが。これまた厳しい戦いになりそうです。


     しかし、スピードスケートの韓国の選手は強いですね〜。今日も500m女子で大本命のドイツのJ・ウォルフ選手を破ってイ・サンファ選手が金メダルを獲得しました。男女とも同じ種目を制したのは五輪史上初めてのことだそうです。特に精神力、駆け引きはぬきんでていました。


     まぁ、偶然でしょうが1本目フライングで、世界最速といわれるJ・ウォルフ選手のスタートダッシュを封じ込めました。フライングは2回目は失格なので両刃の剣ですが、見事にウォルフ選手の気勢を制しました。そして2回目の滑走でもしぶとく食らい付きトータルのタイムで上回り金メダルです。


     しかし、人間の技術は何処まで進化するのでしょうかね?フィギアでも一昔前まで3回転は凄い技でしたが、今や4回転です。その内4回転アクセルなんてでてくるのでしょうか?スピードスケート500mも33秒台が囁かれます。科学的なトレーニングでまるで限界がないかのようです。ウ〜ム凄い。

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.06 Monday
      • -
      • 21:41
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM