DVD・『ミュンヘン』

0
      昨日の今日で、腰の状態は可もなく不可もなくといった様子です。若い時と違って治りが遅いので、今回も長期化するのかもしれない。折角体重も53埖罎砲覆辰董▲謄鵐轡腑鵑眈紊りつつあったのに悔しい気持ちで一杯です。


     したがって、本日は休日、多分診療所もお休みで、家でじっと静かにして過ごすことに。先日借りてきたDVDを見る。S.スピルバーグ監督の『ミュンヘン』、、1972年ミュンヘンオリンピックの時イスラエルの選手がテロに遭い11人が犠牲になり、その報復の任務に就く暗殺者の物語。


     実際の事件を題材にしていますので、その映像は政治的な駆け引きと歴史的重みを伴って、映画そのものを重々しくしています。中東紛争の問題は、特にイスラエルとパレスチナの問題は、歴史も古く、宗教と領土の問題を含んだ複雑な過程があって、コメントするには難しすぎる。


     報復が報復を呼ぶ連鎖は今日まで、果てしなく続けられ。中東の和平はパレスチナの自治を認めることで、一筋の明かりが見えたかに見えましたが。その後の情勢は混沌としています。戦争や紛争のない世界は理想的な世界のあり方ではありますが、実際の当事者にとってはそんな、きれい事はいってられないのでしょう。


     しかし確実にいえることは、このような戦争や、対立から生まれる紛争によって、犠牲になるのは戦いの戦士のみならず、民間人、幼い子供や老人達です。映画の後半に主人公の人間性に迫った内面が描かれています。「自分の行った行為が果たして正義なのか?」と問いかける・・・・・・・・。
     

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.22 Friday
      • -
      • 21:52
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      腰の具合お大事に。くしゃみがきっかけとは…なんか悔しいですね。この際は身体を休めて、シネマ、読書の内面世界を旅してください。楽しい記事期待してます(^0^)/。
      • よねひこ
      • 2010/02/12 8:22 AM
       いや〜、本当に情けないです。家の中を腰を曲げて歩いています。山ノ神の辛辣な皮肉を聞きながら、DVDに勤しんでいます。当分の間映画の寸評をお送りします。
      • やなしお
      • 2010/02/12 12:50 PM
      楽しみにしてます(^0^)/。
      • よねひこ
      • 2010/02/12 9:38 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM