春風駘蕩

0
      春らしいといえばそうなのかもしれないが、爽やかな風が厳しい寒さへの惜別の挨拶のように頬をよぎります。夕方には寒く感じるくらいの1日でした。今週は今日の1日だけが仕事の日、頭も体も仕事モードには時間がかかります。大分慣れてきて余裕を持って仕事が出来ているのかな?


     北海道の田舎から首都圏に移り住んで40数年、季節の移り変わりがメリハリも無い都会暮らしは味気ないものがあります。北国の春は大地が雪解けという劇的な変化を遂げて、人々の前に現われます。雪解け水のコトコトと云う流れに早春の響きと、草花の芽吹きとが相俟って春の訪れをいっそう確かのものにします。


     春と云う季節は草木も萌える?人の行いを何となく前向きにしてくれる良い季節です。



                 駅で見かけた鳩も恋を語る

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.02.16 Friday
      • -
      • 21:13
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1305 最後に更新した日:2018/02/16

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM