スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.06.08 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    GW前半は柴崎ロック&西上州・金鶏山

    0

      4月28日(土) 下吉田・柴崎ロック ☀

      連休初日は秩父の柴崎ロックでフリークライミング

      山の会のY城さん、H竜さん、T田さん、K池さんと

      Y吹さん、N島さんの総勢7人でクライミング

      柴崎ロック久しぶりです

      連休初日にもかかわらず3パーティー程で静かな岩場

      それぞれ3人でトップロープのセット

      「うまいぞギンナン」5・8

      「えんとつ」5・9

      「ウォーミングアップ」10・Aを登る

       

      7人が入れ代わり立ち代わりトライする

      それぞれのルートをそれぞれのスタイルで登る

      みんな同じムーブではありません

      それがフリークライミングです

      私は「うるし木」11・Aに久々のトライ

      やはり核心の上部でテンション

      体がうまく岩に反応してくれなかった

      良いルートですが、T田さんは中盤のムーブがうまくいかなかった

      課題が残りましたね

       

      最後に「落ちこぼれ」11・Dにトップロープで登ってみたが

      取り付きから難しく

      下部のムーブもできず撃沈しました

      それでも天気に恵まれて充実した1日でした

       

      4月29日(日) 妙義・金鶏山 ☀

       

      前夜柴崎ロックから移動して道の駅「みょうぎ」でテント泊

      東屋の脇の平坦な静かな場所で小宴会してH川さんと合流して

      1時間ほど話の続きで就寝

      翌朝5時に起床してハーネスをつけて出発

      車2台で筆頭岩の下山口に1台デポして

      見晴らし台に戻り

      古ぼけた階段から登山開始です

       

      枯れ落ち葉が重なったルンゼを詰めて右の尾根道に進み

      左からの尾根を結んで直登すると首なし地蔵の鎮座する取り付き

      両手を合わせて安全祈願

      このスカイラインのカンテ?に沿った登りがこのルートのメイン

      登るにつれて高度感が増しまさにクライミング

      ロープを付けずに登るので

      ピリッとしたプチアルパイン感覚が味わえる

      勿論入山禁止の岩山、滑り落ちると命の保証なし

      やはりそこそこクライミングの技術がないと

      冷や汗の連続、口の中の「からから感」は間違いなし

      5人のパーティーの後方を振り返りカメラのシャッターを押す

      ロープ無しでこんなところを登るショットに

      「バッカじゃない!」と思われそう、いやたぶん馬鹿です

       

      左右に切れ落ちたカンテ上の岩登りを体験した後

      斜度の落ちた山頂に到着、やれやれそれほど標高も高くないのに

      急斜面を登った残像が登った感いっぱいです

      水分補給して尾根上の道を縦走する

      目の前に表妙義の険しい岩峰がキリリと立ち現れる

      この尾根上の道も決して易しくはなく

      緊張感が途切れることはありません

      ルートファインディングを誤り切れ落ちた崖に道を塞がれる

      正規のラバースルートに差し掛かるが、45度?の傾斜があり

      ここで初めてロープの出番です

       

      H竜さんが私の確保でフィックスロープを構築

      それにセルフを取りながら皆さんすごすごと渡る

      足を滑らせるとロープの伸びで2・3mくらいはずり落ちそう

      やっぱバリエーションルートで難所満載です

      その後も、鎖場やフィックスロープ、トラロープ、ワイヤーなどの残置の支点が数か所

      また、何度かロープも出して筆頭岩に基部に到着

      午前中にはこの基部に行けると思った予測も甘く2時間ほどのオーバーです

      登るつもりの筆頭岩は今回はスルーすることになり

      次回のために登るラインを確認して

      デポした駐車場まで下りました

      「簡単なバリエーションルート!」という触れ込みとは大違い

      ってか、バリエーションは簡単ではありません

      その事を肝に銘じた山行でした

      パーティーメンバーの皆さん

      お疲れさまでした

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.06.08 Saturday
        • -
        • 19:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        やなしおさんお疲れ様でした。高度感満載!読んでいるだけで緊張しちゃいます。すごい所ですね。Hっち読み甘い?次回は筆頭岩に行かなくては。
        • Omlyakomachi
        • 2018/05/01 9:25 PM
        金鶏山は入山禁止の山だけれど、めっちゃ面白いよ!多分登れるよ、コースは短いのですが、いろいろなファクターがいっぱい詰まっていい山でしたよ。今度一緒に行こう!ロープ付ければ怖いものないですが、それではちょっとスリルがないので、ロープなしで!
        筆頭岩の方が自分にはロープ付けても厳しいかな???今年の秋を楽しみにしてください。
        • やなしお
        • 2018/05/01 10:05 PM
        金鶏山・筆頭岩、絶対行きたい!でも、ロープ欲しいなぁ。ヒルは大丈夫、山のためなら恐くない。
        • Omiyacomachi
        • 2018/05/02 12:55 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM