スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    秩父・武甲山

    0
       山の会平日ハイキングで秩父の名峰・武甲山に登ってきました。これまで何度も秩父や奥武蔵の山々を登ってきて、そのピラミダルナ山容にいつかは登りたいと思っていた山、やっと実現した。とはいっても存在感のある山ですが、石灰岩の切りだした山としても有名で、遠くからもその切り刻まれた山幅は痛ましいものがあります。

       今回は大宮からFさんの車で乗せてもらい、和銅黒谷でOさん夫妻と待ち合わせ、そのまま登山口の生川の駐車場から表参道を登るコース。この登山道が一番早く上り下りできるコースだとか。8時半に身支度を整えて出発、前日の雨でほんのり濡れている舗装された道を20分ほど進むと、マスの養殖場が現れ程なく本格的な登山道に出る。ここが表参道の8丁目らしい。


       ひたすら杉林の登山道、「不動の滝」が単純な山道にメリハリをつけるかのように清く流れている。大杉の木のある広場で一休み。徐々に石柱の丁目の数が増えて行き51丁目が最後の柱で、御宮が鎮座している。両脇の守り神が狛犬ではなく、ここでは狼の石像がその役割を果たしている。秩父地方には多くみられると言う。


       頂上からは秩父盆地が開けていて、秩父市内が眼下に広がる。しかし、やはり石灰岩の採掘現場はそんな景観に水を差すような感じで痛々しい。その内この山はどうなるのだろうか?と危惧さえ抱いてしまう。Oさんから美味しい地元のミカンを戴いて下山開始。下りはおよそ1時間半ほど、週末の谷川岳のトレーニングとまではいかないまでも、いい足慣らしは出来たようだ。


       さて、今回のもう一つの楽しみは、Oさん推薦のグルメな中華料理。1時の予約で、少々遅れてしまったが、快く作ってくれて美味しい中華のランチを戴いた。今回で2回目のシリーズ、ハイキングと美味しいグルメの旅は次回はお豆腐料理と言う事らしい。またまた楽しみな企画です。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 23:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM