スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    東吾野・阿寺の岩場

    0
        7月7日七夕の日曜日、東吾野に開拓された阿寺の岩場で、山の会のバリエーション・岩トレに行って来た。ロック&スノウに発表された新しい岩場で、スケールはないものの、アルパインクライミングの講習会には良いかもしれない。


          テーブルの前に使用規定が

       山の会のM田総長のリーダーで、今回は沢登りや、バリエーションの為の岩トレなので、基本トップロープは禁止と言う事で、かなり厳しい内容で行われた。中には外岩のリードが初めての人もいて緊張感漂う講習会でした。


          左端のトンコちゃんスラブ初リードにはもってこいのルートだ

       集合時間が早いので東吾野まで電車で行き、H川さん、I村さんと共に銑爺様の車に乗せてもらい、先着のM田総長、H竜剣隊長組と合流。岩場に着くとすでにロープが張られていた。8時過ぎに早速岩トレ開始、左端のトンコちゃんスラブの2ルートをリードで登る。


       「登ってみんしゃい左」を登るS田さんと、「登ってみんしゃい右」を登るH竜剣隊長



         外岩初リードのO川さん

       5・7と5・8の2本、壁は寝ているがテカテカでスリッピー、しっかり足で登らないと滑る。全員がリードで登って丁度いいアップになった。次に懸垂の練習、慣れている人は何の問題もないが、初めての人は手順に戸惑い時間がかかってしまう、まあ〜これも何度の練習して慣れるしかない。


         登り返しのH竜剣隊長

       次のメニューは登り返し・自己脱出だ。「湾曲うちわ舞」5・9にトップロープを張ってプルージック&クレイムハイストで登り返す、宙づり状態から如何に自分の体を引き上げ登り切る事が出来るか、パートナーに事故があった場合に必要な技術だ。

       ちょっとしたコツがあるようで、M総長からのヒントを得て皆さん頑張っていました。それにしてもこの岩場は南面で直射日光をもろに受け、1便登ると玉のような汗が滴り落ちる、充分水分を取りながらやらないと、脱水状態になってしまう。ペットボトルの容器があっという間になくなった。


       銘々に昼食を取り午後からは2ルートで登り込み。「がんばれコツオくん」5・9と「飲酒登攀」5・8、いずれも脆い箇所がありホールドに×印がついている。それも肝心な核心部分なものだから、皆さん大苦戦を強いられている。

       滴る汗を拭いながらの厳しい岩トレも4時過ぎに夕立が来て終了。M田総長のもと、皆さん歯を食いしばっての阿寺の岩トレでした。勿論電車組の我々3人は飯能の酒屋でヒャッコ〜イビールをしこたま戴きました。夏はこれに限る。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 11:29
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM