スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    三ツ峠

    0

       岩トレで三ツ峠に行って来た。何年振りだろうか?H竜隊長の車で埼玉を出発。圏央道・中央道を経由して河口湖インターを降り、コンビニ探し。「酒・たばこ」の看板のお店を探して今宵の必需品をゲットして駐車場に向かう。


       道も空いていて9時チョイには登山口の駐車場に到着。速攻でテントを張って宴会の始まり、テント泊の楽しみにはお酒が欠かせない。取りとめもない話が延々と続き、気がつけばもうお酒は残っていない。12時前に就寝。


       翌朝4時半に起床。ガイドの講習会で混んでいる事を想定して早めに出発する。それでも昔は1時間で登ったアプローチ、30分も余計にかかって四季楽園前に到着。しかも先行していた銑様の姿が見えない。

       そのまま急階段を下りて岩場の中央にお店を広げる。懐かしい、その昔何度トライしても登れなかった「都岳連ルート」が目の前にある。その後青い顔をして山頂まで行って帰って来た銑様が到着した。

       今回は、この夏アルパインのルートにチャレンジするH竜隊長等3人の岩トレの付き添い。フリークライマーの私には教える事等ほとんど無いが、ルートファインディングやセカンドのビレイ位なら何とか出来るかもで、御同行した次第だ。

       さて、「一般ルート」の1ピッチ目を登って基本的なアルパインの技術をそれぞれ確認。支点ビレイがいいか、ボディービレイがいいか、その場の状況や登り方によっても変わってくる。とくにトップが2人をビレイする折り返しのボディービレイが技術が難しい。

       私はI村さんとパーティーを組んで登った。久し振りのマルチには戸惑いを隠せず慎重になってしまう。懸垂で降りて一般ルートを登ろうと思ったが「クーロワール」の2ピッチ目がやけに難しく感じ、右奥に回り込んで「第1クラック」から登ったが難しかった。


         「十字クラック」元蕕鯏个H竜パーティー

       プロテクションが乏しくキャメの黄を決めて、クラックを頂上し小さな生木にタイオフで2本目のヌンチャクをセットして辛うじて核心を越えた。その昔簡単に登れたはずなのに忘れてしまっては厳しいね〜。

       その後は易しいラインを登って「天狗の踊り場」の頂上に到着。何とか登れてよかった〜。
      しかし懸垂下降は下から登ってくるクラマーでごった返し、ロープを投げる機会を失ってしまい1時間ほど待たされた。

       ころ合いを図って肩に振り分けて懸垂するが、上手く流れる筈のロープが絡んでしまい、ロープ捌きに四苦八苦、慣れない事はするもんではない。アルパインの技術は本当経験が必要だ。やはりフリーとは別物で、いろいろ勉強になった三ツ峠の岩トレだった。


      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.06 Monday
        • -
        • 21:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM