スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    二子「ノース」大きく前進

    0

       天気予報は悪かったが、よねひこさんと二子で登った。何時もの場所で待ち合わせ、高速を快適に進んだが、話に夢中になって花園インターを通り過ぎてしまい志賀坂峠越えで駐車場に、それでも8時半には到着して3番乗り、そしてまたもやMっちさんパーティーとばったり。

       今日の二子は冬に逆戻り、前回の快適な気温とは裏腹にやや肌寒い。それでも温度計がマイナスになる事もなく、浸みだしもないので陽が差してくればいいコンディションだ。早速「ワーカーホリック」と「高く登れ」でアップ。よねひこさんは「ホテル」の6ピン位までをアップで登る。


                    土曜日の弓状

       9時を過ぎると続々とクライマーが登場。何時もの土曜日の様な賑わいだ。珍しくと言うか、P1で高グレードを登るA枝さんロケさんパーティーと初めて外岩で遭う事になった。「こんな所でも登っているの?」と声を掛けられる。

       よねひこさんの「任侠道」は4・5人でまわっていて、11時半頃に1便目。二子の被ったルートはビレイが肝心で、壁に激突しないように少し流すのがコツ。5・6ピン間と7ピン目までのビレイは緊張する。とくに7ピン目は半端ないランナウト、クリップ前でフォールすると7・8mは落ちる、所謂「任侠落ち」と言うやつを止めなければならない。


              「任侠道」を登るよねひこさん

       今回で3回目くらいなので大分慣れて、よねひこさんの要望通りのビレイが出来たようだ。12時頃に「ノース」の思い出し便。前回初めて6ピン目までノーテンで進んで、チョッピリ希望が見えてきたけれど、まだまだ足捌きが不安定。様子見で取り付いた。

       ところが10日振りにしてはいい感じで、2番目のレストポイントまでノーテン。それならと行けるところまで頑張ってみようとスイッチが入った。で、前回フォールした所も「足を上げて!」、よねひこさんのアドバイスをもらって左のポケットがスタティックに保持、7ピン目のクリップも成功して、あれよあれよでダブルコルネのレストポイントまで来てしまった。

       上腕がパンパンだったが「ニー」をかましてレスト。どうもサイズがあるようでこのレストが1番休めない。ここら辺りが難しいところ。渾身のパワーで、左コルネの上の団子状のホールドを右手で取りに行って大フォール。しかし、良くここまで来たもんだ。初めて触った時の絶望感は今はない。


         Jun姫の「ラッキーキャット」11・Bの核心

       大満足でロアーダウン。よねひこさんが2時頃に2便目「任侠道」を登ると言うので、しばし「祠」のMっちさんパーティーの様子を伺いに出張する。丁度Jun姫が「幸せ猫」11・BをRPトライ中で核心部に突入しているところ、リズムが壊れるといけないので、静かに固唾をのんで観戦。
       

               「やったぞ!」とピースポーズのJun姫

       Mっちさんからの的確なアドバイスが効いて核心を突破し、上部のスラビーなパートを切り抜けて完登、見事なRPでした。初11・B?の歴史的瞬間に立ち会えてよかった。クライマーが自分の限界に向き合ってチャレンジし、それを乗り越える時のパフォーマンスは美しく感動的です。いいものを見させてもらった。

       さて、「ノース」2便目は6ピン目辺りからノーテンでトップアウト作戦。休みながら登り、持久力を貯め込んでフレイク状のガストンから再スタート。ダブルコルネのレストが余力がある分、今までで一番良く休める感じがした。最終パートの右トラバースも持ちこたえ、終了点をデット気味に保持してトップアウト。


       何とかいい感じで繋がったようだ。後は持久力と3か所のレストポイントで如何に回復させられるか?にかかっているようだ。ここにきてようやく道程が開けてきたのかな。しかし、やはり3便目にチャレンジするスタミナもなく、よねひこさんの最終便をビレイをして終了。ほんの少し灯りが見えてきた。 


       


      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 20:58
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM