アンソニー・ヒッチコック?★★★

0
      東武練馬ワーナーマイカルで観てきた。御存じミステリー映画の巨匠アルバート・ヒッチコック監督をモデルにした映画です。「ヒッチコック劇場」のテーマソングはあまりにも有名で、ミステリアスな旋律がいまにも蘇ります。


     さてこの映画はヒッチコックの晩年、最後の名作と言われた映画「サイコ」、製作の動機から脚本が出来そして撮影に至り、絶賛された上映までを綴ったほんの少しの期間を題材にした、「夫婦愛」?の映画でもあります。勿論主演のA・ホプキンスとその妻役のH・ミレンの演技が素晴らしい。

     とくに、妻アルマが完成を前に夫ヒッチコッコックに切々と語りかけるシーンは圧巻で、H・ミレンの存在感が際立ちます。気難しいヒッチのA・ホプキンスも良いが、この映画の主役はアルマ役のH・ミレンと言っても良いくらいの嵌り役です。

     それにしても最後の名作「サイコ」、観ていないのでツタヤで借りて観なければならないね。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.22 Friday
      • -
      • 22:54
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1330 最後に更新した日:2018/12/03

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM