スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    会津高原「らくだ山荘」

    0
        山の会のA島さんの別荘に滞在したスキーツァーに行ってきました。 金曜日夕方Hさんにピックアップしてもらい、会長のTさん駐車場でH竜さんの車に乗り換えI村さんとも合流、那須塩原で高速を降り、塩原温泉街を抜けて福島に入り、会津荒海駅近くのA島さんの別邸「らくだ山荘」に到着。


              A島邸別荘「らくだ山荘」

       早速入山祝い?で乾杯。「らくだ山荘」と名付けられた山荘内は設備が整った豪華な一軒家、新築したばかりで新しい畳の臭いがする。綺麗で過ごしやすい家造り、一同感心するばかりです。「らくだ山荘」の由来は裏山の小さな山の名前からきていると言う。誰かが「らくだ」の前に一字抜けているのでは?の一言が笑いを誘った。(失礼な!)

       持ち寄ったビール、3本のワインも空になり延々午前様まで飲み明かす。妙高のスキーツァーでは深夜に騒いで叱られた反省もどこへやら、心おきなく大宴会だ。流石に2時を回って明日のスキーを控えおひらき、1人1部屋も可能な贅沢なお部屋でぐっすり。

       翌日2日目の朝、おみそ汁と炊き立てのご飯で朝食。至れり尽くせり。テレビには「会津若松鶴ヶ城」に今日明日の2日間限りの、NHK大河ドラマ「八重の桜」をモチーフにしたナイトアップされ映像が映し出された。「これは行くしかない!」とH竜さんと意見が一致、スキーから直行する事に。


       やや遅めの出発で「会津高原だいくらスキー場」に行く。青い空に真っ白な雪が眩しい。気温も高く、気持ちいい春風に吹かれる。ボードの大会もあって結構な若者で賑わっている。リフト券をどうするか迷ったが、「会津たかつえ」は次回にして、2日券をシニア割引5000円で購入して、中央のリフトに乗って、A島さんにエリアを紹介してもらった。


       山々に囲まれてこじんまりとしているが、その景観は素晴らしい。雪質はザラメ状で時折足を取られて滑りにくい、この時期は仕方ないか。妙高で習った山足荷重の技術を復習しようという気持ちも、雪が重いので転倒しない意識が強く、「ただ滑ってるだけ!」になってしまった。

       ほぼ一回りしてランチタイム。食券売り場も混んでいて1時間半ほど休憩した。2時半と3時半を待ち合わせタイムにして、思い思いに滑る事になったが、私とA島さんは2時半の便で終了して、レストランで昼寝。終了と同時に会津若松に向かう。


       スーパーの駐車場で1台デポして鶴ヶ城をめざす、市内の駐車所も混んでいて車を止めるのに四苦八苦。何とか、市民病院の駐車場をお借りしてお城へ向かう。 城内は多くの見物客で混雑している、石垣の上にも人だかり、「危険ですので降りてください」の放送も効果なし。6時きっかりに映像が映し込まれた。


                  ビフォー、映し出される前

       夥しカメラのシャッタ音が一斉に鳴る。NHK大河ドラマ「八重の桜」に因んだ映像が城壁に映し出され、薄暗い空に屹立する天守閣まで鮮やかに浮かび上がる。白い壁が八重桜のピンク色に染まり見事な壁画を描いている。動画も映されたので、私もカメラを動画モードにしようとした瞬間にパーっと消えた。えっ!もう終わり?時計をみるとたったの5分だ。


           アフター ピンク色に染まる城壁

       歴史的瞬間も僅か5分。はるばるやって来たのに、これでお終いとは、皆で絶句してしまった。一体動画モードはどうなるんだ。帰りの地元の人の「宣伝するほど大したことないよね〜」のお言葉も妙に説得力があって拍子抜けしてしまった。まぁ、良いかホントにこの目で見たんだから・・・・・・・・・。


                ビール、白ワイン、いも焼酎、マッコリ、そしてウコンが必須

       来た道を引き返し途中温泉で汗を流して、車をデポしたスーパーでおつまみとワインを買い込み「らくだ山荘」に帰還。今日も飲むぞ!でビールで乾杯。刺身がメーンで白ワインを空ける。続いてI村さんの「マッコリ」を空ける、H竜さんとオーナーのA島さんが消えて、12時に宴会終了、就寝。


       さて3日目、今日はいい時間に滑りたいので早めに出発。A島さんは奥さんと後発、8時半にゲレンデに到着、すぐに滑りはじめたが昨日とあまり変わりがない。同じコースを4・5回も滑ると飽きてしまった。11時になって終了して大休止。席を確保して皆さんを待つ。


             極めて怪しい3人組、初音ミクと私

       待っている間に休憩所をプラプラしていると、コスプレ(仮装)した二人組に遭遇。あまりにも有り得ないその珍しい出で立ちが人気。ミーハーな私も意味不明の2人と一緒の写真を撮ってもらった。後で受付の人に聞いら、土日に仮装してくるとリフト券がタダになる仕組みだそうで、単なるお客さんらしいが、初音ミクと言うCGアニメのキャラ、何だか面白かった。

           
                     南郷村の道の駅の温泉「きらら」

       その内、急に天候が悪くなり、横殴りの吹雪状態、リフトも1基だけになってしまい、軽食した後滑りに行っていた皆さんも帰ってきて、1時過ぎに終了です。この後、道の駅の温泉「きらら」に入りに行った。天然温泉やや熱めの湯加減で温まって、「らくだ山荘」に戻った。


       
       風が強まって心配なので帰り支度を急ぐ。「らくだ山荘」の美味しいランチメニュー?ミートソースパスタを戴いて、お世話になった「らくだ山荘」を後にした。A島夫妻は2・3日こちらに滞在する予定だとか。あっという間のスキーツァーはメンバーに恵まれ楽しい3日間でした。それにしてもスキー場の途中にあった岩塔が気になるな〜。またお邪魔しよう。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 21:50
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM