フライト★★★

0

     ご存じ本年度のアカデミー賞にノミネートされた、D・ワシントン主演の映画、いつもの新座シネックスで視聴。予告編を見て大いに期待して見に行ったけれど、これは、どこかに陰謀が隠されミステリーがあるのかなと思いきや、アルコール依存症を扱った映画でした。




     R・ゼメキス監督とくれば「フォレスト・ガンプ/一期一会」のアカデミーの監督賞受賞作品を思い出す。高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸を果たした男は一夜にして、ヒーローになった。それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だったが・・・・・・・・。

     D・ワシントンのアルコール依存症の演技は流石に上手い。奇跡を起こしたヒーローとアルコール依存症で崩れていく男の2面性を見事に演じています。アルコールで朦朧とした意識を覚醒させるためにコカインを注入する辺りの演技が如何にもありそうで?リアリティーがあって面白い。

     が、けれどもそれは現実の世界で許されない。結局は身を滅ぼすことになるのだが、それが依存症の現実でもある。依存症は病気でもあって、治療がなかなか難しい。自覚していても理性では制御出来ないもどかしさ。依存症から脱出する事の苦しさ、困難さを見事に訴える作品でもありました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.14 Monday
      • -
      • 23:35
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1328 最後に更新した日:2018/05/09

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM