スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    外岩初登り「ノース」すこ〜し進んだ

    0
        今シーズンの外岩初登りはスーさんと二子山。天気予報があまりにも低温と言う事で、やきもきしながら川越を出発したが、1番乗りの駐車場は微風と言うより、風がない。しかも思ったほど寒くなく、焼き石も大活躍の二子にしては静かで、いい感じで初登りが楽しめました。

       ゆっくりアプローチを辿ると、目の前に両神山が君臨する。2週間振りの二子、正月太りも体調はいい様だ。1番乗りの特権で最適なところにデポしてアップ。広場のエリアに移動して「高く登れ」10・Bと「バイパス」10・Aを登る。


         「高く登れ」10・Bを登るスーさん

       朝1のクライミングは、まだまだ岩は冷たく焼き石は必携。2ピン目の左トラバースがやや厭らしいが何とかパワーでこなして一応フラッシング。「バイパス」は左にトラバースして行くルート。しかし、これまた3ピン目の左のホールドを安易に取りに行ってフォールした。フラッシングならず。

       弓状のルートはヌンチャクが残置されていて、まるで人口壁状態。勿論「ノース」にもスーさんの「火の鳥」にも残置。回収の心配がないのが強みだ。ただし、ペツルのホームページの記事のように状態を確かめる事は欠かせない。これも全ては自己責任だから。

       スーさんは肩の様子を見ながらの挑戦で、体を温めるために祠まで散歩してから「火の鳥」にトライです。下部核心の左ガストンへのムーブ作りに余念がない。

       「ノース」の思いだしの1便目。焼き石をチョークバックに入れてと・・・・・・。しかし動きが今一でホールドが決まらない、敢え無く2ピン目で早くも初テンション。まだまだホールドの取捨選択が出来ずにムーブが安定しません。殆ど各駅だが必死の思いで何とかトップアウト。


           本日の弓状

       気温が少し上がってきて−2度に上昇。気温低くても風がなく陽が差していれば登れる事が判った。ただし陰に隠れたポケットや、アンダーホールドはほとんど−なので注意が必要だ。スーさんの2便目は下部核心改良ムーブで抜けて、終了点間際まで繋いだ。

       スーさんを見習って祠まで散歩して、お昼前の2便目に突入。大分壁に馴染んで来たのか、繋いで初めて4ピン目クリップ成功。その後も良い感じで2テン位でダブルコルネのレストポイントまで頑張る。二ーバを決めてレスト、最後の核心で3度目のテンション、可能性を感じてムーブを探る。

       自己ビレイを取って最良のムーブを試してみた。右トラバースの足位置を10cm程先に変えると、右手カチのサイドブルに左手ガストンを添える時に、バランスが良くなった。これだ!そのままムーブを繋いで最後のデットを決めようと飛び出した瞬間・・・・・・・・?

       体がいきなり引かれて壁に激突!あれ何が起こったのだ?勢いよく膝を打った。よく見るとセルフを外さずに登っていた。しかも長ヌンだったので気が付かなかった、あ〜、やっちまったか。隣を登るUさんから「危ないよ、それで膝骨折した人いたよ」と脅かされる。幸いにも打撲程度に済んだが、気合入り過ぎて大きなミスを犯してしまった。


          二子山寒暖計

       気持ちを落ち着かせ昼食。麗らかな午後気温も+に転じて摂氏2度まで上がる。クライマーも何時もの半分くらい穏やかな二子です。

       3便目は3時前にトライする、すでに2便登ってかなりよれている。しかも岩が暖かいと思いこんで焼き石入れずに登ったら、ポケットホールドが冷凍庫状態、指先が冷たく3ピン目で敗退。トライしたのは良いけれど、まだまだ技術、戦術、気合、持久力が足らない。

       二子山のルートはやはり難しい。常連さんの話では他の岩場より2グレードは厳しいとの事。ホールドが多彩で、傾斜も半端ではない。しかも新参者には磨かれた足ホールドを押し込めない弱点が露わに。本日は多少体の振りも出ていい感じにはなったが道のりは遥か彼方だ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 21:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM