スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    P1講習会

    0
        急遽臨時の講習会、T橋さんが今月はこの日しかないと言うのでご要望に応えると言う事で。事前にクライミング上達理論もそれなりに勉強して臨んだけれど・・・・・・。しかし、思い描いていたようにはいかず、教える事の難しさを再認識した次第です。

       T橋さん、W沼さんの2人だけでしたが、やはり個人差の問題や、それぞれが今目指している目標によっても教えるべき事の中身も違ってくるのは当然で、その辺の振り分けが難しい。

       基本的には本人が望む目標に向けてサポートしたいが、クライミングの進捗度は緩やかでクライマー自身が望むようにはいかないところが難しい。どうしても目標のグレードが登れると、次の目標にと焦りがちになり、結果うまくいかないな〜と言う事になってしまう。


             WC印西大会予選のK・ジャインの登り

       その辺りの状況を理解することも必要かなと思う。とくにジムのクライミングの進捗度は、ピラミットのように底辺が広がるルートの登りこみが大切で、その次のレベルのルートへと導く為の必須な条件でもある。決して2段階も飛び級でグレードアップは出来ない。

       今日は重要な課題として、バランス感覚を中心にトレーニングを行った。最近のジムの設定ルートは、そのほとんどがフットホールドが限定されるルートが主で、かなり悪いバランスで登らさせれているような気がします。そこであえて、足を自由にして自分にとって一番いいバランスで登ってもらう訓練です。

       足限のルートを解除して登る事に物足りなさを感じるかもしれないが、この訓練は経験者にとっても良いのではないかとも思います。 科学的な根拠は全くないけれど、プラトーの時とか、ピリオダイゼーションを意識したトレーニングの時とかは効果があるのではないかと?。これから自分でも取り入れてやってみたいトレーニング方法です。

       T橋さんが先に帰って、W沼さんと個人指導みたいな感じになったが、結構上腕が張った状態だったが、「前に登ったより少し楽登れた」と言われ、少しは役に立っているのかと思いました。素人の教えには限界もあり、間違いもあるけれど、まぁ、少しでも進歩していると感じてくれると嬉しい。講習会、私も勉強だ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 22:09
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM