スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    二子山・ノースマウンテン

    0
        先週の日曜日に続いて今シーズン2度目の二子山、お昼頃突然に雪が舞い散るコンディションに見舞われる中、二子で初めての12・A「ノース・マウンテン」を触って、その圧倒的な前傾壁に翻弄された1日でした。

       久し振りによねひこさんと御同行。急遽T田さんも参戦して関越から秩父路を二子山へ、途中から霧が発生して雲行きが怪しいが、本日は晴れの予報だった筈。しかし吉田町を抜ける頃には霧も晴れて、思ったより暖かくこれなら良いコンディションとばかり、弓状をめざした。


            朝は陽が射していたが

       すでに岩場にはきんさんとM代さんパーティー、JIllさんの相方Tさんが先着で御挨拶、きんさんは「ワーカーホリック」をアップで登っておられました。弓状で登るのは多分10年ぶりくらいだろうから、殆ど初参加みたいなものだ。しかもその時は「悪魔のエチュード」10・Aがトップロープでも登れなかった記憶が蘇る。

       と言う事で早速よねひこさんがアップ兼ヌン掛けで「悪魔」を登る。流石に先週小川山で「エクセレントパワー」13・AをRPしただけに、登る後ろ姿にオーラがあふれ出ている。さくっと登って終了点。さて、日本1被った10・Aにチャレンジ。

       アップ便だがしかし、RPも掛かっているので慎重に登るが、やはり傾斜の強さに圧倒されて結構難しく感じる。壁から飛び出している「指」の部分を直上しようとして上腕がパンプ寸前、しかも朝1でホールドが冷たく感覚が無くなってくる。よねひこさんから声が掛かり、左から「指」を越えて、何とかRPした。これで数年間登れていなかったルートの3本が登れた。しかし、指先が冷たいと言うより芯まで痛みが襲ってきて、焼き石の理由が判った。


               よねひこ流焼き石講座

       9時半を過ぎる辺りから続々とクライマーが登場、JIll師匠や、どこかの岩場で出会った顔見知りの方もやってきて、賑やかな弓状になった。さて、よねひこさん本日は控えめに、「ノース・マウンテン」のRPが課題。お知り合いの皆さまからは「え〜まだ登ってなかったの!」とか言われながら、ヌン掛け便で、ムーブを確かめながらトップアウト。

       私はもう少しアップしたいので、「ワーカー・ホリック」10・Bを登りはじめたら、いきなり小粒の雹が降ってきて、やがて風と共に本格的な雪が舞い降りてきた。岩も一段と冷たくなり、うろうろしていると指先の感覚が無くなるので、急いで登って何とかOSしたが、それにしても寒かった。


          一時はこんな状況になったが

       T田さんはこの雪で一時中止して、暫く岩陰で雪を凌ぐ。中々止まず祠で登っていたMさんパーティーが様子を伺いにやってきた。祠も雪が吹き込んでクライミングにならないとかで、撤退も考えねばならないほど地面に雪がうっすらと積もってきた。

       「悪魔」と「ノース」両方にヌンチャクが掛かっているので、撤収するにはどちらかを回収しなければならない。よねひこさんに促されて「ノース」を回収便でトライする事になり、丁度いい踏ん切りが付いた。有り難い事に取り付く頃には、先ほどの吹雪混じりの雪がもう止んでいた。西の空も青空がのぞいている。


              この辺までは良かったが、4ピン目から各駅

       と言う事で本気便でトライ開始。トポにはガバが連続するとあったが、それも3ピン目位までで、足捌きが要求される4ピン目であっけなくテンション。自分で気が付かないほど上腕に頼った登り方をしているのでしょうね〜。何とかトップアウトしたが、そんなに簡単に登れそうもありません。


            よねひこさん余裕のRPです

       よねひこさんは続く2便目で楽勝のRPですが、誰も今まで登れていなかった事を信じてもらえず拍子抜けです。よねひこさんのムーブを参考にして2便目にトライしたが、もう上腕が終わっていて殆ど各駅テンション。やはり上手く足が使えていない。終了点の右デットのムーブでは、Jillさんからのガンバの声が力になって何とか2便目もトップアウト出来た。


      祠の「鬼ころし」登るSYUさんと、「孫悟飯」のSさん



            Jillさんの「おいしいよ」いい感じになってきました

       祠で登っていたT田さんとN川夫妻が弓状に参入してきて、SYUさんが「ノース」に、HRさんは「モダンラブ」に挑戦です。Jillさんは「おいしいよ」のムーブに余念がなく、いい感じでトップアウトしてました。そろそろRPの雰囲気が漂って来ました。10年振りの弓状、11台をスルーしての「ノース」は難しいが楽しかった。また来よう。帰りの股峠の北側はうっすらと雪化粧です。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 22:02
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        あの天候にはびっくりさせられましたね。クライマーの世界は狭いですね。あの人とこの人がこんなところで繋がっているんだなと感心してしまいました。いろいろな方にパワーをいただいてがんばれます。
        • JILL@
        • 2012/12/04 9:50 PM
         いや〜、あの雪にはびっくりしてしまいました、でも越冬隊は当然あんな雪は平気なのでしょうね?

         あ〜、二子禁断の世界に一歩足を踏み入れてしまった。jILLさんこれからもよろしく、お願い致します
        • やなしお
        • 2012/12/04 11:55 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM