スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.05.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    紅葉の甲府幕岩

    0
       今年初めての甲府幕岩、10数年前の登山教室の仲間達と甲府幕岩で登る。朝から雲ひとつない快晴の岩場は、眩しいくらい秋の陽をあびて輝いていた。観音峠越えが工事で通れないため、行きには通った事のない小森川林道だったが、ナビのお陰で迷わず駐車場へ。

       しかし車は一杯ですでに15台以上は止まっていた。1時間ほど先にI納さんパーティーが先着で、すでに「イエローマウンテン」5・9にロープが掛かっている。「ナベちゃん」が空いていると思って登ろうとしたら、ルートの前にいたパーティーがそそくさと支度して先に登られてしまった。

       I納さんから「もうすぐここ空くよ」と言われて、何とか最初の1本が確保された。その後も続々とクライマーが押し寄せて、「豊堯の森」のエリアを横切って行く。この時期には人気の岩場です、それでもエリアが広いので適当に分散して、効率よく登れるところが良い。


        「イエローマウンテン」を登るK林さん

       さてアップの「イエロー」だったが、出だし核心で皆さん結構嵌っている。5・9といえども岩場から遠ざかると体が岩壁に対応しきれず、上腕に力が入ります。それでもムーブをあれこれ考えながら全員終了点まで登った。ジムトレの経験のあるK林さんの登りは、久し振りとは言えしなやかなだ。

       次に先行パーティーの「ナベちゃん」5・8が空いたので、速攻でトップロープを張る。少し奥まったフェースにダブルクラックのルート、どちらのクラックから登ってもそれほど難しくななく、皆さん快適に登る。ついでに左隣の「ダーティークライマー」の下部にもロープを張って登る5・8くらいか。

       皆さんが登っている間にI納さんパーティーの様子を覗きに行く。H谷さんは、昨年4月に惜しくもOSを逃し1テンだった「秘密の岩園」10・Cにチャレンジ。細かいカチを繋いでゆくフェイスだが、デリケートな足捌きが要求され侮れないルートです。


            「秘密の岩園」10・Cを登るH谷さん

       ロープ着けている間に「久しぶりなんですっかり忘れちゃった!登れないかもね〜」等とネガティブな言ながらも、気合を入れ直してスタート。静まり返ったルートには「カチッ」とクリップする音だけが聞こえる。足捌きも上手くいってホールド探りながら2ピン3ピンと掛けて行く。

       4・5ピン目辺りでムーブにつまり、右上のホールドが届かない。行きつ戻りつしながらムーブを探るがどうしても右手が届かない、さてどうするか踏ん切りをつける1手。しかし、乾坤一擲、気合と共にデットで右手を出して、見事にクリアした。ジムトレの成果が生きた見事なムーブだった。

       その先でフットホールドの苔を踏んでしまったらしく、スリップしてRPは成らなかったが。気合のこもった良いトライであった。さて、「ナベちゃん」「ダーティ下部」をすっきり登って、昼食タイムの後、最奥の山椒王国までテクテク歩いてご案内。エリアの広さに感心するばかり。


        「ペンタゴン」5・9でムーブの講習

       帰りの途中に「ペンタゴン」でムーブの講習、垂壁の5・9のルートですが、そこそこの保持力が要求されて、最初の核心が難しそう。ここではホールドに対して効く側に体を寄せる「フリ」の極意?を実践、言うは易しで、重心を横に寄せるのも簡単にはいかない様だ。


           「アプローチ」5・7を登ったN島さん

       最後にメルヘンランドで上級者の登りを見学した後、「アプローチ」を登った。今まで一番易しいルートで、皆さん快適に登り満足した様子。帰り支度で「豊堯の森」に戻ると、I納さんが「ピリカ」10・Dを登っていた。ライン取りによっては11・Aのムーブもあり、完全復活を予想させる登りです。


            完全復活は近いI納(M)さん「ピリカ」10・Dを登る

       4時に岩場を後にしたが、予想どうり中央高速は渋滞していて、帰宅時間は9時を回っていた。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.05.23 Saturday
        • -
        • 21:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1343 最後に更新した日:2020/05/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM