スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    冬枯れの破風山

    0

      今日は秩父の皆野アルプスの破風山に行って来た

      山の会の仲間8人

      雪山の他の山行計画もあったのですが

      頚椎の状態が今一で重いザックを担げず断念して

      今回のハイキングの参加です

      東上線の寄居駅で30分ほど待って

      Kさんの車で大淵の登山道まで

      秩父在住のOさんのお知り合いの敷地にクルマをとめて出発

      澄み渡った皆野アルプスの尾根道を登る

      気心も知れたメンバーで

      ワイワイ言いながら

      3時間ほどで頂上に到着

      東は日光連山から谷川岳

      西には両神山、そして雲取山等の展望に恵まれ

      最高の登山日和です

      そして南には秩父の主峰武甲山

      ちょっぴり雪を被って

      削り取られ山容が痛々しい

      集合写真をパチリ!

       

      コルの東屋に戻って遅い昼食です

      流石に日が当らないと体が冷える

      そこそこに食べ終えて下山開始

      高橋沢の何の変哲もない単調な道を

      せっせと下り1時間半ほどで

      駐車場に到着

      Oさんのお勧めのレストラン「風の丘」に今回も立ち寄って

      美味しいピザと「黒蜜黒豆」を頂いた

      終わりよければすべて良し

      天気にまぐまれてマッタリした山行でした

       

       

       


      桂木観音から大高取山(2)そしてライムストーン

      0

        久しぶりの一人旅

        桂木観音から大高取山を経由して越生駅まで

        およそ2時間半の行程

        このコースは2度目で、大高取山は3回目になる

         

        天気予報も午後から雨もありで

        午前中に登れる山と言う事でここにした

        一人の山登りはもう1年ぶりかもしれない

        誰に気を使う事もなく自分のペースで歩ける所がいい

        桂木観音からはマウンテンバイクの人がいて

        確か前回もいたような記憶が蘇る

        一人旅の良い所は自分との対話が出来るところかな?

        70年に及ぶ人生を振り返ったり

        所属する山の会の前途を考えたり

        はたまた大切な山仲間達の事を思ったり

        思考はとめどなくさまよう

         

        コースタイムより30分も早く越生駅に到着

        短い時間だったが有意義な山行だった

         

        帰りに隣の町の温泉に入り汗を流し、家に戻り

        午後から「ライムストーン」でボルダリング

        2ヶ月目の月パスで顔見知りも増えて

        ワイワイ言いながら楽しく登れる

        まだまだ、頚椎の状態は芳(かんば)しくなく

        そんなに難しいルートは登れない

        そんな中、明日にはルート替えになる壁

        仲間が課題を2本完登した

        苦労して苦労してやっとムーブを作って登れた6級の課題

         

        何だか自分のことのように嬉しくて

        拍手してグータッチ

        お友達になった仲間からも「おめでとう」の賛辞の声

        とてもいいクライミングで感動しました

         

        たかがボルダー、たかが6級と言っても

        頑張って歯を食いしばって登れた課題

        それはとても価値のあるクライミングです

        心から「おめでとう」と・・・・・

        小さなジムで爽やかな風が吹いていました

         

         


        新年ハイキング・倉見山

        0

          昨日山の会の公開ハイキングで

          山梨の富士急沿線の山倉見山に行ってきました

          暖かな気温で登山日和

          総勢12人で2つのパーティーに分かれての登山

          我々の班は東桂駅からの縦走

          お正月には縁起の良い寿駅までの行程

          登山口から先週下見したコースを登った

          まだまだところどころ雪があって

          アイゼンンは必携です

          最初の急登から地図上の鉄塔までは意外と時間がかかります

          皆でお喋りしながら3時間くらいで頂上に到着です

          富士山がでかい!

          記念写真を撮って他のパーティーの待つ相定ヶ峰に向かう

          南斜面の下りだが

          結構な痩せ尾根で油断はできない

          20分ほどで合流して

          鍋で温めていた甘酒を頂く

          手作りのパウンドケーキも頂いて満足

          風もなく富士山を目の前にしてのひと時

          とてもいい気分です

          ややどろんこな道を下って

          3時過ぎに下山口の寿駅に到着

          駅近くのコンビニで缶ビールを買って

          無人駅の休憩所で乾杯!

          そして西国分寺の飲み屋さんで

          本格的な「反省会?」

          おつまみも美味しくしっかり飲み交わしました

          皆さんお疲れ様でした


          富士急沿線の山・倉見山

          0

            昨日、山梨県の倉見山に登った

            来週の山の会のハイキングの下見です

            手違いがあって予定より1時間遅れで東桂駅を出発

            墓地のあるところが登山口

            いきなりの積雪でどうしようかと様子を見ながら登り始めたが

            北向きの登山道は凍結もしていて

            アイゼンを装着

            結構な急登をゆっくり歩く

            なかなか通過点の鉄塔まで着かず時間がかかる

            雪が無ければそれほど難しくは無いけれど

            10cmから多い所で30cmもあるだろうか?

            雪山に慣れていないと

            やはり厳しい

             

            所によっては左右が切れている痩せ尾根もあり

            バランスを失ったり

            アイゼンを引っかけたりして滑落するとただでは済まない

            要注意な所をチェックした

            倉見山の頂上に2時に到着

            夏道のコースタイムより5割増しな時間がかかった

            流石にこの山を推薦しただけあって富士山が雄大

            時間的に鍋ものの予定もカットして

            10分ほどの休憩で下山開始

            下りもまだまだ雪が残っていて

            アイゼンを外したのは残りを20分ほど残した見晴らし台

            やっとのことで5時前には寿駅に着いたが

            雪山ハイキングと言うより初級の雪山だったかもしれない

             

             

             


            先週、奥武蔵・秩父の山三連ちゃん

            0
               先週は木曜日からアウトドアな生活
              ハイキング&クライミングの日々で
              流石に土曜日はくたびれました

              5月19日(木曜日)  ☀  大霧山から高原牧場(天空のポピー園)へ
              山の会の記念山行50の山の一環
              I村さんのリーダーで平日にもかかわらず6人パーティー
              みんな、山が好きですね〜
              小川町から経塚のバス停を降りて山道に
              爽やかというより暑いくらいに陽気

              汗をかきながら旧定峰峠から2・3のピークを越えて
              大霧山の頂上
              西側が開けて展望よし
              30分ほど休憩して集合写真

              下りはあっという間に粥新田峠
              舗装された道を下ってゆくと
              ポピーの繚乱、平日なのに結構賑わっています
              木陰のベンチでお花を見ながら昼食タイム
              何だか幸せな気分
              コースを巡っていっぱい写真を撮った

              帰りのバス時刻が微妙で
              途中からペースが上がり5分くらい前に到着
              1時間半ほど待たずに済んだ
              で、小川町の中華屋さんで泡茶を戴いて反省会
              ちょっと良い気分になって山の会の例会に出席です

              5月20日(金曜日) ☁のち  鐘撞堂山からBCへ

              地元の山仲間と2か月前からのお約束
              寄居駅からのハイキング
              天気はまあまあ、少し気温が低く歩きやすい
              総勢11人の大所帯
              普段歩かない人もいたりで、気を使った

              ゆっくり歩いて山頂で昼食兼歌声
              知らない演歌で面食らった
              ほとんどが私より年配、まあ〜良いか!
              下山後パティーリーダーにお断りして
              温泉に入らずにお先に失礼した

              一旦家に戻りBCに出勤
              6時過ぎにはジムに到着
              暫しKさんとストレッチしながらHさんを待つ
              7時前からアップを4・5便

              最大傾斜の黄色11・CにOSトライ
              中盤の遠い手順でランジが決まった
              基本ガバなので持久力次第
              最後は上腕が張ったけれど、何とか登り切ってOS
              昼間の足慣らしが効いたかな?

              KさんとHさんは10台を登り込む
              それぞれの課題が少し前進したようだ
              最後にニュールートで初登者の出ていない
              オレンジ11・Aにトライ
              最後は結構寄れていたけれどぎりぎりOSして
              ルート名に名前を刻んだ
              BCは楽しいね〜

              5月21日(土曜日)   日和田山アルパインロープワーク

              朝から良い天気で暑いくらい
              高麗駅で8時に待ち合わせなのにSさんがいない
              Iさんが携帯に電話すると
              「寝ぼけた声で、いまOO駅です」との返事、うん???

              先に岩場に行くと伝えアプローチ
              岩場につくとすでに県連の岩ネットのメンバーがいてご挨拶
              早速Kさんも含めて訓練開始

              ダブルロープでのビレイからの解除のために
              ロープを折り返しての仮固定
              テンションロープの固定から
              確保を解除して、クレイムハイストで登り返し
              懸垂支点を構築して事故者まで降りて抱えながら懸垂してテラスに降ろす
              この一連のシスティムを繰り返した

              教えれば教えるほど自分の勉強にもなり
              Iさんも手順が読み込めてきたようだ
              果たしてリーダーズレスキューを実際にやるかどうかは別にして
              技術を覚えておくと安心でもある
              もい1回くらいは本番前にやっておきたい

              流石に三連ちゃんでくたびれていたので
              岩ネットのTさんに「松の木ハングにロープ張って」の要望に
              応えるべく取りついたが、ヨレヨレで大汗かきました
              訓練に集中しすぎて気がつけば4時半
              岩場には我々以外に1パーティー
              みなさん、頑張りましたね!
              帰りの食事時には元気も出て
              「ご苦労さん!」の泡茶で乾杯
              いやはや、無事に週末を過ごしました







               

              茸鍋ハイキング・日和田山

              0
                今日山の会の仲間と日和田山に行ってきました

                山の会の「50周年記念の山に登ろう!」シリーズin日和田山
                K池さんのリーダーで茸鍋付き

                お天気が心配だったが
                雪の予報も夕方にずれて決行
                高麗駅に8時半集合

                ご近所のK池さんと一緒に電車に乗って
                高麗駅到着、K藤さんH高さんY城さんと合流
                K池さんから地形図をもらっていざ出発

                先日の降雪の影響もなく
                高麗橋を渡って黒尾根を登る
                H高さんを先頭に杉林の道を物見山に向かう
                登山道に一部雪は残っていたが
                歩きにくくは無かった
                1時間半ほどして物見山頂上
                結構のハイカーがいてびっくり

                記念の写真を撮って
                10分程下ったあずま屋で茸鍋の開始
                予想外のいいお天気で
                奥多摩の山々が見通せます
                K池シェフの手際良い料理
                美味しいキノコ汁がお腹にしみわたる

                コンビニで調達したビールで乾杯!
                急遽ドタキャンしメンバーには申し訳ないけれど
                マッタリ茸鍋、心が洗われるひと時です
                自宅で挽いたK池さんのコーヒーも頂いて
                気持ちも爽やか

                1時間ほどゆったりして
                目的地の日和田山に到着
                武蔵野の台地が東に広がり
                とても豊かな気分になりました
                メンバーにも恵まれ
                とても楽しい1日でした
                皆さんありがとうございました
                 

                またまた武甲山

                0
                  昨日水曜日に続いて武甲山に登った

                  もともとは鷹ノ巣谷の沢登りが雨で中止
                  替わりに山梨の鶏冠尾根に変更になり
                  出会いの広場からと言う算段でもあったのに
                  その鶏冠尾根も結局雨で登れず
                  急遽武甲山のタイムトライアルと言う事になった

                  夜な夜なクライミング談義に
                  延々と語りつくし寝たのは午前4時?
                  睡眠時間2時間半で
                  あ〜だこ〜だ言いながら
                  結局秩父の武甲山に転進、軟いよね!

                  4台の車で表参道の登山口まで
                  12時頃から登り始め
                  タイムトライアルで最高記録は53・4分だったとか
                  私は酒の飲みすぎ&睡眠不足もあって20分遅れ
                  大汗かきました
                  途中からアルコールが抜けていい感じだったが
                  若者にはかなわない



                  トイレ用の水を1Lほど運んで山頂で先発隊と合流
                  皆で集合写真をパチリ
                  下りはまるでトレイルランよろしく一気に下る
                  そのうち大体筋が悲鳴を上げ
                  後発隊を待って一緒に下山
                  いい汗かきました

                  帰りは3日前と同じ「風の丘」で遅い昼食で解散
                  最近週末の天気が悪く
                  転進が多いな〜
                   

                  武甲山、植樹際下見

                  0
                    昨日、秩父の武甲山に行って
                    山の会の50周年記念の植樹際の下見に行ってきた
                    会長のO野さんの車で坂戸駅でピックアッップ

                    台風一過いい天気で暑いくらい
                    8時半頃に登山口の秩父28番札所に集合
                    山の会から私を含め6人
                    秩父市の役所の方が3人とO栗さんの知り合いで
                    今回市とコンタクトを取って頂いたAさんの総勢10人

                    コースは橋立堂から橋立川に沿って一般登山道
                    今は廃道になったスゲ沢の道
                    所どころ道が切れていて文字通りの登山道
                    ほとんどバリエーションの山道です

                    それでも1時間ほどで植樹に割り当てたられた斜面に到着
                    市の「森つくり推進委員会」の協定の話や
                    割り当てられた斜面の位置
                    植樹する木の種類や料金等
                    一通りの説明を頂いた

                    丁度空が開けていて気持ちのいい場所だ
                    50周年記念事業は7月以降に始まるが
                    とてもいい場所に恵まれたので楽しみな企画になりそうです
                    静かなところなので植樹際時には前夜際を兼ねてテント泊もありかな?

                    山の会の記念事業にはぴったりなところでした
                    帰りにはO栗さんのおなじみの山のレストラン「風の丘」で
                    楽しいグルメな昼食
                    ここの名物「黒蜜くろまめ」を頂いて帰路に着いた

                     

                    木曽駒ケ岳・宝剣岳に登る

                    0
                      息子のオサムシを訪ねる旅のついでに木曽駒と宝剣岳に登って来た
                      中央アルプスの主峰木曽駒、深田100名山とはいえ
                      今はしらび平から2600mの標高の千畳敷カールまで
                      一気にロープウェイで運ばれ
                      そこから1時間もあれば頂上を極められる

                      改めて「日本百名山」のページを開いて記録を見ると
                      木曽谷や伊奈谷から登るので当時は大変な山行だったと思われる
                      それなのに、3時間ほどで宝剣と二座が登れたりすると
                      どうも登山の趣からは外れているような
                      深田久弥様には申し訳ないようにも思うけれど
                      そう言う自分もその便利さにあやかって登ったわけだ!

                      まぁ〜、私は100名山ハンターでは無いので
                      どうこう言う筋合いはないのだが
                      どうなんだろうか?

                      さて昨日は平日でも結構混んでいて
                      バスターミナルの菅の台から臨時バスが出ていた
                      30分ほど山道を揺られしらび平に到着
                      60人乗り、日本の最高標高点のロープウェイで千畳敷カールまで
                      ほんの7分で到着

                      登山道はハイカーや林間学校の生徒達で数珠つなぎ
                      その1団を私にしては珍しく追いぬいて
                      伊奈前岳とのコルに30分で到着
                      コースタイムを10分縮めた
                      ウォーク&ランのトレーニングの効果であれば嬉しい

                      ほとんど休憩を取らずに宝剣岳を目指し
                      急峻な岩場を快適に登り
                      宝剣山荘から15分ほどで頂上に着いた



                      空果てしなく碧い、快晴に恵まれ
                      南アルプスが眼前に広がる
                      おまけの富士山も頭だけ見えている
                      甲斐駒から聖・光辺りまでのシルエットが素晴らしい
                      改めて山登りはお天気次第だ!
                      携帯で聖・光に登る山の会の仲間にエールを送ったが
                      届いたかな?

                      で、山頂の剣を突き刺したようなピナクルに登るか逡巡する
                      登らないと後悔するかなとか
                      クライマーなら登るしかないか?とか思ってチャレンジ

                      足が竦むがすごすごと起ちあがって、1m四方の頂点で写真を撮ってもらった
                      山頂に来てもここまでする人は意外と少ないらしい
                      良い写真が撮れた
                      暫く南アルプスの展望を楽しんで
                      木曽駒へ、下りも快適に岩場を下降
                      ほとんど1時間もかからずに頂上
                      流石に宝剣より圧倒的に登山者がいて賑わっている

                      一般の観光客でも登れる山
                      3000m近い展望を楽しめるのも
                      ここだけかもしれない
                      まぁ、山屋だけの特権でもないか?

                      下りは30分ほどでロープウェイ駅に到着
                      ところが後2・3分で出るロープウェイの乗り口が解らず
                      走り回り大汗かいた
                      何とかギリギリ間に合って、息も絶え絶え焦ったな〜
                      帰りはスカスカで突き上げる急峻な沢と滝を堪能した
                      バスを乗り継ぎ菅の台に到着
                      稜線の涼しさはどこに行ったかと思うほどの暑さだ




                      レンタカーで30年来のお気に入りの姫木平のペンションに向かう
                      オーナーさんが午後不在と言うので
                      蓼科の女神湖に立ち寄り
                      湖畔を一周する、綺麗なお花や蝶が舞っていた
                      湖からの蓼科山が凛としていていい感じだ



                      5時過ぎにペンション「木の実」に到着
                      早速お風呂に入り
                      美味しい夕食を戴いた
                      姫木平(白樺湖の近く)は涼しく避暑にはいいところです
                      多分、来年も来るのでしょうね
                      癒しの旅の3日間でした



                       

                      東北の山、焼石岳・牛形山

                      0
                        7月4日(金)  曇り

                        木曜夜から山の会の仲間Kさんと岩手の山に登って来た
                        焼石岳と牛形山、当初北アルプス涸沢カール巡りの予定だったが
                        雨マークで急遽東北の山に変更
                        夜行バスに揺られ盛岡に到着、レンタカーを借りて中沼登山口に直行です





                        東北の山は会津磐梯山以来か?
                        ブナ林に覆われた森に佇む湖沼が、やさしく迎えてくれる
                        東北の山はみんなそうなのだろうか?
                        季節外れの水芭蕉が木道のそばに健気に咲いていた
                        「遅れてごめんなさい」とでも言うように・・・・

                        2時間ほどの行程で今宵の宿となる銀明水避難小屋に到着
                        ここに一旦荷物をデポして焼石岳に向かう
                        まだまだ雪渓が残っていて、冷気が漂い霧で行く手がおぼつかない
                        東北の山は今春と夏が混在する季節

                        やがて極地の氷河かと思わせるような「泉水沼」が目の前に現れた
                        静寂で幻想的だ、しばし見とれながらシャッターを切る
                        どどどっ!崩れ落ちる雪塊が沼面を揺らし一瞬の静寂が途切れたが
                        何事もなかったかのように再び静けさが舞い戻った




                        言葉の要らない世界がここにある
                        時間が止まったかのような空間がある
                        触れてはいけないような自然がある






                        雲の切れ間からかすかな光が降り注ぎ
                        一瞬「三界山」のカールの残雪を照らした
                        先を急ぐと道端にウスユキソウとチングルマがほほ笑んでくれた

                        山頂からの展望は霧に遮られ、タイムリミットで下山を急ぐ
                        火山礫が折り重なった歩きにくい道
                        たっぷり雪量を貯めこんだ雪渓に足を取られながら
                        銀明水避難小屋に無事辿り着いた
                        今夜のお客はくしくも同じ町に住んでいる
                        山の会の6・7人の1パーティーだけ

                        Kさんの炊き込みご飯が美味しい
                        生野菜とトン汁をつまみに
                        持参した焼酎赤霧島の「銀明水割り?」をちょっぴり味わい
                        頑張った山行に乾杯!
                        次の朝が早いお隣さんに遠慮して8時前には就寝だ

                        7月5日(土)  曇り日晴れ

                        翌朝お隣さんと一緒、4時に起床
                        焼いたパンに生野菜、ジャムを挟んで朝食
                        コンパクトなアミ焼器が興味を呼んだ
                        誰もいなくなった小屋で
                        セルフレスキューの復習、クレイムハイスト?ガルーダー?
                        習うより慣れろだからね・・・・

                        6時過ぎに下山開始
                        来た道を2時間ほどかけて下る
                        やはり人気の山、続々と登山者がやってくる
                        口をそろえて「もう降りて来たの?」と

                        今日は早池峰山の予定だったが
                        ここからのアプローチの時間を考えて
                        牛形山と言う山に登る事に、麓にあるのは夏油温泉だ

                        同じ東北の山なのにこの山には全くお花がない
                        ただひたすら汗をかいて登るだけの山
                        帰りのお風呂の時間と私のペースダウンを考えてくれた
                        Kさんのアドバイスで頂上まで後50分位のところで
                        退却・敗退し、一目散に降りて
                        再開したばかりだという東北の名湯・夏油温泉に浸かった
                        しかも7月一杯無料!
                        タダで入浴するのも悪いので、お土産を買った
                        外観に違わず良いお湯でさっぱり



                        帰るだけの行程で、さて余った時間をどうするか?
                        もしももしもの為にリサーチしてきた東北最大級のクライミングジム
                        盛岡郊外の「ワンムーブ」にお邪魔した、料金払ってソールを借りたが
                        受付で「ここはチョークがないと登れないよ!」と一喝されたが
                        「手汁出ないからいい!」と丁寧にお断り
                        1時間ほど東北のクラマーと交流して遊んだ
                        山に登って〆にクライミングとはやっぱりね・・・・・

                        久しぶりの東北の山登り
                        感動を素直に表現する良き山仲間に恵まれて
                        楽しい思い出に残る山旅でした










                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                          宇井
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          やなしお
                        • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                          JILL@
                        • 穂高の4日間、その2
                          JILL@
                        • 小川山合宿で墜ちる1
                          JILL@
                        • ミストラルに遠征
                          やなしお
                        • ミストラルに遠征
                          JILL@
                        • P1、マイクのボルダリング道場
                          履歴書の書き方
                        • 久し振りの投稿
                          やなしお
                        • 久し振りの投稿
                          JILL@

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM