スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    土日のクライミング

    0
      4月25日(土) エナジーでジムトレ

       午前中の用事を済ませ1時からラン
      いつものロングコースで21k
      調子も良く1k6分位のタイムで走行
      その気になればもっと走れたかな
      約2時間いい汗をかいた
      今月78k、目標の100kクリアできそうだ

      4時に約束のエナジーに出勤
      K坂さん、M上さん、K池さんと登る
      マスターズ選手権まであと10日
      OSトライを課題にして
      新しいルートの青⇒12・C赤バー12・Aにトライ
      青は後半で3テンションだったが赤はOS出来た

      この日は皆さん課題を次々とクリアして
      トレーニングの成果を上げました
      K坂さんは11・AをRPで、エナジーの11が3本目
      K池さんはピンクバーで初の10・BのOS
      最近のK池さんの進化は目を見張るものがある

      8時過ぎに終了して
      駅前の「王将」で乾杯!

      4月26日(日) 古賀志山でクライミング

      このところ天気が続いて久しぶりの岩場
      7時前にK坂さんにピックアップしてもらい
      岩場の駐車場でM田さん、JUnさん、Y城さん等と合流

      アプローチも近いのですぐに滝の左エリアに
      混んでいたけれど、結構登れた
      「沙羅ちゃん」5.8、「ウルトラマンフェース」5.9でアップして
      「ドラゴン」12.Aにトライしてみたが
      核心のランジが限りなく遠く撃沈
      リーチのせいにはしたくないが
      私には不可能なくらい届きません
      多分封印


      最後に「レイン」10.Dと言うルートを皆でセッション
      これが「右のガバは使うな!」とかの限定ルート
      中盤の左手のガバのガストンからの右カチ取りが核心、10.D敗退
      しかし2便目に左のカチから核心をクリアして
      ムーブが繋がった!と思ったら
      左のカチも右のリップもダメとか
      地元のクライマー?がこう登るのよ!と
      私のロープで?トライしたが・・・・・

      自然の岩場でこれほどの限定は聞いたことない!
      人工壁のジムじゃあるまいし
      フリークライミングって何?って思ってしまいました
      なんだか最後は気分が悪かった  

      気を取り直して
      「正嗣」の餃子で夕食
      ビールが飲みたかったな〜

       

      古賀志山岩トレ、新人さんいらっしゃい

      0
          天気が心配だった古賀志山の岩トレに行って来た。本日は先月入会したばかりの新人Mさんの参加もあり、久し振りに新鮮な岩トレでありました。岩登りが「楽しい!」と感じてくれる事に気を使いながらのクライミング。

         なにしろ会にとっては異次元の若さ、25歳と言うと御同行のパーティーから見ると、孫とまではいかないまでも限りなくそれに近い年齢だ。会の平均年齢がもう60を越えている現況では大事な会員さん、メンバーの皆さん今日は特別親切に教えていたようです。


                       新鹿沼駅前のオブジェ

         大宮駅で待ち合わせ、東武野田線から東武日光線に乗り継ぎ、車内ではスリングを使っての8の字結びの特訓。ともかく8の字結びが出来なければ話にならないので、一生懸命練習繰り返す。春日部駅でI村さんと合流してメンバー5人全員で新鹿沼に到着、幸運にも6人乗りのタクシーで岩場に向かう。

         予想通り何時もの駐車場はほぼ満車状態、車で来ると登山道入り口の駐車場に車を止めて30分ほど歩かなければならないところだった。やはり藤坂が閉鎖された影響が大きい。今朝の雨でやや湿ったアプローチを辿って行くと各エリアにクライマーが一杯だ。


            オールドクライマー、K藤さんの登り

         滝エリア左に荷物をデポして、最奥の所の卦薀襦璽箸縫▲奪弖鵐肇奪廛蹇璽廚離札奪謄ング。すぐさま別の7・8人のパーティーが来て隣りのルートにロープをセットした。今まで経験した事のない混みようだ。さて1番手はこれまた最近入会したばかりのK藤さん。

         その出で立ちは、昔の写真から出て来たかの様なオールドスタイル、まぁ、基本形にはこだわらない主義なのだが、登山靴で登るそのスタイルに、かなりの拘りを感じました。やや湿った岩場のフリクションに「チョット滑りますね〜」とか言いながらも、確実に登って支点を点検しています。

         ボルダリングジムOで登っていると言うMさん、初めての外岩のルートクライミングだ。初体験に緊張感が漂いますが、フラットソール・コブラで登るムーブは、初心者とは思えない位身軽にホールドを捉えて進んでいく。そして見事にノーテンで登り切った、思わずメンバーが拍手です。


            文字通り「新人クラック」を登るMさん

         取りあえず皆さん2便づつ登って昼食タイム。午後からのルートをどうするかSLのI村さんと相談。以前触った事のあると言う滝エリア右の「新人クラック」で登る事にした。早速移動してトップロープのセット、5・7と言うがクラックの処理が初参戦の人には厳しいかも。

         K藤さん初見も力強い登りで完登、I村さんはムーブを決めて余裕の登り、1便目に敗退したG藤さんも、新人さんのMさんも2便目にはしっかり雪辱のクライミング。Mさんにとってもこの辺りが楽しいところでしょうか、満面の笑みでロアーダウン。


             「沙羅ちゃん」5・8を1撃したI村さん

         次の「凹状ルート」5・9は流石に厳しく、皆さん大苦戦。やや逆層になっていてホールドの利かし方が難しい。敗退が続いたのでまた滝エリア左に戻り、最後に登りやすそうな5・8の「沙羅ちゃん」にロープをセットして登ってもらった。K藤さん、I村さん1撃。Mさんは見事にヒールを決めて、出だし核心を越えたが、すでに筋力は限界だったようです。「次には登る!」と悔しそう。


                      自然の恵みを戴く

         4時になってタクシーのお迎え時間となり本日終了、帰りのアプローチで自然の恵みを戴いて、新鹿沼駅に戻った。駅前には飲み屋さんが全くなく、駅横の売店の缶ビールで乾杯。Mさんの外岩デビューは無事に終わった。

        古賀志で外岩講習会&P1ジム講習会

        0
            平日外岩講習会を目論んで計画したは良いが、生憎の前夜の雨でやる気なし。中止しようかなと思っていたが、Oさんの「ゆっくり行けば乾くでしょう」とのメール。まぁ濡れた岩場を確認し、納得してもらう事も今後の状況判断に役に立つと思い、計画書を提出して、取りあえず現地に行ってみる事にした。

           6時半に南浦和で待ち合わせ、O川さんのマーチでI村さんを乗せ、H竜さんを自宅前でピックアップして東北道を加須インターから入って鹿沼で降り、古賀志山に向かった。登山口の林道は濡れていて、岩場びしょ濡れ⇒即撤退P1ジムトレの筋書き通りで事は進んだが・・・・・・・。

           現地に到着してみると、あれ〜、不動の滝エリア結構乾いているじゃ〜ない。明らかに登れそうなルートもあって、思惑が大きく外れ、頭をリセットして外岩講習会モードに変換。乾いているとあらば、より条件がいい筈の南稜ドームに移動する。


                左「猫のねごと」10・AをRPしたI村さん、右「アニマ」のO川さん

           10分ほどのアルバイトで南稜に到着、昨日の雨が嘘のようにすっかり乾いていて、最高のコンディション、分からないものだ。O川さん、H竜さん、I村さんの外岩講習会の始まりだ。最初の1本。「アニマ」5・8にトップロープをセット。

           何度も登っているルートだが、1便目は緊張する。しかも脆そうな部分もあって油断できない。I村さんから順に登り、Oさんが登り始めたが上部辺りで怪しくなって、確認は出来ないがAO?っぽい登りになている、それでも下からなんやかんや言われてもトップアウトです。

           次にトポでは「猫の寝言」10・Aとなっているが、現地の表記では「ひらひら」となっている。なんとも分かりにくい、グレードは同じだがややこしい。取りあえず皆さんトップロープで1便登ってもらう事に。「アニマ」を2便登ってクライミングの形を思い出したOさん、こちらは綺麗にムーブも決まって見事なトップアウト、先日の柴崎ロックの汚名返上、しっかり落とし前をつけた感じだ。

           リードしようか?と迷っていたI村さんに1ピン目にプリクリップして、下部のトラバースの部分をレクチャーして叱咤激励。判ってしまえばスムーズにムーブをこなし、安定した動きで登り切った。無理に勧める事もないけれど、安全性さえ確認できれば、大いにチャレンジしてもらいたいものです。


             「競技会ルート」を登るI村さん

           午後から不動の滝エリアに戻って、I村さんが登りたいと言っていた「競技会ルート」にロープをセット。いつの間にか地元のクライマーも来ていて、他のルートにもロープが垂れ下がっている。永いルートですが面白いルート、感が戻ってきたO川さんムーブも安定してトップアウト。しっかりジムトレをしていけば以前の様な登りが戻ってくるでしょう。


              不動の滝の側で咲いていた「もも花?」、白い花の合間にピンク色が・・・

           3時半に岩場を後に夜にはジムの講習会が控えている。下道が混んでいるので桶川で降ろしてもらい、速攻で電車を乗り継いで7時前にはP1に到着だ。U田さんが首を長くして待っていた。早速スラブでアップしてもらい、本日はリードで登ってもらった。

           流石にクリップする時に力を使うのか、トップロープとの登りの差が出ているようです。クライミングってやはり経験値がものをいう世界なんですね〜。もっともっと登り込んでリードに慣れる事も必要なのでしょうね。8時半頃に夜の部も終了、いやはや忙しい1日だった。

          小雨の古賀志山

          0
              今回は数年前の岩登り教室の仲間達と親睦を兼ねたクライミングです。当初新緑の美しい甲府幕岩の予定でしたが、天気模様がよくないので急遽古賀志山に変更。2台の車で岩場に向かうが、早くもフロントガラスに小雨がぱらつきます。本日は雨との駆け引きが必要です。


             岩場の駐車場は既に満杯で奥のエリアに止め、鼻岩をベースにする。昨年の秋に着て以来だが、溢れんばかりいる筈のクライマーの姿が見えません。皆さん何処に行ったのでしょうか?貸しきり状態で登ります。



                              古賀志山    鼻岩  

             Tさん、OGさんは久し振りの外岩だし、K林さんはお正月の冬山で凍傷を負っていて「あまり登れません」と云うので、優しいルートを登りました。「クレオパトラ」5.9と「シーザー」10・Cを登ります。「クレオパトラ」は取り付きの2・3手が思いのほか悪いので、難儀しましたが何とか登ります。


             昼食中にもパラリと来たりで、ゆっくり食事もしていられず、南壁のエリアに移動、A島さんとで速攻で登ってロープをセットする。「アニマ」5.9と「猫のねごと」10・Aを登ってもらう、ほとんど垂直のルートですが、細かいホールドで足置きの基本が要求されます。パワーもそれ程使わないので、気持ちよく登るTさんOGさんのほほえましい2ショットです。




              指先が気に成るK林さんは、テーピングしてその上から指だしの手袋で完全武装、こわごわと登ります、足使いがいいので回復すれば登れるようになるでしょう。岩登り教室で様々な技術を学んでもう何年も経ちましたが、辛苦を共にした仲間達との交流もまた楽しいものです。

            古賀志山  リベンジのクライミング

            0
               アルコ以来久々の外岩のクライミング。メンバーはA島さん、I田さん、H谷さん、O方さんにK合さん夫妻の総勢7人の豪華メンバーです。2台の車でそれぞれ出発、途中の高速パーキングで合流、A島さんたっての希望でロマンチック村の朝市で買出し。

               地元の新鮮な穀物お野菜など豊富な種類が沢山並んでいます。おにぎりと、野沢菜風おやき、家へのお土産に舞茸となめこ茸を購入して、岩場に向かう。


               天気は曇り空肌寒いなか鼻岩をベースにして、クライミングの開始です。今回は春に来て登れなかったルートのリベンジですが、その一つは「像の左耳」10・Cであります。このグレードにしては難しいと思いますが、A島さん、O方さんは軽くOSです、そんなに簡単なのかなぁ〜と思うほど、登ってしまいました。


                  リハビリ中のMみさん「シ〜ザー」を登る

               1便目、下部の核心がやはり難しく嵌る、何とか2便目で登れたけれど、トータル4便目の輝かしきRPも影が薄いよね、O方さんA島さんに頭はね、一体私はイタリアの海外遠征でどんなトレーニングを積んだというのでしょうか?情けなや。


                 「 象の左目」10・Cを登る

               私とK合さん以外は初めての鼻岩、あまり登られていないものの易しめでいいルートもあり結構楽しめてのではないかと思うのです。しかし11台になるとグレードは辛いような気がします、「象の左目」はパスして南稜に転進。


                 「シーザー」10・Cを登るA島さん

               天気ならば日当たりも良く暖かいのですが、今日はチト寒いかな。ここでも前回嵌った「元気にな〜れ」11・Aにトライ、だんだん調子も上がって癒しのクライミングから本気勝負に。核心の一手は縦割れのポケットにジャミングのように小指を利かすのが技で、何とか持ちこたえてRP 、リベンジなる。

               最近ジムでも好調のI田さん、核心で苦しむもののやはり小指で耐えてデッド気味にガバを取って見事OSです、そしてO方さんのトライは圧巻、核心で行きつ戻りつこれは厳しいのかなと見ていると、甘いポケットから左足を高く上げてヒールフック、一瞬なにを無謀なムーブを?と思いきやスタッティックにガバを捕らえて越えていきました。


                  「天気にな〜れ」11・A、O方さん必殺のヒールフック

               う〜む凄い、その想像を絶する荒業に?頭の中が空白に、本当に脱帽です。全くムーブが違うのだから素晴らしい!このOSは非常に価値の在るクライミングです。やはり日ごろのジムの成果が現われたのではないでしょうか。

               

              10.Aオンサイト、10C 敗退

              0
                 天気も上々古賀志の岩場に行く。約1ヶ月ぶりの自然の岩場、南稜ドームは南面の暖かなゲレンデです。今日は1日で春おてんきと冬ゆきが来るという気象条件の予報、どうなることやら。

                 早速アップで「猫の寝言」10.Aを登る、何時もの事ながら最初の1本は緊張する。2便目に「直情の直上」10.Dは気持ちよく登れましたラッキー。前回登れなかった「元気にな〜れ」11.Aを何んとしても落としたいが、まあそんなに急がなくとも・・・・・。

                 K合いさんはドームは登りつくしたので、南稜ピナクルに転進、アルパイン気分の10.A、カチの垂壁11.A(いずれもルート名不明)にチャレンジ。私も11.Aのルートにオンサイトトライするが核心のムーブが作れず敢え無く敗退です。泣き顔


                    11.Aにオンサイトトライ

                 2便目で何とか核心の部分をカチのガストンで堪えRPしましたが、最近中々11.Aがオンサイトできないよね!城ヶ崎の「スカッド」の悪夢が甦る。その後10.Cを1本登ってお昼休み。ホットコーヒー空を見ると天気予報どうり黒い雲が覆い始めた、心なしか通り過ぎる風も冷たい。一瞬ポツリと雨が。

                 何時でも退却できるように、一段下がった鼻岩に引越し、3ルートにオンサイトトライする。ルート名が古代エジプト王朝に因んだ名前がついている。早速「像の左耳」10.Cに挑戦トポには出足がすべてと・・・・。

                 オブザベで核心のホールドが判らない、「まあなんとか成るさ」と軽い気持ちで取り付くが何処を触っても、利くホールドが見つからない?ホールドを探しまくるも筋力を吸い取られ敢え無くテンション、哀れムーブも作れず10・Cで敗退!うう最悪!悲しい

                 私の敗退劇をニッコリ?見ていたK合さん、カンテ状のスローパーで保持してあっさり核心を越え1撃です、恐れ入りました。流石といおうか自然の岩場は経験値が違う。気分を取り直してK合さんのムーブでRPしたが、う〜・・・・・・。

                 その後「シーザー」10.Cと「クレオパトラ」10.Aをオンサイト、特に「クレオパトラ」は、ホールドも良く気持ちの良いルートでお勧めです、Mさんは「ファラオ」10・Aを気持ち良くオンサイト、岩も冷たくなってきたのでこれにて終了。


                     シーザー10・Cを登るMさん

                古賀志山

                0
                   栃木は古賀志の岩場に行ってきました。メンバーはK合さん夫妻、A島さんの4人。
                   南稜ドームはこの時期は最良です。全室南向き、日当たり良好、おてんきフラットフロアで?高層に付き眺望抜群、然も駅近?床暖で壁も暖かい、こんなにいい物件はありません???
                  何の話やちゅうに!

                   7時に大宮待ち合わせ、東北道は空いていて1時間半で着いてしまった。アプローチもK合さんの案内で近道してらくらく南稜取り付きに到着。早速アップで「アニマ5・9」を登り、[ひらひら10・A」、「こがらし・えれじい10・C」と登る。5年位前に登った筈だが忘れてしまい、ほとんどオンサイト状態、何故かアニマが一番登りにくい。

                  アニマ5・9

                   昼食には何時ものように、K合さんご持参の暖かいカップラーメンが食べられて、幸せな気分。ラテ出張帰りのA島さん、このところ仕事でお疲れのK合さん、このところジム疲れの私と言うことで、皆さん気合が今一、なが〜い休息で何だかまったりしてしまいました。

                   それでも午後からオンサイトトライ、「元気にな〜れ11・A」にA島さんと本気モード、だがしかし2人とも中間の核心が越えられず撃沈、嗚呼情けなや、然もテンションかけてもムーブを解決できない体たらく。自嘲気味の2人のため息が・・・・・・。ノーノー




                   既にオンサイトしているK合ご主人、我々にエールをグッドと言うことで登っていただきましたが、不調なようでどうも動きが怪しく、見せるべく核心のムーブも「あれ!思い出せない」とかで一旦レスト、ムーブを再確認の後、内心にこりとした私とA島さんの心を?見透かしたかのように、落ちては成るものかのプライドを糧にして、あっさりと登っちゃいました。


                   流石に自然の岩場は強い、ウ〜ム参りました。その後ショートルートでボルーダっぽい課題「こたえられない10・D」をA島さんとオンサイトトライ、2人ともまあ何とか登って、レベルの低い勝負は痛み分けと相成りこれにて終了。パー

                   

                  1

                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  252627282930 
                  << June 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                    宇井
                  • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                    やなしお
                  • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                    JILL@
                  • 穂高の4日間、その2
                    JILL@
                  • 小川山合宿で墜ちる1
                    JILL@
                  • ミストラルに遠征
                    やなしお
                  • ミストラルに遠征
                    JILL@
                  • P1、マイクのボルダリング道場
                    履歴書の書き方
                  • 久し振りの投稿
                    やなしお
                  • 久し振りの投稿
                    JILL@

                  recent trackback

                  recommend

                  links

                  profile

                  書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM