日本酒「みやさか」

0
      今日は暖かな1日で、家に帰ってビールでのどを潤し、行きつけのN商店で買ってきた宮坂酒造の
    、文字通り「みやさか」をいただいた。ラベルの裏に、この酒は「週末・泥酔の酒」ではなく「毎晩・ほろ酔いのお酒」をと開発したアルコール度数12%台の純米酒。身体にやさしく風味のバランスも絶妙・・・・・。とある。


     いやはや美味しいお酒でした、口当たりの良さとまろやかさ、そしてやさしい軽めのお酒です。辛口のこってりした酒を好む人には物足りないかもしれないが、口に中のフルーティーな広がりは、女性には好まれるお酒だと思います。たまには日本酒も良いか。

    米焼酎「鳥飼」

    0
       最近は米焼酎を美味しく戴いている。「鳥飼」は熊本県は人吉市の産地。20代のころ一人旅で訪れたこともあり、球磨川の急流を遡って辿りついた思い出の地でもある。この人吉市を中心に本場の球磨焼酎の酒蔵が沢山あるようだ。


       先般、職場の友人がこの球磨の故郷に帰ると言うので、地元の美味しい米焼酎を頼んでおいた。華やかな吟醸香で、焼酎のイメージを一新した爽やかでクリアな口あたり、美味しい焼酎です。
       

      銀河鉄道の夜

      0
          台風の影響で涼しい日が続いた、暑さも一休みと云ったところなのでしょうか?家に帰ってビールの後、先日ボランティアに行って宮古の駅前で買ってきた日本酒2本のうちの1本を開けて飲んでみました。云うまでもなく彼の人にちなんだネーミングで、思わず買ってしまった代物ですが、これがさらりとしていて旨い。


         「がんばろう!いわて のロゴが張ってあって、「売上金の一部を東日本大震災の義援金に」と記されています。東京ではなかなか手に入らないので、ちびりちびり少しずつ飲んでいます。明日は久し振りの週2のジムクライミングでP2に行きます、少しペースを上げてみようかと。

         豊永蔵(米焼酎)

        0
            本日も仕事日で、夕飯時に晩酌を。球磨焼酎の「豊永蔵」を嗜む。すっきりとした香り、口に含むとやさしい甘みが広がり、やわらかな仕上がりだが、骨格はしっかりしている。料理としてはお刺身とかが合いそうだ。

           お酒の上手さ加減は、その日の体調とかにも結構左右されるので、一概には判断を下せないが、一口飲んでこれは!と云う酒があるのも事実だ。最近の米焼酎は香りも洗練されて、口当たりも癖の無いものが多いので、晩酌にはうってつけです。



           右のはれっきとしたお酒で、「百助 牛乳リキュウール」、大分県は日田市の井上酒造の作品。百助(本格麦焼酎)に大分県牛乳をふんだんに使用した焼酎です。焼酎の旨みに、牛乳が加わり飲みやすく口当たりが滑らかなお酒です。本当の酒好きにはどうかな?とは思いますが、まぁ、珍しい逸品です。

          純米酒「澤乃井」

          0
              先日の日の出山の帰りに、日向和田の産直販売店で買ってきました。この酒蔵では珍しく信州のお米を使ったお酒です。まだ栓を開けていないので、楽しみです。


            赤利右衛門

            0
                10日間お休みして久しぶりに仕事していい汗をかきました。日中じめじめした気候で、帰宅して発泡酒をグビ〜と戴いて、その後この焼酎を飲む。鹿児島は指宿で前田利右衛門を出した酒蔵、新たに紅芋を使った焼酎です。



               ほのかな甘みとパンチの利いたのど越しが爽やかで良い焼酎を出しました。夏の暑い日にロックで飲むと良いかもしれません。お値段もそこそこで、庶民にはうってつけのイモ焼酎ではないかと思っております。

              六調子

              0
                  実は今日、中目黒にあるA川治療院で、マッサージを受けました。最近定期的に通っているマッサージ屋さんで、良心的なところが気に入っています。まぁ、色々揉み解してくれて、とても気持ちが良く私の場合は腰がそのお陰で軽くなりました。クライミングは筋肉に負荷の掛かるスポーツですから、定期的にマッサージしてケアすることは、大事なことだと思います。


                 家に電話すると、山の神が具合が悪いと言うので、急遽お弁当買って帰宅です。で、晩酌に先日買い求めた球磨焼酎「六調子」の口を開け、ちびりと飲んでみました。米焼酎とは思えないほど、癖がなく美味しいお酒です。ぴリリとパンチが利いて、米ブランディーと言う表現がぴったりです。今夜はこれで憂さを晴らします。



                  飲んだくれの怠惰な日常が続いているが、最近良くクライミングの夢を見る。しかもそのほとんどが記録ずくめのパフォーマンスだ。ビックリして目を覚ますのだが、決して悪い気はしない。指先も綺麗になってタコもなくなり、二の腕の太さも寂しくなったような感じがします。う〜ん、もう少し我慢だ。

                越生「佐藤酒造」

                0

                   月曜定例のM整形外科のリハビリ、毎回様子を見ながらケアしてくれますが、中々改善の気配がないので、担当の理学療法士も首をかしげながらのエクササイズです。いつものことながら、患者さんが多く、とくに学生さん達が目立ち、一生懸命のリハビリを真剣なまなざしで行っています。






                   夕方に家に帰り、早速昨日手に入れたお酒で晩酌。吟醸原酒とあってお米の風味がしっかり利いた日本酒で、美味しいお酒です。まぁ、それほど多くは飲みませんが、アル中の心配は心のどこかにあって、多少ブレーキがかかる。

                   ハイキングの途中で拾った柚子、部屋の中でいい香りがして癒されます。柚子と云うのは言葉では表現できないような、いい香りがしますね〜。
                   


                  晴雲酒造

                  0
                     

                     昨日小川町で買ってきたお酒を飲みました。いやいや小さな酒蔵でしたがとても美味しお酒です。しぼりたて生酒はコクがあって飲みやすく、焼酎は癖がなくさらりとしています、やっぱりお酒は地酒に限ります。

                    座右の酒

                    0
                        昨日p2に行く予定だったのに、何故か2度寝してしまったら、お昼を過ぎてしまったので諦めてオリビエールの資料を整理したり、フランスのクライミングのブログを閲覧したりして、1日が過ぎてしまいました。日曜日に家にいたのは記憶にないくらい昔のような気がする。


                       今日から3日間仕事をすれば、後は24日までの19連休。オリビエールの準備とかいろいろあるのでそんなに暇ではなさそうです。しかも今週は早めの合宿?が控えているので、その準備とかもあります。P2水曜クラブが集合する植樹祭公園の夜のミーティング?欠かせないものがあります。


                       クライミングの後には決して良くはないと、指摘されてはいるもののこの命のお水は、ディスカッション?をスムーズに進めるためにはなくてはならない、滑らかな舌まわりには必要不可欠な代物であります。



                           いずれも銘酒ばかり  酒飲みにはたまりません

                       と言うわけで、うるさ型のクライマーの舌先を驚嘆させるべく、命の水を選ぶ為なじみの酒屋N商店にリサーチに行ってまいりました。さてそれは如何なる物かは、乞うご期待と云うところです。


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 山の会岩トレ・藤坂ロックガーデン1
                        宇井
                      • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                        やなしお
                      • 第1回全日本マスターズクライミング選手権
                        JILL@
                      • 穂高の4日間、その2
                        JILL@
                      • 小川山合宿で墜ちる1
                        JILL@
                      • ミストラルに遠征
                        やなしお
                      • ミストラルに遠征
                        JILL@
                      • P1、マイクのボルダリング道場
                        履歴書の書き方
                      • 久し振りの投稿
                        やなしお
                      • 久し振りの投稿
                        JILL@

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1294 最後に更新した日:2017/02/11

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM